【未来は変えれる】中卒フリーターの末路から後悔しない人生を歩む方法の解説

中卒フリーターの末路から後悔しない人生を歩む方法
  • URLをコピーしました!

中卒フリーターの多くは「自分の将来ってどうなるんだろう?」と考えたことがあると思いますが、お察しのとおり今のままでは悲惨な末路になり数年後に後悔する可能性が極めて高いです。


しかし、中卒のフリーターだろうとこれからの行動次第でいくらでも未来を変えれるので、本記事では「中卒フリーターの末路を知り後悔しない人生を歩む方法」を解説していきます。


有意義な人生を歩みたい気持ちがある人は参考にしつつ、後悔しない人生に変えていきましょう。

目次

中卒フリーターの末路

中卒フリーターの末路は下記のようにハードな人生になる可能性がめちゃくちゃ高いです。

  1. 就職先がなくなる
  2. 給料が下がる可能性が大
  3. 独身生活がつづく可能性あり

中卒フリーターの人が誰でも当てはまる可能性がある内容ですので、「自分もこうなる」という気持ちでチェックしていきましょう。

①:就職先がなくなる

現在20代の人なら中卒フリーターでも選り好みしなければどんな業種でも就職することは可能です。


しかし、一般的に就職が難しくなると言われている30歳以上になってしまうと一気に就職先が減ることは間違いなく、「30歳以上+中卒フリーター」という状態はかなり不利な条件になる認識は持っておいてください。


ただでさえ中卒というだけで就職が不利なことは間違いないですが、ここに年齢まで加わると就職が難しくなることは間違いありません。

②:給料が下がる可能性が大

たぶんですが、現在フリーターをしている中卒の方は「とりあえず生活はできている」という人がほとんどだと思いますが、数年後に今の状態をキープできているとは思わないようにしておきましょう。


というのも、中卒のフリーターで「収入が上がった」という人はまずいませんし、年齢を重ねるごとに収入は下がる傾向にあります。

20代なら学歴がなくても高時給のアルバイトができますが、やはり30後半に入ってくると徐々に体力的な衰えが始まるので今と同じアルバイトは難しくなります。


③:独身生活がつづく可能性あり

結婚には外見や性格はもちろんですが「将来的な経済力」が必須になってきますので、「収入も少ない」「将来性もない」「福利厚生もない」という中卒フリーターでは生涯のパートナーとして条件不足になりがちで、養う側に立つ男性は特に真摯に受け止めておく必要があります。


結婚は恋愛と違い「好き」という感情だけで決めることはできず、「安定した生活が送れる人なのか?」ということは非常に重要なポイントになりますので、中卒のフリーターでは役不足になってしまうでしょう。


女性ならば学歴や職歴での不利が男性に比べて低いので「中卒フリーターの女性だから」という理由だけで結婚できないとはなりにくいですが、代わりに「容姿」を重点的に見られてしまう傾向にあります。

中卒フリーターは何ごとも不利な場面が多い

「中卒+フリーター」では収入面や恋愛面などさまざま場面で不利になりがちで、今のままではその生活が一生つづきます。


しかし、これからの行動次第でいくらでも未来を明るくすることはできますので、「有意義な人生に変えたい」という思いがある人は事項の内容を参考にしてください。

中卒フリーターは今からどう行動するかで人生が決まる

今のままでは前述の末路になるルートがほぼ決まっていますが、これからの行動次第で回避することも可能で、考える時間を多く確保できるフリーターの今が重要な分岐点になりますので参考にしつつ有意義な人生に変えていきましょう。

最もリスクがない方法は就職すること

やはり、なんと言っても就職活動を始めて就職することが一番最適で最もリスクなく安定した生活が送れる方法になります。

正社員になれば生活水準を一気に上げることは可能

当たり前ですが、正社員で働くほうが生活水準は高くなります。
下記はフリーターと正社員を比較したものですが差は歴然です。

項目フリーター正社員
給料低い・上がらない高い・上がる
退職金なし会社による
自由度多い少ない
将来性低い高い
年金少ない多い
税金安い高い
福利厚生薄い充実
社会的信用低い高い
世間体悪い良い
恋愛不利有利

表のとおりですが、フリーターと正社員では人生の幸福度がまったく違いますので、悲惨な末路を回避したい人は正社員を目指すことを考えてみてください。

中卒に仕事がないは嘘

「中卒は仕事がない」と悩んでいる人がいると思いますが、就職できない業種なんてありません。


学歴はあくまで企業が設定しているだけで、学歴が必要になる仕事は「宇宙飛行士・医者・薬剤師」ぐらいのもんです。つまり、あなたでも就職できる企業はどの業種でも必ずありますのでしっかりリサーチしてみてください。


なお、詳しくはこちら»中卒に仕事がないは嘘。就職先を見つける方法から人生を有意義に変えるコツの解説をチェックしてください。

就職は30歳になるまでに決めておこう

繰り返しですが、就職は30歳の壁がありますので1歳でも若いうちに行動することが大事になり、早く就職すればそれだけキャリアを積む期間も早くなるので何事も20代のうちに経験しておくことに一切の損はありません。


また、1歳でも若いうちに就職すれば「年下が上司になる」ということも回避できますので、将来的に考えてもメリットが多いです。

30歳を超えての就職は、学歴や職歴はもちろんですが「年下が上司になる」ということに抵抗を感じる人が多く、ここが就職に踏み込めない原因でもあります。


中卒のフリーターが就職を成功させるポイント

中卒フリーターの就職ではいくつか押さえておきたいポイントがあり、「やりたいこを明確にし有利になることは徹底にやる」になります。

やりたいことは明確にしよう

「正社員になるほうがいい」というのは誰でも分かっていることだと思いますが、「やりたいことがないのに就職先を見つける」というのも難しい問題ですので、まずはやりたいこを見つけることを優先させてください。

「やりたいこがない」は絶対にあり得ない

たぶんですが「やりたいことがない」という人がいると思いますが、そもそも論やりたいことがないというのは絶対にあり得ないことと考えています。


たとえばですが、「好きなことは何ですか?」と聞かれれば誰でも一つは好きなことがあると思いますのでその事柄や関連することを仕事にするでもOKですし、「特にないな」と感じる人はこれから発掘すればOKです。


ただし、重要なのが調べもしないで「できない」と決めつけるのは絶対にNGで、これはできる可能性を自ら潰していることになります。


やりたいことがない人の解決方法をこちらで詳しく解説していますので要チェックです»やりたいことがないフリーターがやりたい仕事を見つける3つの手順

不利な状況にいることは理解しておこう

「中卒+フリーター」では、年齢問わず高卒以上の人に比べると不利な状況にいることは明白ですが、状況をよくすることは可能です。


たとえばですが、資格がいい例になり「中卒+無資格」と「中卒+有資格者」では印象がまったく違い、たとえ中卒だろうと「資格を取得した事実」を評価されることは多々あります。


また、資格を有効活用すれば中卒だろうと大卒の人より多くの収入を得ることは可能ですので、「どの業種でどんな職種に就きどのようにすれば稼げるのか?」ということをしっかり模索してみてください。

僕の経験談で言うと、過去に不動産業の経験があるのですが、ほとんどの企業は学歴があまり関係なくマジで実力世界です。とある賃貸向け企業の業績TOPは中卒の人といったこともありましたし「学歴がなくても資格があれば手当も貰えるからありがたい」とも言っています。

中卒の就職を有利にする方法として資格は最適なので、「やりたいこを探す→必要な資格をチェック」までしてみてください。

求人情報誌だけ見るのはNG

中卒フリーターの人で多い傾向にある「求人情報誌だけ見て仕事がない」についてですが、大卒だろうと求人情報誌だけで就職先を見つけるのは困難ですし、これで就職先が見つかるなら誰も苦労しません。


世の中にはさまざま就職支援サービスがあり、誰でも無料で利用できますので優良企業に就職するためにも適切なサポートを受けつつ幅広く探すことは重要になります。

優良企業に就職するためには就職支援は必須

  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • わかものハローワーク
  • ジョブカフェ
  • 就職氷河期専門窓口

上記のように、さまざま就職支援サービスがありますのでしっかり活用していきましょう。
なお、就職支援サービスの概要はこちらで解説していますのでチェックしてくださ»【相談する価値あり】キャリアがないフリーターは就職支援サービスを活用しよう

まとめ:今からの行動で未来は変わる

今回は「中卒フリーターの末路から有意義な人生に変える方法」について解説してきましたが、結局はどんな状況であれ、あなたの行動次第で未来は決まります。


僕の学歴は一応高卒ですが誰でも入学できる通信制ですので、決して就職が有利な状況ではなかったですが、本記事で取り上げている方法を試した結果、就職することができ年収も500万を超えるぐらい人生が一変した事実はありますので、あなたも行動すればこれぐらいの活躍はできると断言できます。


しかし、行動しないと変えることはできませんので悲惨な末路を回避し有意義な人生を送りたい人は今から行動開始です。

フリーター・ニート・新卒・代二新卒に特化した転職エージェントのまとめ

内定率が高いフリーターにおすすめの転職エージェント13選

転職エージェントは、転職を検討している方に対して仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

「学歴がない……」「職歴もない……」などの悩みを抱え、正社員になることを諦めている人は相談してみる価値あり!

転職エージェントは完全無料なので「正社員になりたい!」という思いがあれば誰でも利用可能です。

退職代行おすすめ12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう

おすすめの退職代行12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう
  • 会社を辞めたいけど上司が怖すぎて言えない
  • かなり疲れておりすぐに辞めたい
  • 職場環境的に辞めると言いづらい
  • とにかく今の職場を辞めたい

上記の思いを持っている方は退職代行を利用するタイミングかもしれません。

良質な会社なら忠誠を誓ってもいいですが、ブラック企業で消耗しても残るものは少しのお金と疲労感だけです。

人生や仕事の選択肢なんて無限大なので、すこし肩の力を抜いてみるのもありかなと思いますので、退職代行で人生をリスタートさせてみましょう。

失業保険しか貰わないのは損!
「退職コンシェルジュ」で最大28か月分の給付金を受け取ろう!

スクロールできます

退職したとき失業保険を貰えることは知っていると思いますが3か月程度しか受け取れないことがほとんです。

しかし、実は他にもお金を受け取れる仕組みがたくさんあることを知っている人は少なく、貰えるお金を貰わないで損をしているケースがあります。

  • 年齢が20歳~59歳
  • 社会保険に1年以上加入している(アルバイト・パートでもOK)
  • 退職前、退職予定の方
  • 転職先が決まっていない

上記に当てはまる人は誰でも貰える権利がありますので、最大28か月間お金が受け取れる社会給付金を受け取るためのサポートサービス「退職コンシェルジュ」をチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次