カテゴリー

SEOライティングとは?基本から上位表示させる5つのコツの解説

SEOライティングの基本から上位表示させる5つのテクニック
  • URLをコピーしました!

SEOライティングは検索エンジンでのランキングを主な目標として、コンテンツを計画、作成、最適化するプロセスであり、Webサイトを運用して集客を考えている人は必ず覚えるべきスキルになります。


SEOライティングを押さえつつ読者に価値ある情報を提供すればGoogleはしっかり評価してくれますので、本記事ではSEOライティングの重要性からテクニックを紹介しています。

目次

SEOライティングとは?

SEOライティングとはGoogleなどの検索エンジンで上位に表示されることを目標にコンテンツを作成することで、関連するキーワードを調査しユーザーの検索意図に最適化されたコンテンツを作成することで実現されます。

SEOライティングが重要な理由

SEOライティングは検索エンジンがクロールしやすいようにページ内のコンテンツを最適化し、好意的と判断されれば検索結果でより高い順位に表示されるようになります。


逆にSEOライティングを行わずにコンテンツを作成した場合、クローラーがなんのページか分からず、最適化されていないページは「検索結果に表示されない」「著しく順位が低い」といったように、誰の目にも触れることのないコンテンツになってしまいますので、上位表示させたい人にとってSEOライティングは必須になります。

検索結果の2ページ目までにランクインするコンテンツ作りが大事

下記は海外SEO研究サイト「SEO Clarity」による日本の順位別クリック率になります。

検索順位クリック率
1位13.94%
2位7.52%
3位4.68%
4位3.91%
5位2.98%
6位2.42%
7位2.06%
8位1.78%
9位1.46%
10位1.32%
11位1.03%
12位1.00%
13位1.07%
14位1.34%
15位1.65%
16位2.19%
17位2.54%
18位2.83%
19位2.91%
20位2.85%

このようなデータとなり以下のコメントがあります。

日本は、全体としてトップ10のCTRが最も多く検索トラフィックを生むと言える(トップ10のCTR合計は42.06%)。2ページ目の終わりまでには、61.47%のユーザーが何かしらの結果をクリックしている。日本のトップ20の結果は多くの検索トラフィックを生み出している。

つまり、SEOを意識したコンテンツを作る場合、少なくとも20位以内にランクインしないと誰の目にもとまることのないコンテンツになってしまいます。

SEOライティングの前に整理しておくこと

検索エンジンの検索結果で上位に表示されるための魔法はありませんが、Googleアルゴリズムにはいつくか分かっている部分ありますので、上位に表示されるためにはそれらの部分を意識してコンテンツを書く必要があります。

適切なキーワードを使用する

SEOライティングで最も重要なことの1つは、適切なキーワードを使用することです。適切なキーワードが設定されていればGoogleがなんのWebサイトを探しているのか知ることができます。


そのためにはキーワードを調査し、含めるべき単語やフレーズのリストを作成することが必要です。


キーワードの調査は記事を書き始める前に終わらせることをおすすめしていますので、こちら»SEOキーワードの選定方法から初心者におすすめツールの解説でキーワードの調査から整理の仕方をチェックしてください。

キーワードに関連する単語を調べてコンテンツの内容を確認

Googleはメインキーワードに関連する単語があるかどうかを見てコンテンツの内容を確かめています。関連語のキーワードを共起語といいSEO対策に非常に役立ちます。

SEOの共起語

SEOに関するコンテンツを作る場合、「対策」「サイト」などのキーワードが多く使用されているということで、これらの共起語を適切に使用するとクオリティの高いコンテンツに仕上げることができますが、クローラーはコンテンツが読者のために書かれたものかSEOのために書かれたものかを評価します。


そのため、同じキーワードを何度も入れて、人間が読むのに適さないコンテンツにしないように注意する必要があり、人間の読者とGoogleに向けてバランスよく作成することが結果的に高い評価を受けます。


なお、共起語は無料で簡単に調べれますのでこちら»共起語検索をブックマークしておきましょう。

上位表示するためのSEOライティング6選

では、ここら実践で使用するSEOライティングのコツを紹介していきます。SEOライティングをやる以上使いつづけるテクニックなので必ず覚えておきましょう。

読者のために書く

まずはなんといってもユーザーファーストであることです。


クローラーを意識しただけのライティングは機械的になりキーワードの詰め込みで読み手となる読者にとっては非常に不便で最後まで読みたいとはなりません。


また、読者が読みたくないということはSEOで重要である「被リンク」の獲得が難しくなるデメリットがあります。


被リンクを獲得するためには読者のためになる記事でないと誰もリンクしてくれません。


クローラーを気にする気持ちは理解できますが、読者のためになる記事を書いていれば結果的にSEOでしっかり評価されますし、被リンクを獲得する可能性も高くなります。

誰が読んでも理解できる文章にすること

複雑な言葉の使用も検索エンジンのクロール要因のひとつです。言葉が単純すぎたり、ユニークな言葉が少なすぎると高い価値があるとは評価されません。


SEOライティングは、分かりやすい言葉を使いつつ、そのトピックに関する多くの情報を伝える必要があります。

独自性であること

検索エンジンのアルゴリズムは独自性の高いコンテンツに高評価を与えますし、ページが他のWebページからコピーさていた場合はスパムとしてマークされランキングが低くなることもあります。

独自性のある記事を作成するヒント

独自性とはある物や人が他とは異なる特徴を持っていることを指し、独自性のある記事を作成するには、個人的な特徴や文化的背景や経験を活かしてみましょう。


また、独自性のあるコンテンツが作れない人はそもそも扱うテーマをミスっているパターンがあります。


自分が経験したことに関連するテーマなら一次情報としてあなたしか知らない情報を入れることができますが、知識や経験がないものをテーマにすると他のサイトと同じような内容になってしまい高評価を得にくくなります。

タイトルや見出しにキーワードや共起語を自然に入れる

タイトルや見出しにキーワードや共起語を適切に使うことで読者の利便性が上がりますし、クローラーに向けてキーワードを目立たせることができます。


理想の形としてはキーワードや共起語を含めつつタイトルと見出しだけで内容が伝わるように作成しましょう。

理想的なタイトルや見出しの使い方

  • タイトル:【初心者向け】検索上位を獲得するためのSEO対策3選
  • 見出し2:初心者がやるべきSEO対策3選
  • 見出し3:SEO対策で重要なのは読者ファーストであること
  • 見出し3:Googleや読者に向けたSEOライティングを意識する
  • 見出し3:SEOで高評価を得るには被リンクを獲得する

上記のようなタイトルや見出しなら、文章を読まなくても理解できますし、共起語も自然に挿入されています。


なお、「タイトル以外でキーワードや共起語を入れると不自然になる」と思うのであれば無理に含める必要はありません。読者が理解できるようにするこを優先させましょう。

注意ですが、タイトルには必ず狙っているキーワードや共起語を含めてください。

タイトルの付け方はこちら»ブログのトラフィックを増加させる記事タイトルの付け方6選で詳しく解説しています。

メタディスクリプションを書く

メタディスクリプションの説明

メタディスクリプションを書くことで検索エンジンは作成したコンテンツの簡単な説明を表示できます。


書き方は、記事の概要を紹介するように狙っているキーワードを含めながら100〜120文字程度で完成させれば、GoogleやYahoo!などの検索結果にスニペット(説明文)として表示されます。


また、メタディスクリプションにキーワードを含めると、タイトルに入れていないキーワードを拾って上位検索されることもあります。

文章ばかりでなく、画像・表・箇条書き・太文字を使う

読者が読みやすい文章を作るには文字だけでなく「画像・表・箇条書き・太文字」を活用しましょう。


これらは読者がより理解しやすいようになるだけでなくSEOに効果的なタグになります。


また、文字だけで説明される記事は読み飛ばされやすいので、読者の目をとめるためにも文章以外の方法を取り入れることは重要です。

まとめ:結局は読者のためになる記事が評価される

SEOライティングのテクニック自体は特に難しいことはありません。覚えれば誰でもできます。


しかし、読者に届ける情報だけはテクニックではどうにもなりませんし、コンテンツ・イズ・キングと言われる昨今において、高評価を得るコンテンツは魅力的な内容を発信しているページになります。


つまりは、SEOライティングのテクニックを押さえても中身が薄いと上位表示が難しいので、SEOライティングのテクニックを掴んだ人は「読者に価値ある情報を届ける」ということに注力していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次