フリーターの生き方に迷いがある人は未来を想像してみよう

フリーターで生き方に悩んでいる人
  • URLをコピーしました!

フリーター生活を長く続けていると誰しもが「このままでいいのだろうか……」と思う瞬間があると思います。


収入が安定しないことはもちろんですが、仕事内容も同じことの繰り返しで代わり映えしない日々にうんざりしている人も多いと思います。


しかし、「なんとかしなくては……」と思いつつもフリーター生活を続けてしまう人が多いのが現状です。


そこで、本記事ではフリーターに向けて「今後の生き方」について紹介していきますので、今後どのように生活していくのかもう一度考えてみてください。

目次

フリーターの人は今後どのように生きていく?

たぶんですが、フリーターの生き方に悩みを抱えている人は「フリーターのまま過ごすのか」「正社員として働くべきなのか」で悩んでいると思いまが、こらからの時代は「フリーランスとして活動する」ということも選択に入れてみてください。

フリーターのまま過ごす選択をする前に要チェック

「フリーターのままでもいいかな」とお考えの方もいると思いますが、「フリーターのメリット・デメリット」を知りつつ、どうせなら「正社員になった未来」「フリーランスになった未来」「フリーターのまま過ごした未来」を見てみませんか?


ここを知ることで考え方が変わるかもしれませんのでぜひチェックしてみてください。

フリーターのメリット・デメリット

まずは今後の生き方を決めるうえでフリーターのメリット・デメリットを整理してみてください。

フリーターのメリット

  • 自由な時間が多く休みの調節もしやすい
  • 決められた仕事を繰り返すだけなので楽
  • 仕事を始めやすく辞めやすい

大きく分けるとフリーターのメッリトは上記の3つになります。
このあたり、現在フリーターの方はよく分かる内容ですね。

フリーターのデメリット

  • 給料が上がりにくい
  • 福利厚生が薄い
  • 安定がない
  • 社会的信用が低い
  • 結婚しにくい

フリーターには上記のようにメッリトよりもデメリットが多いと感じている人は多いと思います。


やはり、自由にできることが多い反面、安定や安心感というのは正社員に比べて低い傾向にあります。

就職活動し正社員として働く

続いて、就職活動し正社員として働く生き方を選んだらどうなるのか見てみましょう。

正社員になれば今よりも安定と安心感が手に入る

デメリットで紹介している内容は正社員になればほぼ解決できる問題です。


キャリアを積んでいけば給料は上がり、社会的信用も高くなるのでフリーターで過ごしていた日々とはまったく違う生活を送ることも可能です。

 フリーターは制限が多い

  • 給料が上がらないので一生限られた範囲での生活になる
  • クレジットカードなどの信用が必要なことに制限がかかる
  • 時給なので体調が悪くなっても働きに出ないと生活できない

上記のように、フリーターのままだと悩まいといけないことでも、正社員となれば悩まないで済む場面が多いです。


このあたり、20代の人は「そんな場面に直面したことがないので問題ない」と感じてる人が多いと思いますが、今の状況と比較するのではなく「数年後もそのままで問題ないのか?」ということをしっかりと考えてみてください。

やりがいができるので日々の充実度が上がる

フリーターは与えられた仕事を毎日繰り返すだけの代わり映えしない日々で「つまらない」と感じる人も多いと思いますが、正社員となれば会社の利益になるよう働く必要があるため、自発的に考え行動することで「やりがいができて楽しい」と感じてる人も多いです。


やりがいを感じれる物事があればそれだけで日々の生活が楽しくなるので、正社員として一生懸命働いている人は人生の幸福度が高い傾向にあります。

正社員になれば嫌なことも多い反面で楽しいことも増える

当たり前のことですが、フリーターとは違い正社員となれば「残業で帰れない」「休みも希望どおりにならない」といったように、これまで自由に決めれていたことができなくなります。


しかし、一生懸命に働きキャリアを積んだ先には昇給や昇格といったフリーターでは絶対に体験できない嬉しい瞬間が訪れます。

正社員で働きたい気持ちがあるなら早めに行動しよう

何はともあれ、今あなたが抱えている不安や悩みは正社員として働き出せば軽減されることは間違いありませんし、後述する「フリーランス」が増えつつある時代とはいえ、正社員として働くのがまだまだ一般的です。


フリーター生活に嫌気が差し、「つまらない人生から抜け出したい」「やりがいを見つけたい」という思いがある人は今から就職に向けて行動してみてください。


また、どんな分野でも共通して言えることですが1歳でも若い人が有利になることは間違いありませんので、早めに行動することに一切の損はありません。

「正社員になるのは諦めている……」と思っている人は安心してください!


フリーランスとして個人で稼げる人材になる

思い切って就職しないでフリーランスを目指すのもこれからの時代は視野に入れるべきことになります。

フリーランスは、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、業務委託により自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主である。

Wikiより引用

みなさんの周りでも「個人で稼いでいます」という人がちらほらいるのではないでしょうか?


昨今は「正規雇用で働くよりも個人で稼ぐほうがいい」と感じている人が増え、会社に依存しない生き方を選択している人が多くなっています。

稼げるようになれば正社員よりもいい生活が送れる

フリーター経験しかない人にとって怪しく思えるかもしれませんが、フリーランスで活動している人の中には会社勤めでは絶対に貰えない収入を得てる人はいます。


たとえばですが、フリーランスで人気の高いWebライターは「1文字1円〜」「1件6,000円〜」といったように請ける案件によって金額が変動し、多くの案件をこなすことで収入を上げることができます。


また、フリーランスは実績が増えることに比例して単価も上がる傾向があるため最初は「1文字1円」でも経験を積むことで「1文字2円〜」「1件10,000円〜」というように短時間で高額な収入を得ることも可能になります。

ちなみにですが、「1文字1,5円」の案件でライティングに慣れている人なら1時間で1000文字は打てるので1時間1,500円の収入になります。
また、自分が書いた記事がGoogleやyahooの検索上位になるとプラスで報酬を払うなど別途の収入を得ることもあります。

ベテランの人なら「1文字5円や10円」といった人もおり、1日5時間程度の作業で20,000円稼ぐ人も実際にいます。


ここまで来ると会社勤めで働くよりも収入は多く、時間の自由度も高くなります。

正社員になりたくない人がフリーランスを目指す傾向にあり

僕自身も同じような境遇でしたので共感できる部分があるのですが、「正社員になりたくないな……」と思うときってありますよね。


しかし、「もっと収入がほしい」「やりがいのある仕事がしたい」などのように、正社員になりたくないにも関わらず矛盾な考えになっている人もいるのではないでしょうか?


そういった人こそ、フリーランスがおすすめで「フリーランスとして自立できるまでフリーターと両立する」という方法も検討してみてください。
フリーランスに人気の職業はフリーターとの相性がいいので副業から始めてみましょう。
»参考:【正社員より有利に稼げる】フリーターにおすすめの副業6選

フリーターのまま過ごした人の多くは後悔している

たぶんですが、フリーターの生き方に悩みを感じている人は20代〜30代の人だと思いますが、40代以降のフリーターがどのような生活を送っているかを知れば考え方が変わるかもしれません。

結論。後悔していない人はいません

これが答えですが、フリーターを続けた人で「充実した人生です」という人はおらず、下記のような思を持ちながら毎日を過ごしています。

  • 若いうちにちゃんとしておけばよかった
  • 結婚し正社員として「普通に」働いている人が羨ましい
  • 就職しようにもプライドが邪魔して今さらできない
  • 就職する場所があってもブラック確定
  • 福利厚生の恩恵を受けれないことがあるので不安
  • 貯金もなくその日暮らしでつらい
  • 社会的信用が低いので正社員と比べてできないことが多い

20〜30代でフリーターをしている人は「自分は大丈夫」と、心のどこかで思っていませんか?
しかし、現実はそう甘くなく、ほとんどの人が上記の状態になりますので「自分もこなる可能性が大」ということは肝に銘じてほしと思います。

フリーターの末路やリスクを詳しく知りたい人はチェック


まとめ:挑戦して最終判断を決めよう

今回はフリーター向けにこれからの生き方を紹介してきましたが、大事なことなのでもう一度伝えると「フリーターのまま過ごした人はみな後悔している」ということは絶対に忘れないでください。


あなたが今20〜30代ならば、いくらでもやり直すことができますので、さまざまなことに挑戦してみてください。


挑戦したことによって「こんな生き方もあるのか!」「楽しそうだからやってみよう」など、あなたでも気づいていない才能や本気で打ち込める事柄に気がつくチャンスでもあります。


一通り試すことで新しい人生が開く可能性は大いにあるので想像や憶測で決めるのではなく、挑戦したあとに最終的な生き方を決めることをおすすめします。

フリーター・ニート・新卒・代二新卒に特化した転職エージェントのまとめ

内定率が高いフリーターにおすすめの転職エージェント13選

転職エージェントは、転職を検討している方に対して仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

「学歴がない……」「職歴もない……」などの悩みを抱え、正社員になることを諦めている人は相談してみる価値あり!

転職エージェントは完全無料なので「正社員になりたい!」という思いがあれば誰でも利用可能です。

退職代行おすすめ12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう

おすすめの退職代行12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう
  • 会社を辞めたいけど上司が怖すぎて言えない
  • かなり疲れておりすぐに辞めたい
  • 職場環境的に辞めると言いづらい
  • とにかく今の職場を辞めたい

上記の思いを持っている方は退職代行を利用するタイミングかもしれません。

良質な会社なら忠誠を誓ってもいいですが、ブラック企業で消耗しても残るものは少しのお金と疲労感だけです。

人生や仕事の選択肢なんて無限大なので、すこし肩の力を抜いてみるのもありかなと思いますので、退職代行で人生をリスタートさせてみましょう。

失業保険しか貰わないのは損!
「退職コンシェルジュ」で最大28か月分の給付金を受け取ろう!

スクロールできます

退職したとき失業保険を貰えることは知っていると思いますが3か月程度しか受け取れないことがほとんです。

しかし、実は他にもお金を受け取れる仕組みがたくさんあることを知っている人は少なく、貰えるお金を貰わないで損をしているケースがあります。

  • 年齢が20歳~59歳
  • 社会保険に1年以上加入している(アルバイト・パートでもOK)
  • 退職前、退職予定の方
  • 転職先が決まっていない

上記に当てはまる人は誰でも貰える権利がありますので、最大28か月間お金が受け取れる社会給付金を受け取るためのサポートサービス「退職コンシェルジュ」をチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次