田舎暮らしのフリーター向けに都会で就職するメリット・デメリットの解説

田舎暮らしのフリーター向けに都会で就職するメリット・デメリットの解説
  • URLをコピーしました!

田舎暮らしのフリーターは「都会に出て就職しようかな……」と悩み、「もっとアグレッシブな人生を歩みたい!」という思いを胸に秘めている人もいるはずです。


事実、都会に出れば「大手企業」「給料の高い求人「地元にはない職業」が豊富にあるので魅力に感じる人は多いですが、都会に出て就職することは魅力が多い反面デメリットもあります。


そこで、本記事では「本当に都会に出て就職することが正解なのか?」を明確にするために、地元で就職するメリット・デメリット、都会で就職するメリット・デメリットを紹介していきますので「地元に残るのか」「都会で就職するのか」の参考にしてください。

目次

地元で就職するメリット・デメリット

まずはおさらいとして地元で就職するメリット・デメリットを整理していきましょう。

地元で就職するメリット

メリットに関しては住んでいる人が一番分かると思いますがおさらいしてみましょう。

  • のびのび仕事ができる
  • 生活費があまりかからない
  • 通勤ラッシュがない

なんと言っても「のびのび仕事ができる」という点は田舎のメリットと考えています。


良くも悪くも都会では「出世コースに乗る」という考えを持っている人が多いことから、殺伐としたムードで仕事をしている人が大多数です。


また、都会は生活費が圧倒的に違うので生活を維持するためにも必死な人が多い傾向にあります。

地元で就職するデメリット

地元で就職するデメリットは下記のとおりです。

  • そもそも仕事が少ない
  • 都会と比較しても給料が低い
  • 仕事スキルが低くなりがち

このあたりお住まいの方ならよくわかる内容だと思いますが、特に「仕事のスキルが低くなりがち」な傾向にあります。


たとえば営業職を例に出すと、都会では1日50社以上の企業を回ることはザラにありますが、田舎のほうになるとそもそも企業が少ないので「数件回れば終わり」になることがあります。


やはり、経験に勝るものはないので企業が少ない田舎では経験値が低くなりがりな印象はあります。

都会で就職するメリット・デメリット

つづいて都会で就職するメリット・デメリットを見ていきましょう。
知っておいて損はないのでチェックし「地元に残るのか」「都会で就職するのか」の参考にしてください。

都会で就職するメリットは全てが揃っている

結論ですが、都会で就職するメリットは「全て揃っている」という点です。

田舎にはないものが都会にはある

  • 大手企業がある
  • 給料が高い会社が多い
  • 求人の量や種類が豊富
  • 多種多様な人脈と知り合える
  • スキルを上げる環境が整っている

上記のように、都会には全てが揃っていますので、「さまざまな生き方が選べる」という点もメリットになるかもしれません。


地元では良くも悪くも「限定的な範囲での生活」になりがちですが、都会に出ればさまざまな仕事や出会いがありますので「広い世界を知りたい」という人にとって魅力的な環境かもしれません。

都会で就職するデメリットは競争社会を生き抜く必要がある

都会で就職するデメリットは「競争社会で生き抜く必要がある」になります。


前述に紹介しているように、都会では「全てが揃っている」という点から、スキルが高い人材が多く、できる人とできない人の差が激しいのが現状です。


たとえばですが、大学を出て資格を取得している人は地方でもいると思いますが、都会ではプラスで「IT分野のスキルもある」「大手企業とパイプがある」など、他の人と差別化できるなにかを持っている人が当たり前のようにいます。


都会に出て就職するということは、こういった優秀な人材と戦う必要があり、競争社会を生き抜くためにはあなたが思っている以上の努力をしないといけません。

都会で就職することを検討しているなら早めに決断しよう

メリット・デメリットを把握した人で「それでも都会に出て広い世界を知りたい」という気持ちの人は、早急に就職先を探すことをおすすめします。

都会の求人は奪い合い

そもそも就職は1歳でも若いほうが有利なのと、都会の求人は奪い合いになりますので「明日応募しよう」などの考えでは就職できない可能性が出てきます。


人口が多いと1社に対して応募する人数が多くなり、優良企業では「求人を出したら100人もの面接希望がきた」ということもあります。


企業としても採用数に限りがあり「規定に達したら募集を打ち切る」というは当然の流れですので、規定に達する前に面接に行くことはめちゃくちゃ大事になります。

勝ち抜くために利用できるものはフル活用しよう

地方の人が都会で求人を探す際は、転職エージェントをしっかり活用していきましょう。


転職エージェントなら、あなに最適な企業や地方から出てくる際のフォローもしてくれるので利用価値はかなり高く、転職エージェントを活用しない就職活動は失敗する可能が高くなります。


地元からせっかく出たにも関わらず「フリーターです」というのは本末転倒なので、自分が有利になれる方法は徹底的に利用し優良企業の内定をゲットしていきましょう。

転職エージェントを利用して効果的に活動しよう


地元でフリーターをしつつフリーランスも検討しみよう

都会に出て就職することもOKですが、今の時代は働き方が多様化されていますので、地元でフリーターをしつつフリーランスとして活動することも視野に入れてみてください。

フリーランスなら場所を問わず活躍できる

フリーランスならばたとえ田舎だろうと有意義な人生を送ることができます。

地元を出たい理由を思い出してみよう

都会に出て就職したい理由を思い出してください。
たぶんですが、「お金を稼ぎたい」「幅広い人脈と知り合いたい」「仕事を選びたい」になると思うのですが、これって就職しなくても叶えることはできます。


たとえばですが、フリーランスで人気の高いプログラマーなら今の生活のまま働くことができ、さらにプログラマー仲間を作れば幅広い人脈と知り合うことも可能です。

ちなみに、プログラマーは東京に多いのでプログラマー仲間を作ればかなり高い確率で東京の人とつながりを持つことができます。


フリーランスになって色々な地域で働くもOK

僕自身、「フリーター→会社員→フリーター→フリーランス」という人生を歩んでおり、現在はフリーランスとして悠々自適な生活を送っています。


そして、フリーランスのメリットでもある「場所を選ばす働ける」ということから、さまざま地域で働くことができています。


たとえばですが、フリーランス仲間が東京にいるので、1週間は東京に行って仕事をしつつ情報交換や東京にしかない企業に勤めている人を紹介してもらい交友関係を広げるなどもできています。

地方だからと卑屈にならなくてOK

結局は働き方でモチベーションは変わるので「田舎だからな……」という気持ちにならなくてOKです。


もちろん、「都会の企業に就職したい」という思いの人は地元から出て就職することが最適ですが、「お金を稼ぎたい」「幅広い人脈と知り合いたい」「仕事を選びたい」という思いは、フリーランスでも叶えられるということは覚えておいてください。

副業から初めてみよう


まとめ:あなたはどんな人生を歩みたい?

今回は「田舎暮らしのフリーター向けに都会で就職するメリット・デメリット」について紹介してきました。

都会に就職するメリットのおさらい

  • 大手企業がある
  • 給料が高い会社が多い
  • 求人の量や種類が豊富
  • 多種多様な人脈と知り合える
  • 仕事のスキルが上がりやすい

上記が都会で就職するメリットになり、デメリットは「競争社会を生き抜く必要がある」になります。


都会には田舎にないものが全て揃っているので、思い切って地元を出てみるとあなたの思いを叶えることができるかもしれません。


しかし、昨今は働き方が多様化されているので、「お金を稼ぎたい」「幅広い人脈と知り合いたい」「仕事を選びたい」という思いならフリーランスでも叶えることは可能です。

フリーター・ニート・新卒・代二新卒に特化した転職エージェントのまとめ

内定率が高いフリーターにおすすめの転職エージェント13選

転職エージェントは、転職を検討している方に対して仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

「学歴がない……」「職歴もない……」などの悩みを抱え、正社員になることを諦めている人は相談してみる価値あり!

転職エージェントは完全無料なので「正社員になりたい!」という思いがあれば誰でも利用可能です。

退職代行おすすめ12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう

おすすめの退職代行12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう
  • 会社を辞めたいけど上司が怖すぎて言えない
  • かなり疲れておりすぐに辞めたい
  • 職場環境的に辞めると言いづらい
  • とにかく今の職場を辞めたい

上記の思いを持っている方は退職代行を利用するタイミングかもしれません。

良質な会社なら忠誠を誓ってもいいですが、ブラック企業で消耗しても残るものは少しのお金と疲労感だけです。

人生や仕事の選択肢なんて無限大なので、すこし肩の力を抜いてみるのもありかなと思いますので、退職代行で人生をリスタートさせてみましょう。

失業保険しか貰わないのは損!
「退職コンシェルジュ」で最大28か月分の給付金を受け取ろう!

スクロールできます

退職したとき失業保険を貰えることは知っていると思いますが3か月程度しか受け取れないことがほとんです。

しかし、実は他にもお金を受け取れる仕組みがたくさんあることを知っている人は少なく、貰えるお金を貰わないで損をしているケースがあります。

  • 年齢が20歳~59歳
  • 社会保険に1年以上加入している(アルバイト・パートでもOK)
  • 退職前、退職予定の方
  • 転職先が決まっていない

上記に当てはまる人は誰でも貰える権利がありますので、最大28か月間お金が受け取れる社会給付金を受け取るためのサポートサービス「退職コンシェルジュ」をチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次