【挽回のチャンス】就活を諦めて一旦フリーターになるのはOK

就活を諦めてフリーターになる人
  • URLをコピーしました!

フリーターになることについて質問したいです。 就職活動をしている学生なのですが、なかなか内定を頂くことができません。まだ諦めないで就活はする予定なのですが、一度フリーターになろうかと思っています。正社員になる努力はしますが、フリーターになることで気落ちして身動きが取れなくなりそうで不安です。

就活に失敗してフリーターになることが不安に感じている人は多いと思います。


しかし、フリーターになることで一旦は就活から解放されるので「就活に失敗した原因」を振り返る機会でもあり、問題点を改善することでいくらでも挽回することは可能です。


本記事では、就活に失敗してネガティブになっている人向けに「フリーターになっても問題ない」ということから、今後の対策について解説していきたいと思います。

目次

就活を諦めて一旦フリーターになってもOK

若いうちは正社員で働いて基本的なことを学んだ方がいいのでなるべく早く正社員になることをおすすめしますが、現実問題「就活がうまくいかない」という人はいますので、一旦フリーターになってリフレッシュするのもありです。

正社員にならないといけない理由はなに?

就活がうまくいかない人に質問ですが、今すぐ正社員にならないとダメな理由はなんですか?


たぶんですが、「親が早く就職先を見つけろと言う」「同期が次々内定しているから」になると思いまが、これでは就活がうまくいかないのは当然かなと思います。


なぜなら、あなたの意思ではないので「本気でその企業に就職したい」という気持ちになれていない可能性があります。


やはり、本気度がないと「とりあえず感」が出るので、なんとなく面接に挑んでいることが内定されない要因になっているかもしれません。

100社も不採用になりました

「100社受けても全て不採用……」という人がいますが、100社の全てを本気で受けてはいないですよね。せいぜい本気で挑んだのは10社程度ではないでしょう?


つまり、途中から「行きたい企業に就職する」ではなく「とにかく就職しなくては」という気持ちになってしまい「数撃ちゃ当たる」という方法に出てしまっているかもしれません。


そして、あなたは数撃ちゃ当たるという気持ちで面接に挑んでいるかもしれませんが、他の応募者はその企業に本気で就職したい人たちなので、意気込みや本気度が違い、採用される可能性が高いのは本気で面接に挑んでいる人になります。

フリーターになって模索すればOK

世の中にはどうしても「フリーターはダメだ」という意見があり、ここを覆すことは難しい問題です。
しかし、全てのフリーターがダメということはなく、目的があり行動しているのであればまったく問題ありません。


事実、新卒の就活で失敗した人がフリーターになりさまざまな仕事や人に触れたことで「本当にやりたいことが見つかった」という人は大勢います。


また、政府は企業に対し卒業後3年以内は新卒とみなすよう要請を出しており、厚生労働省の2020年8月の「労働経済動向調査」結果の概況14p.によると、2019年度新規学卒者の採用枠で既卒も応募可とした企業は全体の70%にのぼり、そのうち46%は実際に採用を行っているとされています。このデータから、既卒であっても新卒と同じように扱う企業は多いので、新卒で就活に失敗してもチャンスは十分あります。


もちろん、落ち込む気持ちは分かりますが、これからの行動次第でいくらでも挽回できますので、一旦はフリーターになってこれからの人生を模索していけばOKです。

フリーターになっている期間を有効活用しよう

就活がうまくいかずフリーターになることはまったく問題ありませんが、「就活がうまくいかなかったからフリーターでいいや」は絶対にNGです。


フリーターでいる期間をしっか有効活用し、これらかの人生設計をしてください。

就活がうまくいかなかった原因を解明する

フリーターになってそのまま就活を続行するのはおすすめできません。


まずは、「なぜ就活がうまくいかなかったのか?」を解明することが大事になり、ここを疎かにしてしまうと同じことの繰り返しになる可能性が非常に高くなります。

 就活に失敗した原因を探ろう

  • そもそも本当に行きたい企業だったのか
  • 業界の分析はできていたのか
  • 自己分析が不十分だったのでは
  • 就活に積極的だったのか
  • 大手企業ばかり狙っていたのでは

上記のように、うまくいかなかった原因を一つひとつ探ってみてください。
就活から一旦解放されている今なら、何がダメだったのか冷静に分析することができます。

転職支援サービスをフル活用する

就活がうまくいかなかった原因を探りつつ転職支援サービスを活用し「就活がうまくいかなかったとき」「これからの活動方針」をプロに相談することをおすすめします。


転職支援サービスでは、就活アドバイザーから仕事選びのアドバイスをもらえるうえ、求人紹介が受けられます。
また、応募書類の添削や模擬面接といった選考対策も行ってもらえるので、これまでの活動方法やこれからの活動方法を総合してあなたに適した活動を提案しサポートしてくれます。


「就活がうまくいかない」というのは必ず原因があり、その原因は本人が気づいていないことが多々ありますので、プロの意見を仰ぎ改善することは重要になります。

【要注意】目的を忘れないようにする

将来を考えないで遊んでいるフリーター

フリーターになるうえでの注意事項ですが、あなたと同じように「就活がうまくいかなかったから一旦フリーター」や「特に理由もなく楽だからフリーター」など、フリーターをしている理由は本当にさまざまです。


そして、就活がうまくいかなかった人はメンタルが落ちている状態でもあるので、簡単に楽な方に流されていまい、「もうフリーターでいいかな」と思ってしまう人が多いですが、これは絶対にNGで将来を捨てる行為になります。


フリーターは今という一瞬だけを見れば正社員より給料がよく、自由で気ままな生活を送ることができますが、数年後には必ず後悔する日が訪れ、「若いうちにちゃんとやっておけばよかった」と誰もが思います。


繰り返しですが、アルバイト先で気ままにフリーターをしている人がいても「うらやましい」「楽しそうだから自分も仲間になろう」とは絶対に思わないようにしてください。


あなたの目的はフリーターになって効果的に就活することです。

まとめ:あなたはまだ失敗していない

今回は「就活を諦めてフリーターになってもOK」という内容でした。


繰り返しですが、フリーターになってもまったく問題ありませんが、フリーターになる目的を絶対に忘れないようにしてください。


フリーターはただ楽な生活を送るためにあるのではなく、次に繋げるつなぎでしかありません。
就活がうまくいかなく落ち込みたい気持ちは分かりますが、あなたの力を活かせる場所が必ずありますので自分を信じ未来に向けて行動してみてください。


そして、あなたはまだ失敗していません。
人生で少しつまずいた程度です。

\ランキング参加中/
ポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

フリーター・ニート・新卒・代二新卒に特化した転職エージェントのまとめ

既卒・代二新卒・フリーター・ニートにおすすめの転職エージェント13選

転職エージェントは、転職を検討している方に対して仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

「学歴がない……」「職歴もない……」などの悩みを抱え、正社員になることを諦めている人は相談してみる価値あり!

転職エージェントは完全無料なので「正社員になりたい!」という思いがあれば誰でも利用可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる