仕事を辞めるのが甘えと言われる退職理由5選から辞める基準の解説

仕事を辞めるのが甘えと言われる退職理由5選から辞める基準の解説
  • URLをコピーしました!

仕事を辞めいたと思う瞬間は誰でもありますが、辞める理由によって「甘えだ」と言われてしまうことがあります。


とはいえ、本人からすると「甘えでもなんでもないんだけど……」と感じることもあると思いますので、本記事では「甘えだと思われる退職理由」から「辞めるべき基準」を解説していきますので、参考にしつつ「本当に辞めるべきなのか?」を今一度チェックしてみてください。

目次

甘えだと思われてしまう5つの退職理由

職場では下記の理由で辞めることを「甘えだ」という意見が多いです。

  1. 職場というより仕事から逃げたい
  2. 上司などから怒られるのが嫌だ
  3. 責任から逃げたい
  4. 朝起きるのがつらい
  5. 人間関係がめんどくさい

このような理由では場合によって周囲に「甘えだ」と思われてしまう可能性がありますので「本当に辞めるに値にすることなのか?」をチェックしてみてください。

①:職場というより仕事から逃げたい

仕事を辞めたいと思ったときは「職場の環境が悪い」「給料が上がらない」などのように、明確な理由がある場合は甘えとはなりませんが、「仕事がめんどくさい」という理由では甘えと判断されることが多いでしょう。


「仕事がめんどくさい」という気持ちになることは誰でもありますが、社会に出て働くということは自分の思いどおりにならないことや理不尽なことが当たり前のように起こる場所なので、それが嫌で辞めたいというのは世間から見ると「甘え」となります。

②:上司などから怒られるのが嫌だ

上司や先輩などから怒られたことが原因で「辞めたい」と思う瞬間は誰でにもありますが、パワハラでない限り「怒られる」というのはミスした人に原因がありますので会社としては損失にならないために注意するのは当然です。


また、怒られる人は「繰り返し同じミスをする」という特徴があり、注意する側としても同じことを繰り返し伝えるのはストレスに感じ口調が強くなってしまうこともありますので、頻発するミスを把握しメモに対処法をまとめるなどミスが起きないような工夫してください。

③:責任から逃げたい

入社したての頃は先輩から教えてもらうことばかりなので言われたことをやっていれば問題ないことが多いですが、勤続年数が増えるに連れ会社の利益になる行動は必須になり、あなたのやる行動に責任が付きまといます。


ここがプレッシャーに感じてしまい「失敗したらどうしよう」という思いから「辞めたい」という気持ちになる人は非常に多いですが、自分の担当する業務に責任を持つのは当然のことなので責任から逃れたいがための「辞めたい」という気持ちは甘えだと判断されてしまうでしょう。


責任の重圧を感じている人は一人で悩まず信頼できる上司や先輩に相談してみてください。
上司や先輩もあなたと同じような経験を経て今の地位にいるので的確なアドバイスがもらえるはずです。

④:朝起きるのがつらい

朝起きるのがつらくて「仕事を辞めたい」という気持ちは甘えだと判断されます。

多くの社会人は朝起きて遅刻しないようにするのは当然

「当たり前のこと」これが答えですね。


「起きるのがついら」というのは仕事に関することが影響しているだけでなく、そもそも睡眠の質が悪いなどの原因もありますので環境を見直すことをおすすめします。

⑤:人間関係がめんどくさい

人間関係が原因で仕事を辞めたいと思う人は多いですが、職場というのはさまざまな価値観や思想を持った人が集まる場所なので人間関係が一筋縄でいかないのはごく自然なことです。


また、人間関係を良好なものにするのも社会人として必要なスキルでもあり、チームで動く職場ならなおさらです。


もちろん、人間関係のよし悪いというのは職場によって千差万別なので一概に「人間関係が悪いから辞めるは甘え」と判断されるかは職場によって変わります。


しかし、繰り返しになりますが、社会というのは「さまざまな価値観や思想を持った人が集まる場所」なので、ここを理由に「辞めたい」というのは多くの人が甘えと考えています。

人間関係に悩みを抱えている人は本人にも原因がある場合があり、客観的に見ると「人間関係を築けていない人にも責任がある」ということから甘えと判断されます。やはり、社会に出ると対人スキルは重要になります。


当てはまる人は深呼吸して考え直してみよう

以上が「甘えだと思われてしまう5つの退職理由」についてでした。
どうでしょう?当てはまることはありましたか?


もしも当てはまることがあれば深呼吸し「本当に辞めるに値することなのか?」を考えてみてください。
また、「自分が見つめ直すべきことはないのか?」といったことも考えてみましょう。

仕事を辞めたくなる理由TOP3

「辞めることが甘えなのか」を把握したところで、ここから実際に転職や退職する原因になる理由を3つ紹介していきます。

仕事を辞めたくなる理由TOP3

  1. 職場の人間関係が悪いから
  2. 給与が低く上がる見込みがない
  3. 労働環境が悪い

上記は、各転職エージェントが公開している「転職や退職する理由」を精査しランキングにした結果です。


やはりですが、人間関係が一番の理由になっています。

①:職場の人間関係が悪いから

職場の人間関係が原因で辞める人は多く、仕事熱心な人にありがちなパターンでもあります。

あなたの思いが皆の思いではない

人間関係というのはさまざまな要因で決まることですが、職場内で人間関係がもつれる理由の一つとして「仕事に対する熱量の違い」があると考えています。


たとえばですが、あなたは会社の利益を上げて昇給や昇進を狙っていても、他のスタッフは「現状維持でもいい」という人はおり、こういった考えの人に熱い思いをぶつけたところでウザいだけの可能性があります。


すると、徐々に孤立していき気づけば「お互い険悪なムードになっていた」ということがあり、仕事熱心な人からすると「この職場は人間関係も悪いし、自分のいるべき場所ではない」ということから退職する人はいます。

注意ですが、ここでの人間関係が原因で辞めることは甘えとはなりません。要するに仕事に対するモチベーションが違うのがポイントで、伸びしろがある人は自分に見合った職場で活躍するほうがいいということです。


②:給料が低く上がる見込みがない

当たり前のことですが、お金を稼ぐために働いているので「給料が低い」「上がらない」というのは退職する理由として最もな内容になります。


しかし、給料が低く上がらない会社でも離職率が低い職場があるのですが、それが「人間関係がいい職場」になります。


「給料がいい」「人間関係がいい」というのは両方を満たすか、どちらか一方を満たしておかないと退職する原因に直結する問題になります。

③:労働環境が悪い

労働環境とは、会社で働く従業員を取り巻く環境のことなのですが、退職する理由として最も多いのが「長時間労働+休日の少なさ」になります。


そして、みなさんもご存じブラック企業ですね。

どれかが満たされないと続かない

結局のところ「人間関係がいい」「給料がいい」「労働環境がいい」のどれか一つでも満たしていないと退職する原因になり離職率が高い職場になってしまいます。


そして、今の職場が「人間関係が悪い」「給料も低いし上がらない」「労働環境も悪い」という状況ならば「甘え」ではなく妥当な退職理由になります。

繰り返しですが、人間関係は主観ではなく「客観的な意見」を考慮し、よし悪しの判断をしてください。


仕事を辞める前に要チェック

仕事を辞めることに関して一概に「いい、悪い」の判断は難しいです。


たとえばですが、甘えだと思って続けた結果、心身に支障をきたすケースもありますし、逆にすぐ辞めてしまって仕事が見つからないケースもありますので、あなたが現在置かれている状況を一旦整理し「本当に辞めても大丈夫なのか?」を明確にしていきましょう。

甘えと言われる内容に当てはまるなら見送ったほうがいい

今回紹介した「甘えだと思われてしまう5つの退職理由」に当てはまっている人は退職を見送ったほうがいいかもしれません。


というのも、今の考えで退職すると次の職場でも同じようになる可能性が大で、そもそも退職理由が「個人的な意見」でしかありません。


つまり、あなたが変わらないと解決できない問題ということです。

一時の感情で決めるのは絶対にNG

退職あるあるかもしれませんが、一時の感情で退職を決断するのはNGで、「辞めるんじゃなかった……」と後悔する人が多いです。


怒りの感情や負の感情というのは適切な判断ができなくなってしまうので「一旦寝る」「有給などでリフレッシュする」「友人や家族に相談する」という方法をとってみてください。


これらの方法を試しても辞めたいという気持ちが消えない場合は本当に辞めたいと思っている可能性が高くなります。

仕事を辞めることで解決できる問題なのかチェック

仕事を辞めたいという気持ちは少なからず誰もが思うことですが、辞めたところで問題が解決するとは限りません。


たとえばですが、「給料が安いから辞めたい」がいい例になるのですが、今の職場を離れたところで給料が上がる職場に行ける保証はありませんし、労働環境に関してもあなたが求める要素を完璧に満たす職場というのは絶対にありません。


つまり、今思っている「辞めたい」という気持ちは目の前の事柄に対して思っているだけなので、いろいろな職場を比較してみることをおすすめします。


他の職場と比較することによって「辞めても次の勤務先がありそう」と安心することもできますし、「今の職場のほうがいいかも」と思えるキッカケにもなります。


転職エージェントを利用すれば客観的な意見を知れる

  • 職場を離れるほうがいいのか?
  • 自分にとって最適な職場とは?
  • 転職したあとの未来とは?

転職エージェントを利用すれば上記のような疑問や悩みを解決できるかもしれませんので、相談してみるのも一つの手です。

まとめ:精神的に苦痛を感じている人は問答無用で退職しよう

今回は「仕事を辞めたいのは甘え?」について解決してきましたが、どんな状況であれ「精神的に苦痛を感じている」という人は問答無用で退職することを強くおすすめします。

精神的な問題は取り返しがつかなくなる

  • 病気での退職は社会復帰が難しくなる
  • 苦痛を感じる職場にいても生産性がない
  • そもそも適切な判断ができていない

今の時代、一度始めたら続けるのは当たり前ではないので、精神的な苦痛を感じている人は早急に退職し人生を再スタートさせましょう。


今回の内容をひととおり見てなお「辞めたい」という気持ちが消えていない人は退職のサインかもしれません。

退職を伝えることに抵抗がある人におすすめ

フリーター・ニート・新卒・代二新卒に特化した転職エージェントのまとめ

内定率が高いフリーターにおすすめの転職エージェント13選

転職エージェントは、転職を検討している方に対して仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

「学歴がない……」「職歴もない……」などの悩みを抱え、正社員になることを諦めている人は相談してみる価値あり!

転職エージェントは完全無料なので「正社員になりたい!」という思いがあれば誰でも利用可能です。

退職代行おすすめ12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう

おすすめの退職代行12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう
  • 会社を辞めたいけど上司が怖すぎて言えない
  • かなり疲れておりすぐに辞めたい
  • 職場環境的に辞めると言いづらい
  • とにかく今の職場を辞めたい

上記の思いを持っている方は退職代行を利用するタイミングかもしれません。

良質な会社なら忠誠を誓ってもいいですが、ブラック企業で消耗しても残るものは少しのお金と疲労感だけです。

人生や仕事の選択肢なんて無限大なので、すこし肩の力を抜いてみるのもありかなと思いますので、退職代行で人生をリスタートさせてみましょう。

失業保険しか貰わないのは損!
「退職コンシェルジュ」で最大28か月分の給付金を受け取ろう!

スクロールできます

退職したとき失業保険を貰えることは知っていると思いますが3か月程度しか受け取れないことがほとんです。

しかし、実は他にもお金を受け取れる仕組みがたくさんあることを知っている人は少なく、貰えるお金を貰わないで損をしているケースがあります。

  • 年齢が20歳~59歳
  • 社会保険に1年以上加入している(アルバイト・パートでもOK)
  • 退職前、退職予定の方
  • 転職先が決まっていない

上記に当てはまる人は誰でも貰える権利がありますので、最大28か月間お金が受け取れる社会給付金を受け取るためのサポートサービス「退職コンシェルジュ」をチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次