【実務向け】就職が有利になるフリーターにおすすめの資格12選

就職が有利になるフリーターにおすすめの資格12選
  • URLをコピーしました!

世の中にはさまざま資格がありますが、まずは「入社するために必要な資格」から取得してきましょう。


就職には年齢での有利不利がありますので、効率よく学習するために本記事で紹介している即戦力になりやすい資格からチャレンジしてください。


また、資格の取得を考えている今ならあなたの人生を大きく変えるチャンスでもあるので優良企業に入社するために諦めず挑戦してみましょう。

目次

フリーターにおすすめの資格

フリーターは下記のような、即戦力として効果を発揮する資格がおすすめです。

スクロールできます
種類活躍できる場所特徴
宅地建物取引士・不動産
・金融
・建築
不動産売買や賃貸の仲介に不可欠な国家資格で常にニーズが高い。
ファイナンシャル
プランナー
・保険
・金融
収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け将来のライフプランニングに即したアドバイスを行う
社会保険労務士・社会保険労務士事務所
・他士業の事務所
・企業の人事や総務部
・コンサルティング会社
・アウトソーシング会社
複雑化してゆく年金などの社会保障制度を円滑に活用できるよう手助けする。
行政書士・士業事務所
・一般企業
行政書士は幅広い法律の知識を持ち市民と行政をつなぐ身近な街の法律家。
運行管理者(貨物)・運送
・物流
トラックなどの事業用自動車が安全に運行できるよう管理・監督を行う。
旅行業務取扱管理者・旅行会社
・鉄道会社
・ホテル
・観光案内
旅行業務取扱管理者は旅行業界で唯一の国家資格。
医療事務・病院
・診療所
・クリニック
医療機関での受付・会計・診療報酬明細書の作成。
調剤薬局事務・調剤薬局調剤薬局での受付・会計・保険の確認や調剤報酬明細書の作成。
介護事務・介護サービス施設
・介護事業所
介護事業所での事務や介護報酬請求の業務、ケアマネジャーのサポート。
調理師・飲食店
・福祉施設
・会社の食堂
食品の「栄養」や「衛生」「適切な調理法」などの知識を持ち、安全な料理を作ることができる調理のプロ。
インテリア
コーディネーター
・不動産
・設計事務所
・デザイン事務所
お客様に快適な住環境を提供する住まいのスペシャリスト。
基本情報技術者・プログラマ
・システムエンジニア
・ネットワークエンジニア
・ソフトウェア品質管理担当者
・システム運用管理者
情報処理技術者として一定以上のスキルを持っていることの証明になる。

これらの資格はしっかり実践で活用でき即戦力になる人材として重宝されます。

資格は就職が有利になる

資格は即戦力になれることを証明するにも最も最適な方法なので、中途採用になるフリーターにとって資格は強い武器になります。


たとえばですが、未経験者OKの求人に無資格者と有資格者が同時に受けた場合、当然ですが有資格者が有利になります。


また、職歴や経歴に自信がないフリーターの人だと過去はどうあれ資格を取得したことを評価されることは大いにあります。

資格は信頼につながる

おすすめしている資格を例に出しても「宅地建物取引士を持っています」という人が目の前にいたらどう思うでしょうか?たぶんですが、無条件で「まじめな人」「頭がいい人」「仕事ができる」という見方に変わると思います。


これは、企業からも同じように見られる傾向にあり、資格を持っているということはある程度の知識と実力を持っている証明になるプラス信頼に値する根拠にもなります。


また、「資格が取れる=努力家や優れた人材」という評価につながることもありますので、基本的に資格を持っておいて損になることはありません。

しかし、無駄になることはある

資格を持っていて損にはなりませんが「取らなくてもよかったか」と思う瞬間はあります。よくある例だと「人気の資格だから取得した」といった感じですね。


無駄にはなりませんが、業務で利用できないのであれば宝の持ち腐れですし、費やした時間やお金は無駄になってしまい、「資格を取ったからその業界に入社しなくては」と選択肢が狭まる可能性もありますので、次項から失敗しない資格の選び方を紹介していきます。

失敗しない資格の選び方

あなたに最適な資格を見つけるためには「資格から選ぶ」という方法ではなく、先に興味がある業界や職種を明確にし、必要な資格だけ取得していくことをおすすめします。

行きたい業界や職種を明確にする

行きたい業界や職種が決まっていないにも関わらず、資格の勉強を始めてしまうと「他の業界が気になる」「このまま勉強してもいいのだろうか」などのように、軸がブレてしまいます。


こうなると、勉強に集中できませんので試験に落ちてしまう可能性もあり、「取得したけど使い道がない」となります。


また、先に行きたい業界や職種を決めておくことで関連する資格を知ることもでき、キャリアデザインの参考にもなります。

できればプロの意見を交えたほうがいい

行きたい業界や職種が明確に決まっている人は必要ないですが、曖昧な人は転職エージェントに相談してみることをおすすめします。


転職エージェントは下記のサポートを無料で受けることができ、現段階で重要なのは「アドバイスを受け市場価値やキャリの発見ができる」という点です。

  • 転職サイトにはない非公開求人にも応募できる

  • 企業の内部情報や面接官の特徴など転職に必要な情報を提供してくれる

  • アドバイスを受け市場価値やキャリアの発見ができる

  • 職務経歴書や履歴書のポイントや通過率をアップさせるノウハウを教えてもらえる

  • 模擬面接を行ってくれることや企業別に面接対策を行える

  • 面接日程の調整や入社時期の調整を行ってくれる

  • 専任エージェントに年収交渉を依頼できる

たとえばですが、転職エージェントに相談すると「あなたには営業が向いているかもしれない」と助言を受けたとします。ここにプラスの要素として、「関連する資格を取得したらどんなキャリアになるのか」などを知ることもでき、キャリアデザインの幅が広がるメリットがあります。


また、後述で触れますが、先に資格の学習を始めるのは高い確率で断念しますので、行きたい業界や職種が決まっていない人は転職エージェントに相談し、まずは「自分がどんな業界や職種が向いているのか」を明確にしてみましょう。

転職エージェントを知らない人はこちら


「人気だから取得しよう」は失敗する可能性が大

資格の取得を考えたとき「人気はどれか」「友人がすすめてきたから」などの理由で学習開始する人が多いですがこれはNGで、たぶん途中で断念します。

興味がないことは継続できない

これにつきますが、業界や職種を詳しく知らないのに学習しても継続できません。


やはりですが、興味の出る業界や職種を明確にすることで「その分野に行きたい」という強い思いが生まれ、ここがモチベーションにつながりますので、先に行きたい業界や職種を明確にしたあと必要な学習を始めてみましょう。

フリーターが資格を取得するときの注意点

これから資格の取得を考えているフリーターに向けていくつか注意点がありますので必ず把握し効率よく学習してみましょう。

最短で取得できる方法で学習する

資格の取得を考えている人は「最短で取得できる方法」で学習することを強くおすすめします。


単純ですが、就職には年齢での有利不利があり1歳でも若いほうが確実に有利ですので、1日でも早く取得することで数年後のキャリアに差が出ることがあります。


たとえばですが、今から本気で学習すれば1年以内に「資格と就職先」の両方を確保することができ、1年後にはキャリアを積み始めることができます。


しかし、「来年から頑張ろう」だと2年後にキャリアを積み始めることになりますので、先に行動している人よりも1年もキャリアの差が開きます。

資格の取得をゴールにしてはいけない

これもよくある失敗例ですが、資格の取得はゴールではありませんので取得したことに満足しないように注意してください。


資格を取得して目的の企業に入社しキャリアを積み上げていくことが本質なので、「資格を取得して何がしたいのか」「入社したあとのキャリアをどう築くのか」という意識は持っておいてください。


資格の取得はゴールではなくスタートです。

自己投資として学習費を割り切る

資格を取得するとき「独学でやるかスクールなどの有料で学習するか」で悩むと思いますが、「勉強が得意ではない」と自分で思う人は迷わずスクールなどの有料教材を利用しましょう。

未来に向けての自己投資は必要経費

僕もそうでしが、勉強が得意ではない人にとって資格の勉強はマジで苦痛です。


そもそも業界や職種を知らないことや適切な勉強方法が分かっていないと「できない」「分からない」の連続でモチベーションは下がり、せっかくやる気が出たにも関わらず諦めてしまう可能性が高くなります。


また、試験は年に1〜2回ぐらいしか受けるチャンスがなく、落ちつづけることで就職率にも影響していきますので勉強が得意ではない人は自己投資として有料教材を利用してみましょう。

あと、資格を取得して就職すれば年収が上がり、資格手当も出る可能性があるので簡単に回収できます。目先の金額だけでなく将来的な目線でも考えてみましょう。


教育訓練給付制度を利用する

金銭的に厳しい人は教育訓練給付制度を利用しましょう。


教育訓練給付制度とは、一定の条件を満たした方が厚生労働大臣の指定する講座を受講し修了した場合、
支払った学費のうち20%(最大10万円)が支給される制度です。


雇用保険の加入期間を満たしている人は対象になりますので、忘れずにチェックしてください。大手のユーキャンでは下記のような30講座以上が対象になっていますので参考にどうそ。

ユーキャンより引用


まとめ:すぐに諦めない

今回は「フリーター向けにおすすめの資格」を紹介してきました。おさらいとして下記になります。

スクロールできます
種類活躍できる場所特徴
宅地建物取引士・不動産
・金融
・建築
不動産売買や賃貸の仲介に不可欠な国家資格で常にニーズが高い。
ファイナンシャル
プランナー
・保険
・金融
収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け将来のライフプランニングに即したアドバイスを行う
社会保険労務士・社会保険労務士事務所
・他士業の事務所
・企業の人事や総務部
・コンサルティング会社
・アウトソーシング会社
複雑化してゆく年金などの社会保障制度を円滑に活用できるよう手助けする。
行政書士・士業事務所
・一般企業
行政書士は幅広い法律の知識を持ち市民と行政をつなぐ身近な街の法律家。
運行管理者(貨物)・運送
・物流
トラックなどの事業用自動車が安全に運行できるよう管理・監督を行う。
旅行業務取扱管理者・旅行会社
・鉄道会社
・ホテル
・観光案内
旅行業務取扱管理者は旅行業界で唯一の国家資格。
医療事務・病院
・診療所
・クリニック
医療機関での受付・会計・診療報酬明細書の作成。
調剤薬局事務・調剤薬局調剤薬局での受付・会計・保険の確認や調剤報酬明細書の作成。
介護事務・介護サービス施設
・介護事業所
介護事業所での事務や介護報酬請求の業務、ケアマネジャーのサポート。
調理師・飲食店
・福祉施設
・会社の食堂
食品の「栄養」や「衛生」「適切な調理法」などの知識を持ち、安全な料理を作ることができる調理のプロ。
インテリア
コーディネーター
・不動産
・設計事務所
・デザイン事務所
お客様に快適な住環境を提供する住まいのスペシャリスト。
基本情報技術者・プログラマ
・システムエンジニア
・ネットワークエンジニア
・ソフトウェア品質管理担当者
・システム運用管理者
情報処理技術者として一定以上のスキルを持っていることの証明になる。

上記は実践向けで就職が有利になることや即戦力の人材になりやすい資格です。職歴や学歴が乏しい人にとって非常に強い武器になりますのでチャレンジしてみましょう。


また、頑張って勉強したにも関わらず「受からなかった」といったこともあると思いますが、数回の失敗で諦めないことも大事です。


そもそも未経験の状態からのスタートだと一発で合格するのは難しいことですし、学習は個人差がありますのであまり周りと気にしなくてOKです。


しかし、本記事で触れているように就職には年齢での有利不利がありますので、資格の取得が難しいと感じる人は独学ではなく有料教材を使って効率よく学習することも検討しておきましょう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次