カテゴリー

SEO記事の概要から検索エンジンに最適化した記事の作り方

SEO記事の概要から検索エンジンに最適化した記事の作り方
  • URLをコピーしました!

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、コンテンツを上位表示させるためには高品質なSEO記事が必須になります。


よくある間違いが「記事を書けば順位が上がり、アクセスが集まる」と思っている人がいますが、まず上がりません。


SEO記事を理解し、読者と検索エンジンに最適化することではじめて効果を発揮します。本記事では、そんなSEO記事について分かりやすく解説していますので、参考にしつつ、読者と検索エンジンに好かれるコンテンツを作ってみましょう。

目次

SEO記事とはGoogleエンジンのランキング向上を目的とした記事

SEO記事とは、検索エンジンのランキングを上げるために特定のキーワードをターゲットにして作られた記事のことを指します。


SEO記事は検索エンジンにインデックスされやすく、その結果、特定のキーワードで検索されたとき、頻繁に検索結果に表示されるようにすることを目的としています。

SEO記事が必要な理由

SEO記事を書くことで上位表示される可能性があるため、記事を見たユーザーがそのサイトにアクセスしやすくなるので多くの読者を集めることができます。


さらに、検索エンジンのランキングが上がることで、サイトを見たユーザーがそのサイトを信頼できると感じやすくなり、その結果、アクセスが増えることはもちろんですが、広告収入なども期待できるようになります。

優れたSEO記事が多いサイトに読者が集まる

当然ですが、優れたSEO記事を多数掲載しているサイトは検索エンジンによって上位表示されるので、より多くのアクセスを得ることができます。


しかし、優れたSEO記事を掲載することで、より多くのアクセスを得ることができるものの、その記事が本当にユーザーにとって有用でないと、おそらく上位にランクインしても読者の満足度は低くなるでしょう。


なので、訪問する読者がリピーターになるぐらい素晴らしいSEO記事を作ることが重要になりますので、次項から可能するSEO記事の書き方をヒントに、読者満足度の高いコンテンツを作成していきましょう。

上位表示できるSEO記事の書き方

SEO記事を書いて上位表示させるにはいくつかポイントがあります。SEOは適当に書いても絶対に順位は上がりませんので、次のヒントを参考にしてください。

ターゲットを絞り込む

ターゲットを絞り込むとは、特定のキーワードをターゲットにして、SEOを行うことを指します。ターゲットを絞り込むことで、検索エンジンによって、そのターゲットに関連する記事やサイトが上位に表示されるようになるため、より多くのアクセスを得ることができるようになります。


よくある失敗が、誰に向けたコンテンツなのかが明確になっていないWebサイトです。


昨今のGoogleは、特定にテーマについて「専門性・権威性・信頼性」を求めており、扱うテーマの専門家的な存在になるぐらいでないとSEOで高評価を得ることができません。


専門性・権威性・信頼性はサイトの品質を向上させますので、扱うトピックは徹底的に学習しておきましょう。

高品質な記事を作成する

SEOで高評価を得るためには高品質な記事は欠かせません。高品質な記事を作るためには下記のポイントを押さえながら執筆することが重要です。

  • 読者のために書く
  • 分かりやすい文章にする
  • 独自性であること
  • キーワードを自然に使う
  • 文字だけにせず画像などを使う

これらのコツを押さえながら、順位が付いたあともリライトを繰り返すことで、徐々に順位が上がります。


なお、高品質な記事を書くにはSEOライティングをマスターしないといけませんので、こちら»SEOライティングの基本から上位表示させる5つのテクニックで学習してみてください。

順位を追えるツールを使う

SEO記事の目的は上位表示させることなので、コンテンツがどのような順位になっているか確認する必要があります。


順位を確認しつつ上位表示されている記事と比較しながらリライトを繰り返すことで、記事の質がアップしていき少しずつ順位も上がりますので、順位を追えるツールを持っていない人は今すぐ登録してください。


SEOの目的は上位表示さえることにも関わらず、順位が分からないというのは論外なので、下記のツールを使っていきましょう。

  • Googleサーチコンソール検索された際にサイトがどのようにインデックスされるかを確認できる無料ツール
  • Google Analyticsサイトのアクセス解析やコンバージョン解析などができるツールで、Googleサーチコンソールと併用が基本
  • Rank Tracker:Mac向けSEO対策・検索順位チェックツール
  • GRC:Windows向けSEO対策・検索順位チェックツール

Rank TrackerGRCは有料ツールですが、SEO対策を行う必須ツールなので、必要経費として割り切り導入しておきましょう。

上位表示されている記事を調査する

上位表示されている記事を調査することで、自身のサイトや記事をよくするためのヒントを得ることができます。また、自身のサイトや記事がどのような特徴を持っているかを把握することもできます。


ただし、上位表示されている記事を調査するだけでは、自身のサイトや記事をよくするためには不十分です。上位表示されている記事を参考にしつつ、自身のサイトや記事に合わせた対策を講じる必要があります。

上位表示されている記事は、狙っているキーワードの答えでもあるので、ここを調査しないのは的外れな記事を量産する可能性があります。思いつきや主観で書くと失敗する可能性が大なので、記事を書く前に必ずチェックしておきましょう。


コンテンツSEOを理解する

コンテンツSEOとは、Googleなどの検索エンジンでランク付けするように設計されたコンテンツのことです。


コンテンツは「中身」「内容」という意味であり、インターネットを通して伝えられる情報のことです。基本的に「文章・写真・映像・図・デザイン」などを組み合わせ、検索エンジンに最適化する目的で作るので「コンテンツSEO」と言います。


もしもコンテンツSEOと言われてピンとこない人は、SEOの理解が足りていないと思いますので、こちら»【保存版】初心者向けにコンテンツSEOの重要性を徹底ガイドをチェックしてみてください。

SEO記事でよくある疑問「文字数」について

SEO記事でよくある疑問として、「記事の文字数」についてですが、SEOにおいて重要な要素と言えます。

文字数がSEOに与える影響

検索エンジンは、記事の文字数をある程度重視しているので、文字数が少なすぎると検索エンジンが記事を適切にインデックスできない可能性があります。


たとえばですが、日記のような1日の出来事を書いただけの文章では、そこまで文字数が多くならないですし、読者に価値のある情報とはなりませんので、インデックスされない可能性が高くなります。


ただし、文字数がただ多いだけでSEOが有利に働くことはありません。

価値ある情報を詳しく解説する=結果的に文字数が増える

文字数が多いとSEOにいいとされるのは、あくまで「価値ある情報を徹底的に書いた結果、多くなった」という場合に限ります。


たとえばですが、文字数が多くなるキーワードとして「〇〇 おすすめ」がいい例です。これらのキーワードを狙って記事を書く場合、さまざまな情報を1ページに入れることになるので、他のキーワードに比べるとどうしても文字数が多くなります。


しかし、この場合は多くの情報を読者に伝える必要があり、結果的に文字数が多くなるので、SEOで高評価を得る可能性が上がるということです。


つまり、「文字数が多いほうがSEOに有利」ということを鵜呑みにして、無駄に文字数を増やしても、SEOの効果を実感できません。

まとめ:読者と検索エンジンに最適化して上位表示を勝ち取る

SEO記事は読者と検索エンジンの両方に向けて最適化された質の高い記事で、これらの記事は検索結果の1ページ目に表示される可能性が高くなります。


オーガニック検索結果からサイトへのアクセスを増やすなど、最適化された記事を書きたい理由はそれぞれにあると思いますので、この記事で説明したような適切なプロセスとツールを使用し、読者と検索エンジンの両方をから高評価を獲得していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次