カテゴリー

アクセスを集めれるSEO対策のやり方を初心者向けに完全ガイド

Googleから高評価を獲得するSEO対策のやり方を徹底ガイド
  • URLをコピーしました!

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、GoogleやYahoo!からの検索エンジンから自然検索を獲得する施策です。


そして、SEO対策とは検索結果でWebサイトを上位に表示されることを目的としたコンテンツを作ることを言います。上位に表示されればされるほど、より多くの人がWebサイトに訪れるのでWeb集客を考えている人が必ず学ぶべきスキルになります。


本記事ではSEO対策のやり方について初心者向けに詳しく解説していますので、参考にしつつ魅力的なコンテンツ作りのヒントにしてください。

目次

SEO対策のやり方を学ぶ前に基本用語の整理

SEO対策にこれから取り組むのであれば下記の用語を理解しておきましょう。

  • インデックス:Googleは認識したすべてのウェブページを「インデックス」に格納します。各ページのインデックスエントリにはそのページのコンテンツと場所(URL)が記述されています。「インデックスに登録する」とは、Googleがページを取得し、そのページを読み込んで、インデックスに追加することを意味します。
  • クロール:新しいウェブページまたは更新されたウェブページを検出するプロセスです。Googleはリンクをたどる、サイトマップを読み込むなど、さまざまな手段でURLを検出します。Googleはウェブをクロールして新しいページを検出し、そのページをインデックスに登録します(例外もあります)。
  • クローラー:ウェブのページをクロール(取得)してインデックスに登録する自動ソフトウェアです。
  • SEO検索エンジン最適化の略称。検索エンジンが検出しやすいようにサイトを改善するプロセスです。

これらの用語は初心者でもSEO対策に取り組む以上は理解しておかないと意味不明になりますので、必ず把握しておいてください。

Googleから高評価を獲得するSEO対策のやり方

SEO対策のやり方は下記のことを行います。

  • 各ページに固有のタイトルを付ける
  • メタディスクリプションを設定する
  • 見出しを適切に使用する
  • パンくずリストを使用する
  • ユーザーが分かりやすいナビゲーションページを作成する
  • コンテンツを最適化する
  • 専門性・権威性・信頼性のあるサイトにする
  • 内部リンクを有効活用する
  • 画像を最適化する
  • サイトをモバイルフレンドリー対応にする

これらの対策を行うことで上位表示できるサイトになり始めます。

各ページに固有のタイトルを付ける

タイトルはGoogleを利用するユーザーと検索エンジンの両方に特定のページのトピックということを伝える役割があります。


タイトルを付けるときは「読みやすくページの主題が分かるキーワードを含めたタイトル」を意識し、32文字〜40文字以内を目安に作成してください。


たとえばですが、「副業 おすすめ」というキーワードを狙うのであれば「スマホ1つで始めれるおすすめの副業5選」といった書き方がベストです。これなら「スマホでできるおすすめの副業を紹介しているのか」と一発で理解できます。


逆に好ましくないタイトルとてはページのコンテンツと関係のないタイトルを付けることです。たとえばですが「ページ1」や「お金を稼げた仕事の紹介」といった記事の内容とマッチしてないことです。

メタディスクリプションを設定する

メタディスクリプションはGoogleや他の検索エンジンにページ内容の要約を伝える役割があります。

メタディスクリプションは、Google検索結果でページのスニペットとして使用される可能性があるため重要です。


「可能性がある」と述べたのは、ページに表示されるテキストの関連部分がユーザーのクエリと合致する場合は、その部分が使用されることがあるからです。

なお、スニペットとはコンピュータの操作画面上で表示されている要素の概要などを伝える短い文章などのことを言い、Googleの検索結果の画面でリンクされているWebページの内容を抜粋あるいは要約した短い文字情報のことをスニペットと呼ぶことが多いです。

メタディスクリプションが検索結果のスニペットとして表示された場合に備えて、ユーザーに情報を提供し興味を引くような説明を狙っているキーワードを含めつつ120文字前後で記述します。

見出しを適切に使用する

わかりやすい見出しを使用して重要なトピックを示すと、コンテンツの階層構造が作成されユーザーがドキュメント内を移動しやすくなります。


ページ上の見出しが多すぎるとユーザーがコンテンツを読みにくくなり、トピックがどこで終了して次のトピックがどこから始まっているのか判断しにくくなりますので、見出しは意味のある場所で使用してください。


なお、各見出しにもできるだけキーワードを含めつつ自然な文字列になるよう設定することをおすすめします。そうすることで、タイトルに含まれていないキーワードでも検索結果に表示される可能性がありますし、SEO対策にもなります。

パンくずリストを使用する

パンくずリストとは、ページの上部か下部にある内部的なリンクの行です。

訪問者はパンくずリストを使って前のセクションやルートページにすばやく戻ることができます。ほとんどのパンくずリストでは、最初の左端のリンクとして最も一般的なページを置き、右側に向けてより具体的なセクションを並べています。

ユーザーが分かりやすいナビゲーションページを作成する

ナビゲーションページはサイトの構造を表示するサイト上の簡単なページで、通常はサイト上のページの階層的なリストで構成されています。

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーションはツリー構造で表した時に最上位階層をメニュー化したものになります。どのページを開いても決まった場所、決まった並びで表示されています。

ローカルナビゲーション

ローカルナビゲーションはツリー構造で表した時に最上位階層と同カテゴリ内の移動を可能をするナビゲーション。グローバルナビゲーションで選択されたカテゴリ内のページ表示されます。

ダイナミックナビゲーション

ダイナミックナビゲーションとは主に検索のことを言います。

関連ナビゲーション

関連ナビゲーションはWebページのコンテンツ(文脈)に関連した内容で構成されるナビゲーション。ECサイトなどでみる関連商品やブログページでみるおすすめ記事などのことを指します。

ページネーション

ページネーションはページ割りで、主にECサイトなどに見かけられます。情報量が多く1ページでは収まらないときに使われるナビゲーションです。


訪問者はサイト上のページを見つけられない場合にこのページにアクセスすることがあり、検索エンジンもこのページにアクセスしてサイト上にあるページのクロール範囲を広げますが、主に人間の訪問者を対象としています。


一般的なコンテンツからそのサイトで求めている具体的なコンテンツへ、ユーザーができるだけ簡単にたどり着けるようにしてください。

なお、パンくずリストもナビゲーションの一部です。


コンテンツを最適化する

人が役に立つコンテンツを作成することはどんなSEO対策よりも効果的です。読者が求めているものを把握し役立つ情報を届けることが重要です。


そのためにはユーザーが検索しそうなキーワードを考え整理しつつ、他のサイトが提供していない独自の情報で差別化を図り、読者にとって有益なコンテンツを提供してください。

コンテンツを最適化するヒント

  • 読みやすい文章を心がける
  • オリジナルティの高いコンテンツを作る
  • ユーザーに焦点を当てコンテンツを最適化する
  • SEOライティングを意識する

コンテンツを最適化するには上記のポイントを押さえておきましょう。

専門性・権威性・信頼性のあるサイトにする

専門性・権威性・信頼性とはEATと呼ばれる良質なウェブサイトを評価する基準をGoogleが独自に定めたもので、「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」からなる3つの評価基準の頭文字をとった言葉です。


E-A-Tの質が高いとサイトの質を向上させます。


具体的には、テーマが統一されており問題を解決できる情報があるサイトで、かつ新しい情報が手に入り専門性が高くテーマに関する情報が網羅されているサイトです。


簡単に言えばテーマに関連する情報を徹底的にコンテンツ化したサイトです。

内部リンクを有効活用する

内部リンクはユーザーやGoogleに対して、リンク先のページについての情報を伝えます


ページ上のリンクには内部リンクもあれば、外部的なリンクもあります。どちらの場合も、アンカーテキストが効果的であればあるほど、ユーザーはナビゲートしやすくなり、Googleはリンク先のページを理解しやすくなります。


なお、リンクは「こちら」といった文章にリンクを入れるのではなく、その先のページがどのような内容なのか分かる文章にしてください。


たとえば「食事で痩せるダイエットの秘訣はこちら」といった感じです。


適切なアンカーテキストがあれば、ユーザーと検索エンジンはリンクされたページの内容を簡単に把握できます。
※アンカーテキストとはリンクの内容を表すテキストのことです。

画像を最適化する

クローラが容易に画像を検出できるように画像を最適化しておきましょう。画像にはalt(オルト)属性で説明を記述します。


このalt属性には、なんらかの理由で画像が表示できない場合に代替テキストとして表示されます。

alt属性を記述することで検索エンジンのクローラーに画像の内容を伝えられます。


なお、altテキストは画像の具体的な内容をキーワードを含めつつ簡潔に記述することが理想です。

標準の画像形式を使用

一般的にサポートされているファイル形式を使用します。ほとんどのブラウザは「JPEG・GIF・PNG・BMP・WebP」 の各画像形式をサポートしています。ファイル名の拡張子をファイル形式に一致させるのも効果的です。

サイトをモバイルフレンドリー対応にする

昨今はほとんどのユーザーはモバイルからアクセスします。PC向けのサイトだとモバイルで表示されたとき非常に見づらく使いにくいのでモバイル対応させることでSEOが有利に働きます。


Googleは2016年頃からランキング、構造化データの解析、スニペットの生成についてサイトのコンテンツのモバイルバージョンを優先的に使用しており、PC向けのサイトはクローラーが後回しになると発言していますので必ずモバイル対応にしてください。


なお、インデックス登録とランキングを優先的に使用することをモバイルファーストインデックスと呼びます。


モバイル対応の確認はGoogleモバイルフレンドリーテストでチェックしてください。

SEO対策のメリット・デメリット

これまで紹介してきたSEO対策に取り組むことでGoogleから評価され出します。繰り返しですが、Googleを使って集客を考えている誰もが覚える知識なのでしっかり活かしてください。


SEOを学ぶことでさまざまな恩恵を受けることができ、顧客を増やすことや収入を上げることもできますので、ここからSEO対策を行うメリット・デメリットを紹介していきます。


特にデメリットを把握しておくことはモチベーション低下を防ぐこともできますのでチェックしてみましょう。

SEO対策のメリット

SEO対策のメリットはなんといっても無料で集客できることです。SEOは個人で行うのに料金はかかりません。


無料で集客することができ、ブランドの認知度を高めることやコンテンツが資産になり収益を生むことができます。


また、SEO対策を行うことでGoogle検索の上位を獲得すれば、そこから自動収入を得つづけることもできます。

SEO対策のデメリット

SEO対策のデメリットは「時間がかかること」「結果が保証されない」という2点になります。


SEOの恩恵を受けるにはSEO対策を適切に行いつつコンテンツを公開して3〜6ヶ月の期間が必要になります。


そして、SEO対策を行ったとしても必ず期待していた結果になるとは限らない点も注意が必要です。


世の中にはたくさんのコンテンツがあり、それらのサイトは全てライバルになります。そして、日夜ランキングを奪い合っていますので確実性がないビジネスということを心得ておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次