人間関係に疲れたときの対処法から疲れやすい人の特徴

人間関係に疲れたときの対処法から疲れやすい人の特徴
  • URLをコピーしました!

人間関係は一生つきまとう問題なので早い段階で対処法を知ることをおすすめします。


そうすることで自分の時間を確保することや、ストレスを減らした日々に変えることもできますし、「自分にとって本当に必要な人間関係」が明確になります。

僕も会社時代はかなり人間関係に悩んでました。しかし、現在はフリーランスなので人間関係の悩みはありません。なので、人間関係に疲れる原因が明確に分かりました。

目次

人間関係に疲れやすい人の特徴

人間関係に疲れやすい人には下記のような特徴があります。

  • 気を遣いすぎる
  • 自己主張が苦手
  • 狭い世界にいる

性格的な問題が多い傾向にあります。

気を遣いすぎる

気を遣いすぎる人は他人に合わせて生きているといっても過言ではありません。


人は誰しも自己中心的な感情を持っており自分を一番に考える性質がありますが、気を遣いすぎる人は自分の性格を押し殺してでも他人を優先させるのでストレスが溜まります。


会社がいい例ですね。自分の意見や思いが言えないのでストレスを感じ、人間関係がいやになる典型的なパターンです。

会社とかだと気を遣うのは当然ですが、上司のように昇進に関係する存在なら気を遣い、関係のない同僚とかはスルーしてみるのも一つの手です。要は人間関係に疲れる原因を減らすということです。


自己主張が苦手

下記に当てはまる人は自己主張が苦手な人なのですが、人間関係に疲れやすい特徴があります。

  • 自分に自信がない
  • 人に嫌われるのが怖い
  • ネガティブに思い込みやすい
  • 迷惑をかけることを恐れている

自己主張とは、「他者や状況への配慮を考慮し冷静な表現をする」ということなのですが、自己主張が苦手な人は相手の状況を踏まえつつ自己開示をし、関係を良好に保つことができない傾向にあります。


つまり、他人の都合に合わせてしまうのでストレスが溜まり人間関係に疲れるということです。

狭い世界にいる

狭い世界いる人も人間関係に疲れやすい特徴の一つです。人は環境の奴隷なので悪い環境にいてしまうとその環境に適応しようとします。


たとえばですが、入社したての頃は愚痴を言ったことがなくても、周りが発言していると「気づけば自分も同じように言っていた」がいい例です。


狭い世界で人間関係を構築しようとすると、悪い方向でも流されてしまうことがあり、悪循環となって人間関係に疲れることはもちろんですが、「こんな環境にいる自分って……」とネガティブになる人もいます。

人間関係に疲れたときの対処法

人間関係に疲れを感じてる人は下記の方法で対処してみてください。

  1. 他人を基準にしない
  2. 好かれようとしない
  3. 断ることを覚える
  4. 関わる人数を増やさない
  5. SNSをミュートする

僕はもともと営業をずっとしていたのでかなり人間関係に疲れてました。しかし、フリーランスになって環境が変わり人間関係の疲れはなくなりました。


そして、人間関係に疲れる原因は上記の5つだと感じました。

①:他人を基準にしない

価値観が他人にあるとかなり疲れます。
要するに、他人からの見られた方を気にしていることになるのですが、これって常に人目を気にしている状態になります。


他人を基準にしている人は「こう思われたい」「こう見てほしい」など、承認欲求を求める傾向にありますが、他人が自分をどう見ているかなんて本音は分かりませんので、他人の価値観に合わせるのをやめてみましょう。

②:好かれようとしない

人間関係に悩む人に多いのが「みんなと仲良くしたい」という気持ちから、誰にもで優しく接したり必要以上に関わろうとする人がいますが、みんなに好かれることはまず無理です。


一定数は自分のことをきらいになる人は必ずいますので、誰かからきらわれても仕方ないことです。


職場で出世に関係する存在であれば好かれるほうがいいですが、少なくとも自分の出世に関係のない人から好かれる必要はないはずです。また、アルバイトだと出世は関係ないですし、職場内で好かれる必要はありません。


みんなに好かれようとするあまりに、周りの顔色ばかり見るのはヘトヘトになりますので「好かれても意味がない」と思える相手と無理に関わることをやめましょう。

③:断ることを覚える

「頼られたらとりあえずOKを出す」という人はめちゃくちゃ疲れる行動なのでやめましょう。


というのも、なんでもOKを出していると自分の時間がどんどん奪われていき、最初は気持ちよく受けたにも関わらず徐々にストレスを感じるようになります。


また、一度受けてしまうと相手としは「あの人は頼みやすい」などの理由から、当たり前のように頼ってきましすし、あなたとしては「前にOK出しているから断りにくい」となります。


「困っている人を助けたい」という気持ちは素晴らしいことですが、逆を返せば都合よく使われているので、頼まれても断ることを覚えておきましょう。

④:関わる人数を増やさない

僕の人生経験でも言えることですが、「関わる人数=ストレス」は断言できます。会社員のとき営業でしたので毎日のように不特定多数の人と関わり、休日になれば友人から飲み会などの誘いが来れば出向いてました。


そして、1人の時間がないことや、1人になったとしてもLINEなどで常に連絡が入ってくることで、人と関わらない日がないのでストレスは相当溜まっていました。


しかし、フリーランスになり人間関係が減少すると、仕事の作業力は会社員のときより増えているにも関わらず、ストレスがないことに気づき、関わる人の数が多ければ多いほど人間関係に疲れると実感できました。


フリーランスでないと人間関係を断ち切ることは無理ですが、あなたの時間を無駄に奪う人は必ずいると思いますので、そういった人は見つけ次第ブロックしてみましょう。

⑤:SNSをミュートする

「SNS疲れ」という言葉があるようにSNSは人間関係を疲れさす大きな原因と感じています。


というのも、職場や友人などのように対面している人間関係と、SNSのように「たまに会う人やまったく合わないぐらいの人間関係」を同時進行していることになるので疲れるのは当然ではないでしょうか。


もちろん、SNSの交流も大事なことはありますが、自分にとってメリットにならない存在はミュートしてもまったく問題ありません。むしろ関わる人を選別することで「あなたにとって大事な存在」が明確になり、より深い関係を築くことができます。

人と関わらないことは悪いことではない

これまで人間関係に疲れたときに試す5つの対処法を紹介してきましが、重要なことを伝えると「人と関わらないことは悪くない」ということです。

関わる人が多くても幸せにはならない

知り合いは多ければいいとは思いません。たとえばですが、これまで小学校から知り合った人の数を思い出してほしいのですが、あなたの人生に何かしら影響を与えた存在は何人いますか?


たぶんですが、多くても10人程度だと思いますし、なかにはゼロの人もいるはずです。つまり、知り合うほとんどの人はあなたにとって無意味な存在になるということです。

人と関わることで幸せになれるは思い込み

人間関係に疲れている人に知っておいてほしいのですが、「人と関われば幸せになれる」は完全に思い込みで、ここの考えを持ちつづけるのは不幸を招くだけです。


なぜなら、人間関係に悩んでいる現時点で幸せになれていないからですね。

むしろ人間関係を狭めるほうがいい結果を招く

「SNSをミュートする」で触れているように、むしろ関わる人を選別することで「あなたにとって大事な存在」が明確になり、より深い関係を築くことができます。

あなたのピンチに駆けつける人は何人いる?

たくさんの人間関係があるなかで、あなたのピンチに駆けつけてくれる存在は何人いますか?想像でもいいので考えてみてください。


そして、思い浮かんだ人が本当に築くべき人間関係だと感じています。


こういった存在は自分の利益よりも、あなたにとって最適解を選んで行動してくれるので、いざというとき助けてくれる存在は一生大事にすべき関係です。

冷静に観察すればメリットがないと動かない人がほとんど

逆に思い浮かべなかった人との会話やLINEのやり取りを思い出してください。


しっかり観察すれば、ほとんどの人が自分のメリットがないと行動してくれない人だと思います。もちろん、大事にすべき存在でもメリットがないと行動しないことはありますが、ここでの違いはこれまでの関係性になります。


簡単に言うと、これまでお互いの行動がプラスマイナスゼロの関係性かどうかですね。


要するに、明らかにあなたがマイナスばかりになっている存在との関係性は見直そうということです。

まとめ:人間関係は一生つきまとう問題

今回は「人間関係に疲れたときの対処法」を紹介してきました。簡単にまとめると下記になります。

  • 他人を基準にしない
  • 好かれようとしない
  • 断ることを覚える
  • 関わる人数を増やさない
  • SNSをミュートする

これらの内容を意識してもらえば今より人間関係が楽になります。


また、人間関係は一生つきまとう問題なので、本記事で取り上げている方法を試し、早い段階で立ち回り方を覚えておきましょう。


そうすることで自分の時間を確保することや、ストレスを減らした日々に変えることもできますし、「自分にとって本当に必要な人間関係」が明確になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次