【即日辞める方法あり】仕事を辞めたいと言えない理由と対処法の解説

【即日辞める方法あり】仕事を辞めたいと言えない理由と対処法の解説
  • URLをコピーしました!

仕事を辞めたいと思いつつも、「上司が怖くて言えない」「職場に迷惑がかかるから言えない」などの理由から退職を先送りにしている人は多いと思いますが、退職を先送りにすることはあなたにとっても会社にとってもいい結果にならないことがほとんどです。


そこで、本記事では「仕事を辞めたいけど言えない」と悩んでいる人に向けて、辞めたいと言えない理由から対処法を紹介していきますので、参考にしつつ「新しい場所で人生を再スタートさせるキッカケ」にしてみてください。

目次

仕事を辞めたいと言えない理由から対処法

仕事を辞めたいと言えない理由は下記が主な原因になると思います。

  1. 職場に迷惑がかかりそう
  2. 引き止められたら従ってしまいそう
  3. 辞めたあとが決まってない
  4. 上司が怖くて言えない
  5. 家族の反応が気になる


①:職場に迷惑がかかりそう

同僚に申し訳ない気持ちや、自分が辞めることによって周囲に迷惑がかかることを気にして「辞めたい」と言えない人は多いです。


ここに関して言えることは、あなたが退職したあとの問題は「会社が考えるべきこと」なので一切気にしなくてOKです。


そもそも論、どんな理由があれ「辞めたい」と思わせた会社にも責任はありますので、あなただけが会社のことを考える必要はありません。

②:引き止められたら従ってしまいそう

退職あるあるですが、「退職を伝えて引き止められたら従ってしまう」という人は多いです。
やはり、上司に言われたら従ってしまうことがあると思いますが、説得され優しい言葉を言われても聞き入れなくてOKです。


基本的に上司が引き止める本当の理由は、自分が負担になってしまうことを避けたいだけで、あなたのことを思って発言する人はいませんので、「引き止める価値はありませんよ」ということを全力で伝えみてください。


あなたのことを本当に考えてくれている人なら「あなたの気持ちを汲み取った発言」をしてくれます。

退職を伝えたとき上司が発言する内容をしっかり聞いてみてください。優しく言っているように見えて自己都合ばかりな発言に気づくはずです。


③:辞めたあとが決まってない

辞めたあとのことが決まっておらず「辞めたいけど言えれない」という人は多いと思いますが、下記のような救済処置があるので特別悩むことはありません。

お金の問題はどうにかなる

種類内容
失業保険の基本手当求職中の生活を安定させるために支給されるお金
技能取得手当公共の職業訓練を受けるために貰えるお金
傷病手当病気やケガで働けないときに貰える(基本手当の代わり)
特例一時金季節的(短期的)に働く人が失業したときに貰えるお金(基本手当の代わり)
日雇労働求職者給付金日雇い労働者が失業したときに貰えるお金(基本手当の代わり)
就職促進給付失業者の早期再就職を図るために支給されるお金
教育訓練給付金再就職に向けて必要な勉強をする人が貰えるお金
広域求職活動費遠方にある企業を訪問して面接を受ける場合に貰えるお金
移転費遠方への就職で住所を変更する場合に貰えるお金

退職には転職先だけではなく、お金の問題もあると思いますが上記のように国や地方自治体からさまざまなお金を貰える制度があり、昨今はコロナウイルスの影響から「特例の給付金」が支給される可能性もありますので、お金の問題で辞めたいと言えない人は自分がどの制度を受けれるのか整理してみてください。


また、上記に加えて下記の要件に当てはまる人は「社会保険給付金の対象者」なので、最大28ヶ月間の給付金を受け取ることができます。

  • 年齢が20歳~59歳
  • 社会保険に1年以上加入している(アルバイト・パートでもOK)
  • 退職前、退職予定の方
  • 転職先が決まっていない

退職したあとのお金の問題は意外とどうにかなるのと、あなたには受け取る権利があるので把握しておきましょう。
社会保険給付金についてはこちらをチェックしてください»社会保険給付金サポート

あと、実家に戻るのも一つの手で、戻ることが可能な人ならこの方法が一番最適ですので手当をもらいつつ転職先を探すもOKですし、一旦フリーターになって脳内リフレッシュするでもOK。


④:上司が怖くて言えない

「上司が怖くて言えない」という人は少し危険な状態であると考えています。

  • 辞めることもできずストレスを抱えながら仕事を続けないといけない
  • 精神的に参ってしまう可能性があり、病気が原因で退職することもある
  • そもそも恐怖心を感じている現状が危険

上記のとおり、職場内で恐怖心を覚えている状態はあなたの人生に多大な損害を及ぼす可能性があり、一人で解決するには問題が大きすぎなので、自分でどうにかしようと思わず信頼できる先輩や人事部などの「第三者」に相談してみてください。


恐怖心を一度抱えてしまうと払拭するのは難しい問題ですし、性格的な問題でもあるので一人で抱え込むのは状況を悪くするだけです。


重要なので繰り返しますが、恐怖心がある人は「一人で悩まない」「第三者に相談する」を徹底してください。

⑤:家族の反応が気になる

仕事を辞めることで「家族に迷惑がかかるのでは?」「反対され甘えるなと言われる」などの理由から辞めると言えない人はいます。


家族としては「せっかく入社しのたにもったいない」という意見になるのは当然の流れかもしれませんが、「辞めたい」と思っているのはあなたであり、働いているのもあなたですので、家族の意見は客観的な意見でしかありません。


また、親に関しては、「入社したら辞めないのが普通」という考えが根付いている世代でもありますので、ここの考え方を覆すためにも「相手が納得できる理由」を伝えてみてください。

考え方が違う相手は納得させることが重要

  • パワハラを受けているなどの問題点を明確に説明する
  • 「他の仕事がしたい」だけでなく行き先が決まっていることを伝える
  • 行き先が決まっていない人は、今後のビジョンを明確に説明する

友人なら「仕事を辞めたい」と伝えても「合わないなら辞めてもいいんじゃない?」と簡単に解決しますが、身内である家族は「会社に入社するまでの過程」を知っており、さまざまなことで助けてもらっているのは事実ですので、恩を仇で返すのではなく納得する説明をしっかり伝えてみてください。

辞めたい気持ちがあるのに会社に残ることは誰も得しない

辞めたい気持ちがあるのに会社に残り続けることは誰の特にもなりません。

  1. 辞めたい気持ちがある人が会社の利益を出せるとは思えない
  2. ズルズル続けたあとの退職はリスクでしかない
  3. モチベーションが低い人がいると返って迷惑

先送りにすることで上記のようになります。

①:辞めたい気持ちがある人が会社の利益を出せるとは思えない

たぶんですが、「辞めたい」と思っている時点で入社時に思っていたような「やる気」はありませんよね。


朝起きた瞬間から「会社に行きたくない」「ダルい」という気持ちになっている人がほとんどだと思いますが、このような状態で会社の利益になるような行動はできませんし「やろう!」とも思わないですよね。


つまり、会社のために働く気になれない状態ですので、今の職場にあなたがいても会社の利益になることはありません。

②:ズルズル続けたあとの退職はリスクでしかない

いつまでも退職しないことは将来的にリスクになる可能性があります。

退職を先送りにするのはリスクでしかない

  • 転職が不利になる
  • 早めに辞めておけばできることが他にもあったと後悔する
  • ストレスを溜め続けてしまった挙げ句の退職は社会復帰が困難になることも

上記のようになる可能性があり、先送りにすることは自分の市場価値が下がっていくことは覚えておいてください。


転職に限ったことではなく、失敗しても若いうちならいくらでもやり直しができるので決断は早いにこしたことはありません。

③:モチベーションの低い人がいると返って迷惑

あなたは「辞めたい」という思いから仕事に対するモチベーションは低下していると思いますが、他のスタッフはそうではありません。


会社のことを思って働いている人はおり、モチベーションの低い人が同じ環境にいることで「やる気が削がれる」と感じる人はいます。


事実、辞めたい相談を受けたことのある人は「こっちまでテンションが下がる」「ネガティブな発言は聞きたくない」という意見もありますので、辞めたい気持ちになっている人がいると返って迷惑に感じる人は一定数います。

早急に退職したいなら退職代行サービスも検討しよう

さて、これまで「仕事を辞めたいと言えない人の理由から対処法」「辞めたい気持ちがあるのに会社に残ることは誰も得しない」ということを伝えてきましたが、最後に「仕事を辞めたけど言えない……でも早急に退職したい」という人のために退職代行について紹介します。

退職代行サービスは退職希望者の変わりに退職を行う

退職代行サービスの概要を簡単にまとめると下記になります。

退職代行サービスの魅力

  • 退職者の変わりに職場へ通達し最短1日で退職も可能
  • 有給の処理から給料や退職金の支払いにも対応
  • 離職票の送付や職場からの借り物等の処理
  • 会社から本人に連絡が来た際の対処

最短でその日から出社しなくても大丈夫という事例もあるので「明日から会社に行きたくない」という気持ちになったとき頼ってみるのも手ですね。

ちなみにですが、退職代行サービスは24時間いつでもお問い合わせ可能な業者が多いので深夜にふと「会社辞めようかな」と思ったときも柔軟に対応してくれます。


恐怖を感じている人は今すぐ第三者に頼ろう

「上司が怖くて言えない」で触れているように、恐怖を感じている人は退職代行サービスに頼ることを推奨します。


繰り返しですが、恐怖を感じている人は適切な判断が下せない場合が多いので独自の判断はNGなのと、洗脳状態と似た感じなので「これが普通」と思い込んでいる状態でもあります。


精神的に問題ないならいいですが、キツイようなら「退職代行でキッパリ辞めて次の人生に向けて動き出す」という方法もありますので、専門の方に相談し状況を伝えてみてください。

退職代行サービスの相場は25,000〜50,000円ですが、円満かつスムーズに退職でき、スッキリした状態で新しい人生をスタートできるならお金を払ってでも利用する価値はあります。


退職代行についてはこちらでまとめていますので「早急に退職し新しい人生をスタートさせたい」という人はチェックしてください»退職代行おすすめ12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう

まとめ:精神消耗する人生はマジでつらい

今回は「仕事を辞めたいと言えない」についてでしが、あなたの人生はあなたのものです。
会社のために人生を捧げる必要はまったくありませんし、辞めたことで業績が悪くなってもそれは会社の問題なので気にしなくてOK。


また、辞めたい気持ちを抱えたまま勤務することはストレスとして蓄積され過労の原因にもなり、適切な判断ができない状態になることも考えられますので、辞めたい気持ちがある人は早めに行動し新しい場所で再スタートすることをおすすめします。


なお、誰しも選択の自由があり、もちろんあなたにもありますので、「今が全てではない」ということは覚えておいてください。

フリーター・ニート・新卒・代二新卒に特化した転職エージェントのまとめ

内定率が高いフリーターにおすすめの転職エージェント13選

転職エージェントは、転職を検討している方に対して仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

「学歴がない……」「職歴もない……」などの悩みを抱え、正社員になることを諦めている人は相談してみる価値あり!

転職エージェントは完全無料なので「正社員になりたい!」という思いがあれば誰でも利用可能です。

退職代行おすすめ12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう

おすすめの退職代行12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう
  • 会社を辞めたいけど上司が怖すぎて言えない
  • かなり疲れておりすぐに辞めたい
  • 職場環境的に辞めると言いづらい
  • とにかく今の職場を辞めたい

上記の思いを持っている方は退職代行を利用するタイミングかもしれません。

良質な会社なら忠誠を誓ってもいいですが、ブラック企業で消耗しても残るものは少しのお金と疲労感だけです。

人生や仕事の選択肢なんて無限大なので、すこし肩の力を抜いてみるのもありかなと思いますので、退職代行で人生をリスタートさせてみましょう。

失業保険しか貰わないのは損!
「退職コンシェルジュ」で最大28か月分の給付金を受け取ろう!

スクロールできます

退職したとき失業保険を貰えることは知っていると思いますが3か月程度しか受け取れないことがほとんです。

しかし、実は他にもお金を受け取れる仕組みがたくさんあることを知っている人は少なく、貰えるお金を貰わないで損をしているケースがあります。

  • 年齢が20歳~59歳
  • 社会保険に1年以上加入している(アルバイト・パートでもOK)
  • 退職前、退職予定の方
  • 転職先が決まっていない

上記に当てはまる人は誰でも貰える権利がありますので、最大28か月間お金が受け取れる社会給付金を受け取るためのサポートサービス「退職コンシェルジュ」をチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次