フリーターがつらいと言われる理由から3つの選択肢を解説

フリーターがつらいと言われる理由から3つの選択肢を解説
  • URLをコピーしました!

フリーター生活が長くなればなるほど「つらい」と感じる瞬間が増え、「正社員になっておけばよかった」「若いうちにちゃんとしておけばよかった」と後悔する人が非常に多いです。


フリーターは自由な生活ができる反面でさまざまなリスクを抱えて生きていくことになるので後悔する人が多いのは当然でもあります。


そこで、後悔しない人生を歩むためにも本記事では、「そのままフリーターを続ける危険性」「これからの生き方」について解決していきたいと思いますので、参考にしつつ自分の人生を見つめ直してみましょう。

目次

フリーターがつらいと言われる理由

フリーターを続けてしまった誰もが下記のような理由から「つらい」と感じています。

  • 金銭的に苦しく余裕がない
  • 正社員との格差に気づいたとき
  • 将来の保証がなく常に不安
  • 社会的信用の影響でローンが組めない
  • 結婚相手が見つかりにくい
  • 恋人の親御さんに反対された
  • 世間体が悪いことに気づいた
  • 正社員で努力している人が輝いて見えた

このあたり、経験している人も多いと思います。
また、経験したことがない人でも数年以内に実体験することになります。

つらいことが多いフリーターから抜け出す方法

簡単なことですが、正社員になればOKですが、もう一つの方法としてフリーランスとして稼げばつらい生活から抜け出すことは可能です。


僕は「フリーター→正社員→フリーター→フリーランス」といったルートを歩んで来ましたが、正社員で働いたときも充実していましたし、フリーランスになった今も充実しています。


そして、この3つの中でフリーターだけには戻りたくないと本気で思っているぐらいフリーターの末路は悲惨です。

断言します。そのままだと100%後悔します

正社員のときホテル運営をしていたのですが、ホテル業は30〜60代のフリーターが多く集まる場所ですので、ある意味フリーターを続けた人の未来を知ることができました。

フリーターを続けた人は後悔ばかり

  • 若いうちにちゃんとしておけばよかった
  • 年齢を重ねてしまい行動意欲が出ない
  • 時給なので体調が悪くても働かないといけない
  • 身勝手な生活を続けた挙げ句の独身
  • 「いつかどうにかなる」はどうにもならない

上記のとおりで、フリーターを続けた人の多くが後悔しています。


20代ぐらいの年齢では「いつか正社員になればいいや」「このままの生活でも問題ない」という考えになってしまいがちですが、気づけば30代に突入し「就職先がない」「恋人すらいない」などの状況になってしまいます。

フリーターから正社員になれる人の割合

独立行政法人労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③」によると、フリーターから正社員に就職した人の割合は、以下となっています。

  • 15~19歳……29.9%
  • 20~24歳……32.7%
  • 25~29歳……25.5%
  • 3034……18.1%

当然ですが、30代に突入してしまうと就職しにくくなるので割合は一気に下がります。
そして、34歳を超えてしまうとさらに過酷な状況になるのは明白です。


この数字を見てどう捉えるかは人によると思いますが、一つだけ言えることは「就職するなら今がベストタイミング」ということです。

フリーターから正社員になる方法は多彩!


フリーターでいることがつらいなら行動しよう

繰り返しですが、フリーターでいることがつらい人はフリーター以外の道へ行くことでしか解決策はありませんので、正社員を目指すかフリーランスを目指すことを検討してみましょう。

正社員を目指すなら一刻も早く行動しよう

「フリーターから正社員になれる人の割合」で解説しているように、就職は年齢での有利不利が存在しますので、何歳だろうと有利なタイミングは「今」になります。


とはいえですが、フリーターの多くは「やりたいことがない」「学歴に自身がない」「キャリアがない」などの理由や「フリーターのほうが楽だ」という思いから正社員になることを拒んでいる人が多いと思います。


しかし、今という一瞬を見れば裕福でないにせよ生活できていることからフリーターを続けることに疑問を感じていないと思いますが、「そのままの生活を続けた未来」を考えてみてください。


たぶんですが、「現状をキープした生活が送れる」とは誰も思わないですよね。
つまり、未来を逆算すれば「正社員で安定した給料と充実した福利厚生を貰うことがいかに大事なことなんだ」と気づくはずです。

未来を逆算すれば危機感が出る


フリーランスでも充実した生活を送ることは可能

昨今、徐々に増えつつあるフリーランスですが、正社員になりたくないフリーターや「会社に依存した生き方が嫌だ」という人が目指す傾向にあり、僕も「フリーター→正社員→フリーター」を経てフリーランスになっていますのでそれぞれの現実を理解しているつもりです。

フリーランスのメリット

  • 正社員やフリーターでは絶対に得られない収入が手に入る
  • 基本的に在宅ワークなのでストレスもなく無駄な人間関係もない
  • 休みたい日を好きなように決めれ働く時間も自由にコントロールできる

上記のように、フリーターや正社員から見たら信じられないような内容だと思いますが、これがフリーランスの魅力です。


しかし、メリットがあるということは当然デメリットも存在します。

フリーランスのデメリット

  • 稼げるまで時間がかかり相当努力しないと稼げない
  • 正社員のような安定はなく福利厚生は皆無
  • 月給という保証がないので稼げなくなると人生終了

上記がフリーランスのデメリットであり、フリーランスで活動している誰もが感じていることになります。

正解はない。自分で見極めることが大事

結局のところ、どれがいいはありません。
人にはそれぞれ適正がありますので、つらいフリーター生活から抜け出すためには自分で見極める必要があります。

フリーター・正社員・フリーランスの比較

フリーター正社員フリーランス
収入
将来性
安定性
自由度
世間体
福利厚生
社会的信用

主観も入ってますが、ほぼ上記の認識で間違いありませんので、どのように生きていくことが最適なのか考えてみてください。

フリーランスになった経緯は天井が見えた

僕自身フリーター歴が7年ありつらい生活から抜け出すため正社員になって充実した生活を送ることができました。


しかし、不満もなく安定した生活を捨ててでもフリーランスを目指したキッカケは「天井が見えた」からになります。


ここから、僕の体験談になりますので、現在フリーターで「つらい」と感じている人は、「これからの人生をどう歩むべきなのか?」の参考にしてください。

フリーターから正社員になって変わったこと

まず、フリーターから正社員になったことで下記のような変化がありました。

  • 収入が上がり生活が楽になる
  • 社会的信用も上がったのでローンが組めるようになった
  • やりがいを見つけれたので「仕事がダルい」という感情がなくなった
  • お金を稼ぐ楽しさを知れて努力が給料に反映されるようになった
  • 合コンや同窓会に参加した際に周囲の反応がまったく違う
  • 給料や福利厚生が充実しいるので精神的にかなり楽になる
  • GW・お盆・正月にちゃんと連休を取れるようになった

正社員になれば「これほど充実した日々が送れるのか」と実感した瞬間で、定年まで余裕で働くことができる職場でした。


しかし、会社員の悩みでもある「ポスト問題」に直面します。

ポスト問題でフリーランスを決意する

ポストとは簡単に言うと、既存の幹部職が固定されている状態になります。


つまりは幹部職が辞めないと一生現状のままになることが確定していましたので、「これ以上の出世は見込めない」ということからフリーランスに転身することを決意します。

結果は正解

完全に結果論ですが、フリーランスに転身してよかったと思っています。
会社員のような安定性や充実した福利厚生を捨てた変わりに、収入は上がりわりと自由にお金を使うことができています。

正社員にせよフリーランスにせよどう生きるかは自分で見極めることが重要

結局、何が伝えたいのかというと、繰り返しですが「自分で見極める必要がある」ということでして、フリーターをしている現在のあなたには3つの選択肢があります。

  • フリーターのまま生きていく
  • 正社員を目指し就職活動を始める
  • 思い切ってフリーランスを目指す

上記の選択肢があるのですが、おすすめはありません。
正解を知るにはあなた自身が行動し「どの選択が自分にとって最適なのか?」をしっかり見極める必要があります。


ただし、将来的に後悔する可能が極めて高いのはフリーターのまま生きていく選択をした人になることだけは断言します。

まとめ:フリーターがつらいなら行動しよう

今回は「フリーターがつらい理由から3つの選択肢」を解説してきましが、今の状況をつくり出しているのは過去のあなたであり、未来のあなたをつくるのは今のあなたになります。


つまり、つらい状況から抜け出すには今からどのように行動するかが重要になり、何もしなければつらい状況から一生抜け出すことはできません。


繰り返しですが、僕は7年もの間つらいフリーター生活を続けてしまいましたが、正社員になりフリーランスとして活動している今はとても充実した日々に変えることができました。


また、僕は人に誇れるようなキャリアもなれば学歴もありません。
しかし、これほど充実した生活を手に入れている事実はありますので、あなたも努力すれば今より充実した日々を手に入れていることは可能です。

フリーター・ニート・新卒・代二新卒に特化した転職エージェントのまとめ

内定率が高いフリーターにおすすめの転職エージェント13選

転職エージェントは、転職を検討している方に対して仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

「学歴がない……」「職歴もない……」などの悩みを抱え、正社員になることを諦めている人は相談してみる価値あり!

転職エージェントは完全無料なので「正社員になりたい!」という思いがあれば誰でも利用可能です。

退職代行おすすめ12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう

おすすめの退職代行12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう
  • 会社を辞めたいけど上司が怖すぎて言えない
  • かなり疲れておりすぐに辞めたい
  • 職場環境的に辞めると言いづらい
  • とにかく今の職場を辞めたい

上記の思いを持っている方は退職代行を利用するタイミングかもしれません。

良質な会社なら忠誠を誓ってもいいですが、ブラック企業で消耗しても残るものは少しのお金と疲労感だけです。

人生や仕事の選択肢なんて無限大なので、すこし肩の力を抜いてみるのもありかなと思いますので、退職代行で人生をリスタートさせてみましょう。

失業保険しか貰わないのは損!
「退職コンシェルジュ」で最大28か月分の給付金を受け取ろう!

スクロールできます

退職したとき失業保険を貰えることは知っていると思いますが3か月程度しか受け取れないことがほとんです。

しかし、実は他にもお金を受け取れる仕組みがたくさんあることを知っている人は少なく、貰えるお金を貰わないで損をしているケースがあります。

  • 年齢が20歳~59歳
  • 社会保険に1年以上加入している(アルバイト・パートでもOK)
  • 退職前、退職予定の方
  • 転職先が決まっていない

上記に当てはまる人は誰でも貰える権利がありますので、最大28か月間お金が受け取れる社会給付金を受け取るためのサポートサービス「退職コンシェルジュ」をチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次