【人生は短い】あなたの自由な時間は残り〇〇年!?人生を豊かにする行動とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
【人生は短い】あなたの自由な時間は残り〇〇年!?人生を豊かにする行動とは?
  • URLをコピーしました!

1日24時間という時間はすべての人に平等に与えられており、その時間をいかに唯意義に過ごしていくかが大切になってきています。


人生100年時代と言われていますが、元気で活動できる時間はとても限られています。


この記事では、時間の価値を再認識し日々をより豊かに過ごすためのポイントをご紹介します。

目次

あなたの自由な期間は残り何年?

まずは時間の大切さを認識するために、90歳で生涯を閉じる場合の「あなたに残された自由な年数」をチェックしてみましょう。

90歳までに使われる年数

以下の項目は、人生において誰もが体験する出来事の平均時間を90歳まで繰り返した際に減る年数を算出したものです。

  • 1日8時間睡眠した場合、合計で約30年間寝る
  • 大学まで行くと4年間もの時間を使う
  • 20代〜60代まで40年間1日9時間で245日を仕事にあてたとすると10年間減る
  • 平均通勤時間片道40分で、1.5年間減る
  • 日本人の食事は1日90分で5.5年減る
  • 家事(洗濯・買い物・掃除など)において、男女の平均は1日2時間で7.5年減る
  • 娯楽(テレビや友人と遊ぶなど)の時間は1日2時間半で9年減る
  • スマホを触っている時間1日3時間で10歳〜70歳まで使うとして7.5年減る

これらの項目を逆算すると、90歳で生涯を閉じた場合、あなたに残された自由な時間は約15年になります。


ちなみにですが、健康寿命が前提の結果なので、日常生活に制限のある期間を含めるともっと短くなります。


日本では健康上の問題で日常生活に制限のある期間が「男性約8年・女性約12年」なので、男女ともに10年前後にわたって健康上の問題を抱えながら日常生活を送ることになります。


つまり、自由に使える年数は90年間の間で約3〜7年しかないことになります。

なお、日本人の平均寿命は84歳ですが、100年時代とも言われているので、中間として90歳に設定しました。


人生は短いことを受け入れ瞬間の価値を高める

私たちの時間は限られています。大切なのはその事実を受け入れ、現在の瞬間に集中し目標を設定し優先順位を明確にすることです。

人生の有限性を受け入れる

人生の有限性を理解することは、それぞれの瞬間の価値を高め、より意味のある生活を送るための鍵となります。私たちが日々感じる時間の速さは、忙しさや重要でないことに時間を使ってしまうことで、より一層人生の短さを実感させます。


たとえば、学校や仕事で忙しい一日を過ごしたあと、何も成し遂げていないように感じることがあります。これは、本当に価値のある活動に時間を使っていないからかもしれません。


一方で、友人や家族と過ごす時間、趣味や情熱に没頭する時間は、より充実感を感じさせ、人生の短さをポジティブなものとして捉えさせてくれます。


だからこそ、人生の有限性を受け入れ日々を意味のある方法で過ごすことが重要です。それにより「人生は短い」という感覚を、より豊かな人生を送るための動機付けに変えることができます。

人生の時間を最大限に活用する方法

人生の時間を最大限に活用するには、目標を設定しつつ優先順位を明確にし、余計なものを手放すことです。


時間は有限であり、どのように使うかが私たちの人生を形作ります。目標を持ち、それに向かって努力することで、時間を有意義に使うことができ、何が本当に大切かを考え、それ以外のことは積極的に断ることで大切なことにもっと時間を割くことができます。


時間を賢く使うためには、自分にとって何が大切かを見極め、それに基づいて日々の選択をすることが重要です。

現在に集中する重要性

現在に集中することは人生の短さを受け入れ、それを最大限に活かすために不可欠で、「人生は短い」という認識は、私たちがどのように時間を過ごすかに大きな影響を与えます。


忙しい毎日のなかで過去の後悔や未来の心配に時間を奪われがちですが、現在の瞬間に意識を集中させることで、人生の質を高めることができます。


現在に集中する習慣を身につけることで、私たちは人生の短さを前向きなものとして受け入れ、毎日をより意味深く、充実したものにすることができますので、今この瞬間に焦点を当てることの重要性を理解してみましょう。

やりたいことがあるなら今すぐ行動する

人生は予測不可能であり、時間は待ってくれません。そのため、やりたいことがあるなら、躊躇せず今すぐにでも行動を開始することが大切です。

目標に向かって一歩を踏み出す

やりたいことを実現するためには、「後で」「いつか」ではなく、今行動を起こすことでが大切です。


繰り返しですが、残された時間は予想よりも短いので、機会を逃すことなく最大限に活用するためには、積極的に行動する必要があります。


未来は誰にも予測できません。だからこそ、やりたいことがあるなら、今この瞬間から行動を起こすことが、夢を現実に変え残された時間を有効活用するための鍵となります。

自由に使える期間はあと3〜7年

自由に使える時間がわずか3〜7年だとしたら、その時間をどのように過ごしますか?この数字を目の当たりにすると、一瞬で息をのむような衝撃を受けるかもしれません。


しかし、この認識は私たちに時間の価値と、その使い方について深く考えるきっかけを与えてくれ、時間は誰にとっても平等に与えられた資源ですが、その使い方によって得られる価値は大きく異なります。


この限られた時間をどのように使うかは完全にあなた次第です。
そして、人生は短いと言われるが、一番感じる長い体験でもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次