中卒に仕事がないは嘘。就職先を見つける方法から人生を有意義に変えるコツの解説

中卒に仕事がないは嘘。就職先を見つける方法から人生を有意義に変えるコツの解説
  • URLをコピーしました!

中卒者の多くは「仕事がない」と思いがちですが、中卒者でも就職先はあり正社員として安定した生活を送ることは可能です。


ただし、闇雲に活動しても「行き先がない」となる可能性が大なので、本記事では中卒者が就職先を探す際のポイントや「中卒の求人が少ない理由」「中卒の人生が有意義になるコツ」などを紹介していきます。

目次

中卒に仕事がないは嘘

中卒の人は「学歴がないから仕事がない」と言いがちですが、そんなことはありません。
ほとんどの職は学歴不問で働くことができます。

企業が学歴を設定しているだけでしかない

学歴を設定しているのは企業側の問題であって、職種自体に学歴が必要なことはほとんどありません。


大卒しか入社できない仕事なんて「医者・薬剤師・宇宙飛行士」ぐらいのもんですので、この3つ以外の職種は中卒でも働くことができる会社が必ずあります。


僕は不動産業の経験があるのですが中卒から大卒までいた会社でした。


「仕事がない」ではなく選べる企業が少ないのは事実

前述のとおり、仕事がないということはありませんが、「入社できる企業が少ない」という事実はあります。


やはり、多くの企業は「高卒から」という条件を設けていることがほとんどなので、行ける企業に限りがあることは明白です。

中卒OKの求人が少ない理由

そもそも企業が中卒者を雇い入れたくないのは下記の理由があるからです。

  1. なんだかんだ学歴社会
  2. 専門的な知識やスキルがない
  3. 常識がないと思われがち
  4. 中卒者の人数が圧倒的に少ない
  5. 中卒=不真面目


①:なんだかんだ学歴社会

昨今は学歴社会という意識が低下しつつも、現実ではまだまだ学歴社会なのは間違いありません。
やはり、「高学歴=立派」という固定観念があり、この考え方が変わることはないでしょう。


このあたり、自分でも認識していることと思いますが、「中卒です」という人と、「大卒です」という人が目の前に現れた瞬間あなたはどのようにイメージしますか?


たぶんですが、「中卒か……」「大卒か!すげー」ですよね。


要するに、この認識が社会の考えであり「学歴」はその人の人柄を証明する材料でもあります。

②:専門的な知識やスキルがない

中卒の多くは教養がないことから、仕事に関する専門知識がないことや、活かせるスキルを持ちあわえていない人が非常に多いです。


高校や大卒に行けば専門的な学習をするだけでなく、卒業するまでの間に社会に出て役に立つ資格を取得する人も多く、高校や大学を卒業している人で「無資格」という人はあまりいません。


当然、企業としては会社の利益を上げれる人材が欲しいので入社時点で「専門的な知識もあり、スキルを持ち合わせている人」を採用したいのは当たり前の考えであり、学もなく知識やスキルがない中卒者をわざわざ採用するメリットはありません。

③:常識がないと思われがち

文部科学省が令和3年に公表した「高等学校教育の現状について」という報告によると、高校への進学率は98.8%(通信制含む)となっていますので、ほぼ全ての中学校卒業者が高校に進学していることが分かります。


つまり、中卒という人はそもそも非常に少ない存在なのです。


多くの人が学んでいる高等教育を中卒は受けていませんので、周りの人からは「常識がない人」「学習能力が低い人」と思われやすく、入社しても「問題を起こすのではないか」「取引先に不快な思いをさせるのではないか」といったマイナスイメージがあるので中卒者の就職は難しくなります。

④:中卒者の数が圧倒的に少ない

前述で触れているように、中卒者の割合は非常に少ないので中卒者をターゲットに採用するメリットがあまりありません。


企業としても採用にはコストがかかりますのでマイナスイメージが強い中卒を雇うよりも、リスク回避のために募集要項を高卒からにしたほうが効率がよくなります。


つまり、高卒が当たり前の日本で「わざわざ中卒者を雇い入れる理由がない」ということです。

⑤:中卒=不真面目

ぶっちゃけると、世の中の大半は「中卒=不真面目」という偏見があります。
もちろん、全ての中卒者が不真面目ということではなく立派な人もいます。


しかし、世の中の考え方として、これまでの解説のとおり「中卒」というだけでマイナスなイメージを持っている人が多く、企業としても「真面目に働く人を雇いたい」という当たり前の考えがあります。


事実、中卒者は「仕事が続かない」「マナーを知らない」「やる気を感じられない」「問題を起こす」といった人が目立つので、どうしても「中卒者=不真面目」とひとくくりにしてしまう傾向があります。

中卒者が優良企業に就職する効果的な活動方法

「中卒OKの求人が少ない理由」を見て分かるように、高卒以上の人と比べると就職が難しくなることや、よほどのコネや縁がないと大企業への入社は難しいですが、就職できないということではないので、ここから中卒者が就職先を見つける効果的な方法を紹介していきます。


しっかりポイントを押さえれば優良企業に就職することは可能ですのでチェックしてみてください。

アルバイトから正社員を狙う

アルバイトから正社員を狙うのは中卒者にとって最適な方法です。


たとえばですが、現在アルバイトをしているなら勤務先はあなたという人物像を把握しており、これまで真面目に勤めているなら学歴より「人柄」で採用してくれる可能性は非常に高いです。


また、学歴やスキルがなくてもアルバイトなら採用してくれる企業は多いので、「アルバイトで真面目に働く姿」をアピールすれば中卒でも正社員への道が開くことはあります。

就職支援サービスを徹底的に活用する

中卒でよくある「求人情報誌を見たけど仕事がない」ですが、これでは見つからないのは当然です。


そもそも求人情報誌は正社員募集に特化してないのと、繰り返しですが中卒者は「求人数がそもそも少ない」という前提がありますので、できるだけ多くの方法で求人を探す必要があります。

就職先を見つける手段はたくさんある

  • 求人サイト
  • 転職エージェント
  • 公的就職支援サービス

上記のように、世の中にはさまざまな就職支援がありますのでしっかり活用していきましょう。


また、就職支援サービスは無料なので使わないのは非常に損です。

知人などの知り合いから紹介してもらう

知人などの知り合いから紹介してもらえば、学歴を無視して採用されることはあります。
「親戚の会社に入社する」などがいい例です。


ただし、知り合いからの紹介で就職する場合はリスクもあり、「簡単に辞めれない」「他の人より優先してもらっている認識がいる」「紹介者のメンツを潰さないようにする」といったことに注意しないと、人間関係が悪化する可能性がありますので、メリット・デメリットを把握したうえで入社を検討してください。

狭い範囲で探すのは絶対にNG

繰り返しですが、中卒者の求人数は少ないので一つの方法で就職先を探しても「行き先がない」となる可能性が大ですので、利用できるものはしっかり活用し幅広い方法で活動してみてください。


たぶんですが、「中卒は仕事がない」とお考えの方はコンビニに立ち寄ったついでに求人情報誌を眺める程度のことしかしていないですよね。


世の中にはあなたが思っている以上に就職先を見つける方法はあり、しっかり活用できている人は中卒でも優良企業に就職できています。


中卒者は闇雲に活動しても「仕事がない」となるパターンが非常に多いですが、戦略的に活動すれば就職先を見つけることができますので»フリーターから正社員になる7つの方法から未経験OKのおすすめ求人の紹介も併せてチェックしてみてください。

中卒者に向けて人生を有意義にするアドバイス

中卒の方は「中卒だし人生こんなもんか」と何事も諦める癖がついている傾向にありますが、これからの行動次第でいくらでも有意義な人生に変えることはできます。


しかし、何も考えず日々を過ごしたところで変えることはできませんので、ここでは人生を有意義に変えるコツを紹介していきます。

4つのポイントを押さえてみよう

  1. 同じ境遇の人と固まらない
  2. やらない言い訳を作らない
  3. 何事もまずは挑戦すること
  4. 高卒以上の人より努力するのは必須

上記の内容を把握し考え方を変えればあなたの人生はいくらでも変えることができます。

①:同じ境遇の人と固まらない

中卒の人は同じ境遇の人、つまり中卒者と固まる傾向にありますがこれはおすすめできません。確実に情報不足になります。


言い方悪いかもしれませんが、似た者同士が固まっても何も生まれませんし、安心感があるせいか日々何もしないままに過ごしている人は多いと思います。


また、同じ境遇同士が集まるとどうしても狭い空間で生きてしまうので「それが普通」と思い込んでしまう傾向にあります。


もちろん、「交友関係を切れ」ということではなく、あなたにとってプラスになる存在との交流は考え方を変えるキッカケになりますので、有益情報を仕入れるためにも交友関係を見直してみてください。


②:やらない言い訳を作らない

中卒者の方はネガティブ思考な人が多く、何かと「学歴がないからできない」とやらない言い訳をしている人は多いと思いますが、「少しでも人生を変えたい」と思う人はやらない言い訳を作らないことです。


ここからは何も生まれませんし、できる可能性を自分で潰しています


就職だけに限らず世の中の大半はやったもん勝ちで学歴関係なく誰でも活躍できるフィールドは必ずありますので、「自分にはできない」などとは思わず行動してみてください。

③:何事もまずは挑戦すること

繰り返しですが、中卒の方はネガティブ思考の人が多いので、「できない」と決めつける傾向にありますが、「できるできない」は挑戦してはじめて分かることです。


たとえばですが、資格がいい例で「宅地建物取引士」などのように「士業の資格は自分には無理」と、参考書を読んだこともないのに「できない」と決めつる人が多いですが、過去のあなたは勉強しなかっただけで「できない」ということではありません。

挑戦はあなたの価値を高める

挑戦することは、さまざまな形で専門性を高めてくれることや能力を伸ばし社会的な価値を高めることに繋がり、あなたのキャリアプランに大きくプラスの影響を与えてくれますので少しでも気になる分野があれば挑戦してみてください。

④:高卒以上の人より努力するのは必須

当たり前のことですが、高卒や大卒の人は学生時代に将来のことを考えて努力したからこそ今の地位を手に入れています。


とはいえ、過去に戻って勉強することは不可能なので、過去に努力しなかったことを今から全力で努力してみてください。


今からでも全力で努力すれば必ず報われる日が訪れます。
そして、努力しリターンを得るには行動しないといけません。

まとめ:中卒でもできることはたくさんある

繰り返しですが、行ける企業が少ないだけで中卒でもできる仕事はたくさんありますので諦めず就職活動を行ってみてください。


ただし、中卒者の就職は闇雲に活動しても「行き先がない」となる可能性があるので、本記事で紹介しているポイントを押さえながら活動することをおすすめします。

超重要!

最後に一点だけ注意があり「就職は1歳でも若いほうが有利」ということは覚えておいてほしいと思います。


つまり、あなたの人生で「就職が有利なタイミングは今」ということです。

フリーター・ニート・新卒・代二新卒に特化した転職エージェントのまとめ

内定率が高いフリーターにおすすめの転職エージェント13選

転職エージェントは、転職を検討している方に対して仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

「学歴がない……」「職歴もない……」などの悩みを抱え、正社員になることを諦めている人は相談してみる価値あり!

転職エージェントは完全無料なので「正社員になりたい!」という思いがあれば誰でも利用可能です。

退職代行おすすめ12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう

おすすめの退職代行12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう
  • 会社を辞めたいけど上司が怖すぎて言えない
  • かなり疲れておりすぐに辞めたい
  • 職場環境的に辞めると言いづらい
  • とにかく今の職場を辞めたい

上記の思いを持っている方は退職代行を利用するタイミングかもしれません。

良質な会社なら忠誠を誓ってもいいですが、ブラック企業で消耗しても残るものは少しのお金と疲労感だけです。

人生や仕事の選択肢なんて無限大なので、すこし肩の力を抜いてみるのもありかなと思いますので、退職代行で人生をリスタートさせてみましょう。

失業保険しか貰わないのは損!
「退職コンシェルジュ」で最大28か月分の給付金を受け取ろう!

スクロールできます

退職したとき失業保険を貰えることは知っていると思いますが3か月程度しか受け取れないことがほとんです。

しかし、実は他にもお金を受け取れる仕組みがたくさんあることを知っている人は少なく、貰えるお金を貰わないで損をしているケースがあります。

  • 年齢が20歳~59歳
  • 社会保険に1年以上加入している(アルバイト・パートでもOK)
  • 退職前、退職予定の方
  • 転職先が決まっていない

上記に当てはまる人は誰でも貰える権利がありますので、最大28か月間お金が受け取れる社会給付金を受け取るためのサポートサービス「退職コンシェルジュ」をチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次