カテゴリー

ランキングが向上するSEOに効果的なキーワードの入れ方9選

ランキングが向上するSEOに効果的なキーワードの入れ方9選
  • URLをコピーしました!

検索エンジンはSEOの評価を決定するためにコンテンツに挿入しているキーワードをチェックしていますので、キーワードを正しく使用する方法を知ることはとても重要です。


適切にキーワードを入れれば、Googleがコンテンツが見つけることができ、インデックスに登録され、ランク付けされる可能性を高めることができます。


本記事では、ランキングが向上するSEOに効果的なキーワードの入れ方を解説していますので、ランキング向上のヒントにしてください。

目次

SEOに効果的なキーワードの入れ方9選

検索エンジンはキーワードがサイト内のどこに表示されているかを見ており、ランキング決定のシグナルとして重要な部分になりますので、これから解説するキーワードの入れ方は全てのコンテンツに取り入れてください。

メタディスクリプションでキーワードを使用する

メタディスクリプションはページの内容を要約したものです。この説明はユーザーが検索エンジンでキーワードを検索したときページ名とURLの下に表示されます。

メタディスクリプションはコンテンツの内容を説明する簡単な要約として機能するため、この要約にキーワードを配置するとGoogleが結果をより適切に評価するのに役立ちます。


なお、メタディスクリプションはWebサイトにアクセスする前に最初に読むものなので、キーワードの詰め込みよりも有益で魅力的な説明を優先するようにしてください。

記事タイトルにキーワードを使用する

記事タイトルにSEOキーワードを入れることは、その記事が検索結果でより上位に表示されるようにするための有効な方法です。

極端な例で言うと、タイトルにキーワードを含めないと「上位表示されない」「検索結果に表示されない」ということになります。


ただし、タイトルにキーワードを入れすぎるのはNGです。検索エンジンのアルゴリズムは、タイトルの自然さや、ページのクオリティも評価するため、タイトルにキーワードを入れすぎるとランキングが下がることもあります。


記事タイトルにSEOキーワードを入れる場合は、自然なタイトルになるよう適切なバランスを保つことが重要です。

なお、タイトルはキーワードを含めつつ32〜40文字以内で設定してください。基本的には32文字以内が最適なので、できる限り32文字で収まるタイトルがベストです。

ちなみにですが、タイトルのキーワードを変えたら順位が上がることは普通にありますので、いかにタイトルに適切なキーワードを含めることが重要なのか理解してきましょう。

最初の200語以内にキーワードを使用する

専門家の多くは、Googleはコンテンツの最初の200語を重視していると考えています。その理由は、記事の最初の100~200語はこれから議論される内容の紹介を設定する場所だからです。ほとんどの読者は、導入文がよければ記事を読み進めるので、それがランキング要因にもなり得るというのは当然のことです。


Googleはブログ投稿の最初の200語を精査することを知っているため、コンテンツの品質を犠牲にすることなく、可能であれば最初の文または段落内にキーワードを配置することが非常に重要です。


なお、最初の200語や段階というのはタイトル下にくるリード文のことです。

記事全体に自然にキーワードを入れる

「記事にキーワードを入れる」と聞いたことがある人は多いと思いますが、実際どのように挿入すればいいのか分からないと思いますし、「記事にどれだけキーワードを含めるのか」はSEOの間でよく議論されています。


原則として100~150語に1回ぐらいキーワードを含めるようにしてください。1,000語の記事を書いている場合キーワードを7〜10回挿入することになり、これらのキーワードを記事全体で公平に配布する必要があることにも注意してください。


ただし、全体を通して一貫したテーマの流れが失われますので、同じ100〜150語のセクションにキーワードを含める必要はありません。

メインキーワードを一番多く使用する

狙っているキーワードを記事内で一番多く使用することにも注意してください。


たとえばですが、「犬」というキーワードを狙っているにも関わらず、記事のなかに「猫」というキーワードのほうが多いことを言います。「犬」というキーワードがベースラインにも関わらず、関連する他のキーワードの割合が多いと「キーワードと記事の内容がズレる」ということになり、読者とGoogleから見ても「犬の話ではない?」とSEOで高評価を得にくくなります。


難しいと思いますが、メインキーワード(犬)の出現率が50%でサブ的なキーワード(猫)などは25%ずつに収めるように意識しておきましょう。


こうすることでGoogleクローラーが簡単に追跡できる健全なキーワード構造を維持できます。

最後の200語でキーワードを使用する

最初の200語(リード文)がランキングにとって重要であるのと同様に、結論やまとめ (または最後の200語) も同様に重要であると考えれます。


そのため、最後または最後から2番目の段落の近くにキーワードを再度含めておきましょう。


ブログの場合、行動を促すフレーズ (またはCTA) を最後の段落に含めることをおすすめします。CTAがない場合は最後から2番目の段落でキーワードを含めてください。


CTAとは、Call To Action(コールトゥーアクション)の頭文字をとった略称です。日本語では「行動喚起」という意味になります。Webサイトに訪れたユーザーに取ってほしい行動を促す、ボタンやテキスト、画像などを指します。また、CTAを目的に設置したボタンのことを「CTAボタン」と呼び、下記のようなものです。

CTAの配置とともに、狙っているキーワードを含め読者を誘導してみましょう。

見出しにキーワードを使用する

見出しはほとんどのテキストエディターが提供する書式設定ツールで、テキストを分割するのに役立ちます。純粋に視覚的な観点から見出しは必須ですが、終わりの見えない大量の段落コンテンツは威圧的で、しばしばスキップされてしまいます。


見出しを使用してコンテンツを分割すると、最も重要なポイントや関心のあるポイントに視覚的に移動させることができますので適切に配置していきましょう。


SEOの観点から見ても見出しは重要で、H1・H2・H3 などを識別するために使用されるHTMLタグは、Googlがコンテンツのなかで何が最も重要かを知るためのランキングシグナルになります。


コンテンツの見出しにキーワードを追加することは、複数のキーワードでランク付けを試みる最善の方法なので、コンテンツが長ければ長いほど見出しも多くなります。つまり、長文のコンテンツは短いコンテンツよりもランク付けさる可能性が高いと考えることができます。


見出しにキーワードを使用すると、キーワードの意味と重要性がより強調され、検索エンジンはキーワードがコンテンツにどの程度関連しているかを知ることもできます。 

見出し1(H1)にキーワードを追加する方法

見出し1 (H1) は通常、記事のメインタイトル用に予約されています。コンテンツで複数のH1を使用すると、Googleが混乱を招くことになりますので、キーワードを含む記事のタイトルとして単一のH1は記事内で1つしかありません。

見出し2(H2)でのキーワードの使用方法

見出し2(H2) は、重要なキーワードを大量に挿入できる場所です。H2はコンテンツの主要なセクションを分割する見出しであり、通常は数百語ごとに登場します。1,000ワードの記事だとH2を約3〜5個使用できます。そのうちの1つに狙っているキーワードを再度含め、残りの見出しは関連したキーワードを含めると効果的です。

見出し3(H3)にキーワードを挿入する方法

見出し3(H3)は、メインセクションの個々のポイントを分割して一覧表示するために使用されます。H3はH2見出しのセクションを明確にするのに適しており、メインキーワードに関連したキーワードを含めることが多いです。

イメージを掴めば分かりやすい

少しややこしいので下記を参考にしてください。例として「副業 おすすめ」というキーワードを狙ってタイトルと見出しを作成しています。

  • H1(タイトル):月5万稼げる会社員におすすめの副業3選
  • H2(見出し2):おすすめの副業3選
  • H3(見出し3):ブログ
  • H3(見出し3):Webライター
  • H3(見出し3):動画編集
  • H2(見出し2):会社員に副業がおすすめな理由
  • H3(見出し3):年収が上がる
  • H3(見出し3):スキルが身につく
  • H2(見出し2):まとめ(CTA)

このような構造だと、「副業 おすすめ」がキレイに散りばめられており、読者も自然に読むことができますし、Googleに対しても「副業 おすすめ」というキーワードをアピールできます。

アンカーテキストリンクでキーワードを使用する

キーワードがコンテンツのアンカーテキストリンクとして使用されている場合、その単語に関する情報を見つける場所があることを意味します。これによりキーワードとリンク先のコンテンツとの関連性を強調することができます。


検索エンジンは、アンカーテキストリンクのキーワードを使用して、リンクを張るページとリンク先のページの関連性を判断します。リンクを張るページとリンク先のページが、同じキーワードを使用している場合、そのページの関連性が高いと判断されランキングが上がることがあります。


ただし、アンカーテキストリンクでキーワードを使用する場合も、自然であることが大切なので、アンカーテキストリンクでキーワードを使用する場合も適切なバランスを保つことが重要です。

アンカーテキストリンクの例

前述の見出し例を使ってアンカーテキストリンクの使い方を紹介します。

  • H1(タイトル):月5万稼げる会社員におすすめの副業3選
  • H2(見出し2):おすすめの副業3選
  • H3(見出し3):ブログ
  • H3(見出し3):Webライター
  • H3(見出し3):動画編集

おすすめの副業には「ブログ・Webライター・動画編集」が紹介されていますが、H3で詳細を説明するのは難しいですし、狙っているキーワードはあくまで「副業 おすすめ」になります。なので、ここでブログなどの概要を説明しすぎるのは狙っているキーワードとズレてしまう恐れがありますので、H3の「ブログ・Webライター・動画編集」はそれぞれ別記事を作成します。


別記事が完成すればH3はアンカーテキストリンクを作成し、詳細は他のページに飛ばしてあげることが効果的な方法で、アンカーテキストリンクは「ブログの始め方や稼ぎ方」「Webライターを始める手順と必要なもの」「動画編集の始め方から必要なソフト」などのように、飛ばす先の内容が分かるテキストに設定してください。


難しいと思う人は、別記事のタイトルをアンカーテキストリンクにしてもOKです。たとえば下記です。

H3(見出し3)ブログ
ブログは副業におすすめです。理由としては簡単に始めることがで収入を上げることもできるからです。ブログに興味が出た人はこちら【誰でも簡単】ブログの始め方ガイド!ブログを開始して収益化する方法をチェックしてください。簡単に始める方法を詳しい解説しています。

記事のタイトルはキーワードを含めつつ内容が分かるように設定しているはずなので、リンク先のページが何なのかを一発で読者とGoogleに伝えることができます。

画像のAltタグでキーワードを使用する

Altタグ(Alternative text)は、画像を表すHTMLタグのことを指します。Altタグでキーワードを使用することはSEOの観点から有効な方法で、検索エンジンはその画像がどのような内容の画像であるかを理解することができます。その結果、検索結果でその画像がより上位に表示されるようになる可能性があります。


Altタグでキーワードを使用する場合は、画像の説明を記述することが基本です。キーワードを使用する場合は、画像の説明にそのキーワードが適切に含まれていることが重要です。また、Altタグでキーワードを使用する場合も自然であることが大切です。

AltタグでSEOキーワードを使用する方法

WordPressなら「Altテキスト(代替テキスト)」で設定できます。

Alt テキスト (代替テキスト) にSEOキーワードを含める方法の解説

画像はテキスよりも分かりやすく簡単に内容を伝えるのに役立つだけでなく、SEOのキーワードをWebサイトに追加する絶好の機会にもなりますので、画像を活用しAltテキストを追加してください。


なお、Altテキストは「キーワードを含めつつ分かりやすい文章で簡潔に説明する」を心がけてください。

パーマリンクにキーワードを使用する

パーマリンクはWebページを識別するページごとのURLです。パーマリンクにキーワードを使用することは、SEOに有効な方法で、検索エンジンはどのような内容のページであるかを理解できます。


パーマリンクにキーワードを使用する場合は、「短く覚えやすいものにする」「英単語にする」の2点に注意してください。また、URLにキーワードを使用する場合も自然であることが大切です。

WordPressのパーマリンクは先に設定しておくこと

WordPressだとパーマリンクの設定は個々で決めれるのですが、必ず「投稿名」にしておいてください。投稿名にしておけば、各ページでキーワードだけを含めたURLにすることができます。

パーマリンクについての要注意

パーマリンク(URL)を変更すると、そのページの既存のランキングが損なわれる可能性があります。


なので、パーマリンク(URL)を変更したときは必ずリダイレクトを行い、もとページに付いているSEO評価を引き継いでください。


なお、パーマリンクやそもそもWordPressの設定が終わっていない人はこちら»初心者向けWordPressをSEOに最適化する12のチュートリアルをチェックしてください。SEOに効果的な設定もありますので先に終わらせましょう。

SEOを意識しすぎてキーワードを詰め込むのは逆効果

コンテンツ内にキーワードを入れることは、検索順位を向上させるために必須ですが、これまでの解説で分かようにキーワードを詰め込めばいいとはなりません。


あくまで自然であることが重要です。

自然にキーワードが散りばめられたサイトは好まれる

キーワードを詰め込むことで記事やページが自然でなくなることがあり、検索エンジンはサイトの質を重視しているため、自然でないサイトを低く評価することがあります。


また、キーワードを詰め込むことで、クオリティが低下することから、ユーザーからしても価値の低いサイトになります。


そのため、キーワードを詰め込むことは、Googleとユーザーの両者から低評価になる可能性が高くなりますので、SEOを意識しながらも自然であることを重視し、キーワードを適切に使用することが大切です。

まとめ:キーワードを適切に入れてクオリティの高いコンテンツを目指そう

今回は「ランキングが向上するSEOに効果的なキーワードの入れ方9選」を紹介してきました。

  • メタディスクリプションに120文字前後の概要とともにキーワードを含める
  • キーワードを含めつつ自然なタイトルにする
  • 最初の200語以内にキーワードを入れる
  • 不自然にならないよう記事全体にもキーワードを含める
  • 最後の200語もランキング要因になるのでキーワードを入れる
  • 見出しは読者とGoogleにとって重要な要素なので適宜キーワードを入れる
  • アンカーテキストリンクは関連性を強調できるのでキーワードを含めた分かりやすいテキストにする
  • 検索エンジンに画像の内容を伝えるためにAltタグにキーワードを入れる
  • 検索エンジンにページの内容を把握してもらうためにパーマリンクにキーワードを入れる

上記の項目にキーワードを使用することでSEOで評価され、記事の質も高ければ上位にランクインする可能性が劇的に上がります。


ただし、繰り返しになりますが、あくまで自然になるようキーワードを入れていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次