ニートからフリーターになる手順から将来性のあるおすすめバイトの解説

ニートからフリーターになる手順から将来性のあるおすすめバイトの解説
  • URLをコピーしました!

ニートは自由な生活が送れることから非常に快適で「一生この生活を送りたい」という思いがありますよね。僕自身もニートをしていたときはかなり快適でしたので理解できます。


しかし、徐々に「ちゃんと仕事しなければ……」という思いが出るのもニートの悩みですが、先延ばしにし毎日ダラダラ過ごしていると思いますので、本記事ではニートから脱却するために「フリーターになる手順」から将来的に正社員になることを視野に入れたおすすめのアルバイトを紹をしていきます。


ニート生活は快適ですが、一生つづけることは不可能ですし、いつかは見切りをつけないといけない問題ですのでぜひ最後までチェックください。

目次

ニートとは15歳〜34歳までの非労働の若年者

一旦ニートの定義を整理すると、厚生労働省によるニートは、15~34歳の独身で就業せず、家事も通学もしていない人をいいます。「働いていない人はニート」と思われがちですが、「求職活動・家事・通学・職業訓練」を行っている人はニートになりません。

なお、35歳を超えると「中年ニート」「高齢ニート」と呼ばれます。日本では統計を取る際に15~34歳までを「若年層」とする慣習があり、便宜上34歳までの働いていない若者と定義づけることで統計が取りやすくなる34歳まではニートとしたと考えられます。


ニートと若年無業者の違い

ニートと混同される「若年無業者」ですが、若年無業者は15歳~39歳で家事も通学もしていない無業者で「就業を希望している者のうち求職活動をしていない者(非求職者)」「就業を希望していない者(非就業希望者)」になります。
»引用:内閣府

まとめると

  • ニート:15∼34歳の男女のうち独身で就業せず、家事も通学もしていない無業者
  • 若年無業者:15〜39歳の男女のうち主に通学や家事をしていない無業者でかつ、就業を希望しているが就職活動をしていない、または就職を希望していない者

無理に覚える必要はないですが、違いは上記のとおり。
ニートだけで考えると15歳〜34歳までになり、「若年無業者」として考えるなら15歳〜39歳までが対象になるということです。

とはいえですが、定義はあまり気にしなくてもいいかと思います。というのも、「厚生労働省・総務省・内閣府」でも定義が異なっていますのでニートと若年無業者は同じと思ってOKです。


ニートの数

下記は2014年〜2020年、厚生労働省の定義によるニート(若年無業者)の性別と年齢別の総数になります。

男性(単位:万人)女性(単位:万人)
20143521
20153620
20163619
20173520
20183520
20193520
20204127
引用:Wiki

上記のように、基本的にどの年代でも大きな差はありません。しかし、2020年は新型コロナウイルス感染症による経済悪化によりアルバイトやパートで働く若年層の解雇が相次いだため、前年よりも一気に増加しています。

ニートなる理由

内閣府 令和3年版子供・若者白書の発表によるとニートになる理由は、10代後半は学校以外で進学や資格取得などの勉強がその他を除き最も多くを占め、それ以外の年齢層は、病気や怪我など健康上の理由や回答する者がその他を除いて最も多く占めています。

ニートになる原因(内閣府のデータ)
引用:内閣府 令和3年版 子供・若者白書

ニートと一口に言っても単純に「仕事がめんどくさい」というだけではなく、やむを得ない理由の人は一定数います。

ニートからフリーターになる方法や働き方について

では本題のニートから脱却しフリーターになる方法ですが、下記の手順でニートを脱却していきましょう。

一歩ずつでOK

  1. おもいっきり遊ぼう
  2. 生活リズムを整える
  3. アルバイトを決める

ニートから脱却したい気持ちが少しでもある人は試す価値ありなので実践に移してみてください。

①:おもいっきり遊ぼう

まずはおもいっきり遊んでください。
というのも、これからニート脱却に向けて下記のことをやめるため最後に楽しんでおきましょう。

  • 動画配信サービスの解約
  • TVゲームをやめる(できれば売る)
  • スマホゲームの解約と削除

上記はニートをつづけてしまう大きな要因になりますのでここは無理にでも一旦やめるべきです。

ニートあるある

仕事を探さないといけない

アニメなどの動画を見終わったら始めよう

あと一話…

明日起きたら探そう

起きたらまた動画のつづきを観賞

気づけば1日が終了

たぶんですが、ニートの多くは上記のルーティンになっているはずです。
僕もニート経験があるのでマジで理解できますが、ここを一旦やめないと前に進めませんので今は我慢しておきましょう。

②:生活リズムを整える

ニートってなぜか昼夜逆転しますよね。
とはいえですが、規則正しい生活に体を戻しておかないと働いたときマジでダルいので今のうち戻すことをおすすめします。


というのも、あなたが思っている以上に体力は衰えており、せっかく働きに出ても「体力がつづかない」という理由から辞めてしまう可能性があります。


また、規則正しい生活に戻すことで精神面が前向きな思考になりアグレッシブ感が戻ってきますので規則正しい生活を送ることに一切のデメリットはありません。

あと、軽い運動もいいですね。ニートの多くはつねに「ダルい」という状態の人が多いと思いますので軽い運動で血流を良くし体調も戻しておきましょう。
»参考:疲れやすい原因は、●●不足!|大塚製薬


③:アルバイトを決める

さて、フリーターになるための本番でもある「どんな仕事をするのか?」ですが、短期や単発のバイトはあまりおすすめできません。

ニートに戻ってしまう可能性が大

ニートから脱却する一発目の仕事は相当ダルいと感じると思いますので、短期や単発のバイトをすると「契約期間が終わると同時にニートに戻る」という人が非常に多いです。


短期や単発のバイトは「探す→面接の準備→面接や段取り→働く」を繰り返し行うのでかなり手間であり、ニート感覚が残っている人にとって最適な働き方ではないと考えています。


また、「フリーターになれば終わり」ではなく、安定した生活に戻すためには正社員になることを視野に入れておく必要があり、フリーターに戻ることはあくまで通過点でしかありませんので、短期や単発バイト以外の求人に応募し一つの職場で長く働く感覚を戻すことは重要になります。

ニートにおすすめのアルバイト

フリーターになる決意ができた人のなかには「なんのバイトをしたらいいか分からない」という人もいると思いますのでここではニートにおすすめのアルバイトを紹介していきます。

ポイントは将来的に役立つこと

  • ある程度は体力を使う
  • コミニュケーションがある
  • できればスキルが身につく

繰り返しですが、あくまでフリーターは通過点なので、できれば就職に役に立つアルバイトに応募してみましょう。


いくつかピックアップしていますので参考にしてください。

コンビニやスーパーの店員

コンビニやスーパーの店員は下記の理由からかなりおすすめです。

  • 店舗数が多く通勤しやすい
  • コミニュケーションが必要
  • 体力もある程度は必要
  • 業務内容はわりと簡単
  • シフトの調節がしやすい

社会復帰するための条件が揃っている環境なので視野に入れてみてください。

飲食店×出前の配達

飲食店と出前の配達を行うお店は、接客もしつつ適度に体を動かすことができるので併用しているお店はニートに最適で、個人経営している小規模の飲食店ならなおよしです。


個人経営は基本的に家族で経営しているので大手フランチャイズのように「マニュアル化された人材」を求めるのではなく、人と人とのつながりを大事にしあなたの心情を組んだ暖かい接し方をしてくれる可能性が高いです。


個人経営者は人情に熱くニートを受け入れ最後までめんどうを見る人が多い印象がありますので、近くに募集が出ているのであればご飯を食べるついでにスタッフをチェックしてみてください。

なお、個人経営の飲食店はお店に張り紙を出して求人募集することが多いので運動がてら散歩しつつ近所の飲食店を回ってみてください。意識していないと見落としがちですが意外と募集しています。


データ入力スタッフ

データ入力スタッフならパソコンに触れることになるのでスキルが身につきます。就職が有利になるまでのスキルは身につきませんが、「パソコンで仕事をする楽しさ」を知るキッカケになり、ここから派生してパソコンスキルに興味が出ることはあるのでおすすめです。


また、勤務する場所によって「電話対応や来客の対応」をすることもあるので社会復帰にうってつけです。

コールセンター

コールセンターはとにかく「コミニュケーション」の職場ですので他人と会話する感覚を取り戻すことができるのでおすすめです。


また、「会話が苦手」と思っているだけで働いていみると「意外と問題ないかも」と思うことはあり、コールセンターで培ったコミニュケーション能力が就職に役に立つことはありますので候補に入れてみてください。

ニートのバイト探しでコミニュケーションを除外するのはおすすめできない

コミニュケーションを必要としないバイトをニートにすすめているのを拝見しますが個人的にこれはNGと考えています。


というのも、就職するためにはどんな業種だろうとコミニュケーションは必須になりますのでアルバイトとはいえ他人と会話することを避けないでほしいと思います。


「一生フリーターで生活する」という人ならコミニュケーションの必要ない職種はありますがそんな人稀ですよね。
どんな状況の人であれ「心の中では正社員として働き安定した生活を送りたい」と思っているはずですので、ニートから脱却し他人とコミニュケーションが取れるアルバイトに挑戦してみてください。

まとめ:人生のやり直しは誰でもできる

今回は「ニートからフリーターになる方法」について紹介してきました。

おさらい

  • ニートから脱却するために動画やゲームをやめる
  • アグレッシブさを取り戻すために規則正しい生活に戻す
  • アルバイトは就職することを考えながら決める
  • コミニュケーションを取ることから逃げない

上記を意識すればニートから脱却し最終的に正社員を目指すことも可能ですので実践に移してください。


なお、「ニートが長すぎていまさらどうにもならな」と悩んでいる人はいると思いますが、行動を起こすことで意外とそうでもないことに気がつきます。


たぶんですが、「どうにもならない」と思っている人こそ何もしていない傾向にあり、なんとなくで思っているはずなので実際に行動しリサーチしてみてください。あなたにもまだまだできることはたくさんあります。

フリーター・ニート・新卒・代二新卒に特化した転職エージェントのまとめ

内定率が高いフリーターにおすすめの転職エージェント13選

転職エージェントは、転職を検討している方に対して仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

「学歴がない……」「職歴もない……」などの悩みを抱え、正社員になることを諦めている人は相談してみる価値あり!

転職エージェントは完全無料なので「正社員になりたい!」という思いがあれば誰でも利用可能です。

退職代行おすすめ12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう

おすすめの退職代行12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう
  • 会社を辞めたいけど上司が怖すぎて言えない
  • かなり疲れておりすぐに辞めたい
  • 職場環境的に辞めると言いづらい
  • とにかく今の職場を辞めたい

上記の思いを持っている方は退職代行を利用するタイミングかもしれません。

良質な会社なら忠誠を誓ってもいいですが、ブラック企業で消耗しても残るものは少しのお金と疲労感だけです。

人生や仕事の選択肢なんて無限大なので、すこし肩の力を抜いてみるのもありかなと思いますので、退職代行で人生をリスタートさせてみましょう。

失業保険しか貰わないのは損!
「退職コンシェルジュ」で最大28か月分の給付金を受け取ろう!

スクロールできます

退職したとき失業保険を貰えることは知っていると思いますが3か月程度しか受け取れないことがほとんです。

しかし、実は他にもお金を受け取れる仕組みがたくさんあることを知っている人は少なく、貰えるお金を貰わないで損をしているケースがあります。

  • 年齢が20歳~59歳
  • 社会保険に1年以上加入している(アルバイト・パートでもOK)
  • 退職前、退職予定の方
  • 転職先が決まっていない

上記に当てはまる人は誰でも貰える権利がありますので、最大28か月間お金が受け取れる社会給付金を受け取るためのサポートサービス「退職コンシェルジュ」をチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次