カテゴリー

アクセスが集まるブログ記事の書き方!テンプレート化して効率アップ

アクセスが集まるブログ記事の書き方
  • URLをコピーしました!

ブログを公開することは知識やアイデアを世界中と共有する効果的な方法ですが、適当に書いただけでは誰にも読まれないコンテンツになります。


そこで、ブログに多くの読者を集めるためのヒントとして、記事の書き方を紹介していきますのでしっかり学習し、テンプレート化してみましょう。


特にブログを始めたばかりの人は時間を無駄にしないためにも、早い段階で書き方を覚えクオリティの高い記事を公開してください。

目次

アクセスが集まるブログ記事の書き方

まずはブログ記事の書き方を下記の流れで解説していきます。

キーワードを選定する

記事の下書きを作成する

ブログ記事の構成を理解する

魅力的な見出しを作る

CTA(コール・トゥ・アクション)の導入

SEOに最適化する

記事を編集し公開する


キーワードを選定する

ブログ記事を書き読者を集めるには検索上位にランクされる可能性のあるキーワードを選定します。そのためにはキーワード調査を行い、そのトピックに最も関連性の高いクエリを見つける必要があります。


キーワード調査を行う際は、より具体的なフレーズであればあるほど、読者の意図により近いものになることを理解しておきましょう。


キーワードの選定が終わったら、そのキーワードをもとにコンテンツの構成を考えましょう。そのキーワードを検索して、どのような記事が成功しているかを調べ、その内容をじっくりと見てみましょう。そうすることで何をどのように構成するかという点で、自分の記事のインスピレーションを得ることができます。

記事の下書きを作成

ブログ記事の書き方を学ぶ上で重要なのは、記事そのものを作成する前に徹底したリサーチを行い記事の全体像として下書きを作成することです。

見出しまで完成させると書きやすい

まずは、整理されたアウトラインの骨格となる見出しの作成から始めましょう。見出しは記事を一口サイズのセクションに分解するのに役立ちます。

下書きの例

上記は僕が記事を書くときの下書きの例です。狙っているキーワードの上位表示を簡単にまとめる感覚で作成すれば要点を整理することができます。

ブログ記事の構成を理解する

ブログ記事の下書きが完成したら実際に文章を書き始めましょう。ブログの記事は「書き出し(リード文)・本文・結論」の3つの要素に分かれます。

まずは書き出しで読者を惹きつける文章を作成しましょう。関連する引用や統計から始めたり、短いストーリーを話したり、興味深い事実を共有した文章を書いてみましょう。そして、本文でこれから話すことの簡単な要約を話して、記事のトーンを設定します。こうすることで読者に読み進める理由を与えることができます。

最初は難しいと思いますので、ポイントとして「本記事では〇〇について解説しています。この記事を読めば〇〇を解決することができます。」のように、解説する内容の要約と、解決できる理由や内容を書いてみましょう。

次に、本文を埋めていきます。下書きで作成した見出しを埋めておけば全体図は完成しているので、各見出しを解説することを意識して書けばスラスラ書けるはずです。


本文はブログ記事の核となる部分なので明確で説得力のある文章にする必要があります。無駄話や繰り返しを避け、あなたの知識、研究、洞察を共有することで深い価値を提供することができます。


最後に記事の内容を簡単かつ明確に要約した文章で締めくくりましょう。読者は最初に読んだ内容を忘れていますので、まとめ部分で本文の内容が分かる構造にしてみましょう。


なお、まとめは下記のように箇条書きが有効的です。

  • 上位にランクインするためにキーワードを選定する
  • 誰に向けてどんな情報を提供するのか考える
  • 下書きを作成れば記事が書きやすい
  • 魅力的な文章を書くには「書き出し(リード文)・本文・結論」を意識する

記事の題材となる部分を簡単にまとめて箇条書きで表記すると最後におさらいとして読者に伝えることができます。

魅力的な見出しを作る

ブログ記事を書くときは優れた見出しも重要です。理想としては各見出しだけで内容が伝わるように作成することをおすすめします。


読者は基本的に全文を読むことはありませんので、効果的に伝えるために見出しを見るだけで内容が伝わる工夫をしてみましょう。


いい見出しを書くにはいかに読者の立場に立って考えるかが重要です。知的好奇心を満たす、新しいことを教える、問題を解決する手助けをするなど、記事が何らかの形で読者に利益をもたらす価値ある洞察を提供することを伝えてみましょう。

CTA(コール・トュ・アクション)の導入

ブログが特定のトピックについて人々に情報を提供するものであるのと同様に、読者に特定の行動を起こさせる重要なツールとして使用することができます。これにはブログの購読から購入に至るまで、あらゆるものが含まれます。


この要素はCTA(コール・トゥ・アクション)と呼ばれ、あなたの目的を魅力的に示すリンクやボタンとして表示されます。ブログで最も一般的なコールトゥアクションの例としては、「資料請求はこちら」「お問い合わせる」などをボタンで作成します。

CTAを使用することで最終的に利益につなげることができます。当面の目標は読者を増やすことですが、いずれはブログを収益化したいと思う人はCTAの導入をしておきましょう。

SEOに最適化する

SEO計画にはブログ記事を書く前とあとの両方でコンテンツを最適化することが含まれます。これは最初に解説している「キーワードを選定」で述べた調査を行うだけでなく、それらのキーワードを使って最終的な記事を磨き上げることも含まれます。


まず、記事中に関連するキーワードを散りばめることから始めます。たとえばですが「副業 おすすめ」というキーワードを選んだとします。このキーワードを「見出し・本文」に使用します。


次に、このキーワードをメタデータに含めます。メタデータにキーワードを含めることでGoogleのクローラーが記事の内容を把握しやすくなりますので、「タイトル(メタタイトルと呼ばれる)・メタディスクリプション(短い説明文)・記事のURL・記事に挿入する画像」にキーワードを追加しておくと、狙ったキーワードで上位にランクインする可能性が出てきます。


これらのSEO機能を利用してブログ全体のパフォーマンスを向上させましょう。

記事を編集して公開する

記事を公開する前に「推敲・校閲・校正」を行います。

  • 推敲:文章をよくするために内容を練り直す
  • 校閲:内容に不備や誤認がないかチェック
  • 校正:文字や表現に誤りがないか確認する

要するに文章全体を見直すことです。


初心者の人はブログ記事を公開する前に、友人などにチェックしてもらうこともおすすめです。その際、矛盾や曖昧な点がないかを確認してもらいましょう。そして、自分の書いたものに満足したらいよいよ公開です。

魅力的な記事を書く文章術

ブログの書き方を覚えたらつづいて魅力的な記事を書くコツを覚えておきましょう。ここがしっかりできればかなり読みやすく読者に突き刺さる文章にできます。

読者を明確にする

狙っているキーワードに対して何を提供すればいいのか知ることは非常に重要です。どんな人があなたの記事を読んでくれるのかを予想することで、興味深く、魅力的で、共有しやすいコンテンツを作成することができます。

読者を明確にする方法

  • 狙っているキーワードをググり上位表示されている記事をチェック
  • 狙っているキーワードに対し「なぜ?」を考える
  • Yahoo!知恵袋などのお悩みサイトを活用する

これらの方法を試したもらえばキーワードに対する読者像は明確になり、抱えている疑問や求めている答えが分かるようになります。


また、上位表示されている記事はキーワードに対する答えでもあるので、しっかりチェックし「どんな情報を発信し、どのような答えを出しているのか」を確認してみましょう。

文字だけで記事を作らない

文字だけの記事は非常に読みにくいので、「画像・グラフ・表・箇条書き」などを記事に挿入し読者がより簡単に理解できる構造にすることは意識しておきましょう。


画像・グラフ・表などは作成が手間になることが多いですが、読者のためを思うと必ず作成すべきなので、「画像のほうが分かりやすい」などと思ったら作成しましょう。

装飾も組み合わせてより見やすい記事にする

文字を装飾することで強調したい部分が目立つので、「ここだけは読んでほしい」と思う内容は「強調する」「色を付ける」線を引く」などの工夫をしてみましょう。


ただし、カラフルになるのは見にくいだけなので、記事に使うのは3〜4色までがベストです。僕の記事だと、強調したい文字は黒の太字にして危険性が高い文章は赤で示しこれらの中間的ポジションの場合は下線を引いてます。


このように、ある程度の形を決めておけばキレイな記事にすることができます。

なお、赤色の文字は乱発しないようにしてください。赤色は「危険」などの要注意を伝えるために効果的な色なので、乱発すると危険性が低く見えてしまう恐れがあります。


難しい表現や言い回しをしない

よくある失敗で、説明しようとしすぎて何を伝えたいのか分からない文章です。本人は書いていますし、知識やノウハウがあるので理解できていると思いますが、読者は知らないからググってあなたのWebサイトに訪れています。


要するに、初心者などの知識やノウハウがない人が見ても理解できませんので、ポイントとして中学生でも理解できる文章にすることを意識してみましょう。


難しい言葉を使用する場合は補足で解説を付け、読者があなたのページだけで問題を解決できるような構成にしてください。

文章は簡潔に書く

文章を簡潔に書くことはより伝わりやすく、読みやすいものにできます。


簡潔に書くためには不要な詳細や冗長な表現を省略し、意味を伝えるために必要な言葉だけを使うことが大切です。


また、文章を構成する文を短くすることも効果的です。簡潔であることは、論理的であることとも結びついており、文章を読んでいる人にとっても理解しやすいものになります。

あと、簡潔に書くことで文字数を削ることもできます。基本的に読者は長い文章を読みたくありませんので文字数を削る工夫は重要です。


二重表現を避ける

二重表現とは、文章中で同じ意味を表す言葉を何度も使ってしまうことを指します。二重表現は文章を読んでいる人にとって退屈なだけでなく、内容をより正確に伝えることもできません。


そのため、二重表現を避けることは文章をより分かりやすく、読みやすくするために欠かせません。


二重表現を避ける最も簡単な方法は「繰り返し読み返す」に限ります。自分が書いた記事を繰り返し読むことで「ここは削れるかも」と思える文章が必ずありますので隅々までチェックしてください。

です・ますで統一する

ブログは専門家などのレポートではないので、堅苦しい文章を避けるために語尾は「です」「ます」で統一することをおすすめします。


よくあるのが「〇〇だ。」や「〇〇である。」のような表現です。


文章として伝わりますが、ブログ記事は軽い感じで読みたい人が大多数なので、先生に教わるような堅苦しい表現は好まれません。


また、「〇〇だ。」「〇〇である。」の表現で文章を書いてしまうと、本文もそれに合わせた構成にしないとおかしいので、無駄に漢字が多くなり専門的な言葉を使わないと違和感が出ます。


当然ですが、読者としては読みにくいだけですし、理解しづらいので、「です・ます」で統一し、ソフトな文章を心がけましょう。

読者の目線で記事を書くことが最も大切

ブログの記事は読者に価値のある情報を届ける必要があるので、読者の目線になって書くことがとても大切です。


もちろん、これまで紹介してきた記事の書き方や文章術も大切なことですが、日記でない限りブログの目的は「読者に何かを伝えたい」というのがあるはずです。

読者を置き去りにした自己満足なブログはいらない

SEOを意識したブログを運営する人は特にですが、読者がいてはじめてブログは成り立ち、読者が満足できない記事は上位にランクインするどころか、検索結果に表示されない可能性すらあります。


なので、狙っているキーワードに対し「読者が何を求めているのか」をしっかり考え、読者ニーズを満たすためにも読み手の目線になって考えることがとても重要です。


そうすれば結果的にSEOでも評価され上位にランクインする可能性も高くなりまし、Googleも「ユーザーファーストであること」と言っていますので、いかに読者の目線になって執筆できるかがとても大切です。

まとめ:質はあとからでOK!最初は量をこなす

今回は「ブログ記事の書き方」についてヒントを紹介してきました。

ブログ記事の書き方

  • キーワードを選定する
  • 記事の下書きを作成する
  • ブログ記事の構成を理解する
  • 魅力的な見出しを作る
  • CTA(コール・トゥ・アクション)の導入
  • SEOに最適化する
  • 記事を編集し公開する

記事の書き方が難しいと思う人は上記の方法を参考にしてみてください。

魅力的な記事を書く文章術

  • 読者を明確にする
  • 文字だけで記事を作らない
  • 難しい表現や言い回しをしない
  • 文章は簡潔に書く
  • 二重表現を避ける
  • です・ますで統一する

記事の書き方を覚えた人は、読みやすい文章にするためにも文章術のコツも把握しておきましょう。そして、読者を置き去りにした記事にするのではなく、常にユーザーファーストである意識を持って執筆してみてください。


また、本記事のことを全て把握してもいきなり魅力的な記事にすることは難しいです。やはりですが、何事も経験を積んだからこそ効果を発揮しますので、量をこなすことは重要ですし、100記事ぐらい書きつつ本記事で紹介した内容を活かせればクオリティは上がります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次