カテゴリー

【月収30万超えの方法あり】フリーターが収入を上げる4つの方法

フリーターで稼ぐ方法
  • URLをコピーしました!

本記事ではフリーター向けにお金を稼ぐ方法を紹介しています。


昨今は働き方が多様化されているのでさまざまな方法でお金を稼ぐことができます。また、働き方次第ではフリーターのままでも30万円以上稼ぐことができますのでチャレンジしてみてください。

目次

フリーターの平均月収は18万円

厚生労働省の「令和2年資金構造基本統計調査」によると非正規雇用であるフリーターの平均月収は18万円になり、男性で20万、女性が16万円になっています。


意外と多いと思ったかもですが、ここから「国民年金・国民健康保険・所得税・住民税」が引かれます。基本的に8割が手取りになりますので男性では約16万円、女性では約12万円まで下がります。

年齢と雇用形態別の平均月収

より具体的に知ってもらうため下記では年齢別に正社員と正社員以外の平均月収を記載してます。
※正社員以外→派遣・契約社員・アルバイト・パートなど

年齢男性:正社員男性:正社員以外女性:正社員女性:正社員以外
〜19歳18万6,900円16万8,900円17万8,600円16万6,800円
20〜24歳21万8,000円18万7,800円21万5,000円17万9,200円
25〜29歳25万6,700円21万2,800円24万2,200円19万8,900円
30〜34歳29万5,600円21万8,700円25万8,600円19万9,400円
35〜39歳33万3,400円22万5,100円27万4,500円19万7,400円
40〜44歳36万4,600円23万400円28万8,100円20万200円
45〜49歳39万0,600円23万6,200円29万2,600円19万9,200円
50〜54歳42万2,600円24万6,900円30万5,600円19万6,100円
55〜59歳42万8,600円24万2,800円30万5,300円19万2,800円
60〜64歳35万1,600円27万4,700円27万2,200円19万78,00円
65〜69歳31万円24万900円26万8,600円18万6,900円
70〜29万1,300円21万8,600円24万8,600円17万6200円
引用:厚生労働省 令和3年資金構造基本統計調査

上記のとおりですが、正社員では徐々に収入が上がり一般的な役職定年である55歳を超えたあたりから収入が下がっていきます。
※役職定年とは役職に就いている従業員において、定年を迎えるよりも先に役職を解くこと。


しかし、正社員以外の場合30万円を超えることはなく、基本的に20万円の範囲を超えることはありません。また、年齢とともに正社員との差が開いていくこともチェックしておきましょう。

最終的に億の差が出ることも

下記で「学校を卒業しただちにフルタイム非正社員として勤務し60歳で退職した場合」「学校を卒業しただちにフルタイム正社員として就職し60歳で退職した場合」の生涯資金を表にしています。

フルタイム非正社員の生涯資金

学歴男性女性
中卒134,200,000円108,300,000円
高卒130,700,000円103,800,000円
高専・短大卒131,900,000円107,300,000円
大卒・大学院卒153,900,000円121,500,000円
出典:労働政策研究・研修機構ユースフル労働統計2018


フルタイム正社員の生涯資金

学歴男性女性
中卒199,300,000円145,400,000円
高卒213,700,000円152,000,000円
高専・短大卒217,700,000円177,200,000円
大卒・大学院卒272,100,000円215,700,000円
出典:労働政策研究・研修機構ユースフル労働統計2018

データのとおりですが、正社員とフリーターでは生涯資金に大きな差が出ることは明白で、大卒では「男性120,000,000円」「女性90,000,000円」とかなりの差が開きます。


ちなみにですが、学校を卒業し60歳まで働きつづけた場合ですので、ニート期間のように働いていない時期があればさらに低くなります。


なお、上記のデータは退職金が含まれていません。退職金を含むと「中卒:1,000万円」「高卒:1,400万円」「高専・短大卒:1,600万円」「大卒・大学院卒:1,890万円」が正社員で働いた人の生涯資金にプラスされます。また、退職金を得てその後も平均引退年齢まで勤務するとさらに差が生まれます。

30万稼ぐとなると今の働き方では不可能

フリーターでも30万稼ぐことは可能で、事実フリーターのとき僕は32万円稼いでました。しかし、今の働き方では不可能なので次項から稼ぐ方法を4つ紹介していきますので、参考にしつつどの道に進むのか決めてみましょう。

フリーターが収入を上げる4つの方法

フリーターが収入を上げる方法は4つです。

  1. 高収入のバイトを始める
  2. アルバイトの掛け持ち
  3. 正社員を目指す
  4. 副業で稼ぐ

上記の方法で稼ぐことができますし月30万も狙えますが、注意点もあるので実例を交えながら解説していきます。

①:高収入のバイトを始める

単純ですが、フリーターで稼ぎたいと思っている人は下記のような高収入バイトを始めるのが手っ取り早く確実です。

  • パチンコ店
  • ホテル業
  • コールセンター
  • 仕分け作業

上記のバイトがおすすめな理由は時給がいいことはもちろんですが、後述する掛け持ちとの相性が非常によく、誰でも簡単に働けるのもおすすめする理由の一つです。


地域にもよりますが、週5で出勤すれば1つのバイトで15万〜18万円の月収を得ることができますので、組み合わせ次第では30万超えます。

②:アルバイトの掛け持ち

「フリーターでも30万円超える方法が知りたい」という人は、アルバイトの掛け持ちがおすすめです。


実例を出すと「パチコン店で月収17万円」「ホテル業で月収15万円」の計320,000円を毎月稼いだ過去があり、「パチコン店とホテル業」の掛け持ちが一番効率よく楽に稼げることができました。


また、アルバイトの掛け持ちで厄介なのがシフトですが、パチコン店とホテル業は募集している時間の幅が広いことから組み合わせが楽な傾向にあります。


早急にお金が必要な人はこの方法はおすすめなので下記の求人情報サイトからチェックしてみてください。


③:フリーターで稼ぐことを諦めて正社員を目指す

フリーターで稼ぐことは可能ですが、長い目で見れば正社員でキャリアを積み給料を上げるほうが効果的です。


「アルバイトで30万超え」というのは前述のとおり可能ですが、一生続けるのは非常に困難ですし基本的にフリーターは給料が上がらないので稼ぎつづけるには時間の消費が必須になります。


しかし、正社員なら昇給やボーナスなどの手当がありますので、長い目で見ると正社員で働き続けるほうが全てにおいて優遇される可能が高くなります。

④:副業で稼ぐ

副業はフリーターとの相性が非常によく、正社員で働くより多くの収入を得ている人はいます。

フリーターが稼ぎやすい理由

多くの時間を副業に使える

スキルレベルを上げるのが早い

稼げるまでの道のりも早くなる

副業で稼ぐには、スキルの習得や参入するジャンルの学習が必須になるので多くの時間を費やせるフリーターは稼げるスピードも早く、大きな金額を稼ぎやすい特徴があります。

フリーターにおすすめの副業

種類即金性難易度
アフィリエイト
Web制作
プログラマー
Webライター
動画編集
せどり、転売

上記の副業はフリーターとの相性がよく、しっかり学習しスキルを身につければ大きな金額を稼げるジャンルです。

稼げる目安

  • アフィリエイト→58万

  • Web制作→140万

  • Webライター→18万

  • 動画編集→5万

  • せどり、転売→27

上記は実際に僕が稼いだ金額です。プログラマーに関しては学習しただけなので参考値がありません。なお、稼げる金額はどれだけフルコミットするかで変わりますので「動画編集は稼げない」と勘違いしないようにしてください。


作業に費やせる時間が多いフリーターは副業で稼ぎやすいので「フリーターのまま稼ぎたい」などの気持ちがある人はチャレンジしてみてください。


副業が気になる人は下記をチェックしてください。


フリーターとして働いている今がチャンス

フリーターで生計を立てている人はある意味チャンスでもあり、今後の戦略を立てやすい状況でもあります。

稼げる方法を知ることができる

フリーターは良くも悪くも使える時間が多いので「どのように働けば稼ぐことができるのか?」ということを考える余裕があると思います。


たとえばですが、就職活動をして正社員になれば今より稼ぐことは可能になります。


しかし、選択肢は一つではなく「副業でWebライターを始める→Webコンテンツ会社に就職する→本業のWebコンテンツ会社+副業でWebライターもやる」というようなルートもあり、スキルがあればさまざまな稼ぎ方ができます。

気づいてないだけで稼ぐ方法はたくさんある

フリーターの人が「お金を稼がなくては!」と思ったときまっ先にアルバイトが思い浮かぶと思います。


もちろん、アルバイトがダメということではなく、どうせなら将来的にも稼げる方法を知り生活を安定させる行動を取ることも大事になります。

将来性がある方法を今のうちに模索する

繰り返しですが、フリーターである今はさまざまなことに挑戦できるチャンスなので、これからの行動次第であなたの人生を大きく変えることも可能です。


ただし、注意なのが「しっかりと将来性がある分野に挑戦する」ということは意識しておいてください。

30歳を超えているフリーターは副業にフルコミットするのもあり

30歳を超えているフリーターの人で「稼がないといけない」と思っている人は副業にフルコミットする方法もおすすめです。

就職する気になれない人が多いのが現状

30歳を超えてフリーターの人は「いまさら就職もな……」という気持ちの人が多いと思います。しかし、稼がないといけない状況にいる人が多いのも現状で、昨今はコロナウイルスの影響から数年前に比べて稼ぎにくくなっている人も多いのではないでしょうか?


とはいえ、就職が不利になりつつある年齢でもあり「やる気が出ない」という人も多く、これまでフリーターの経験しかない人は正社員になることに抵抗がある人も多いはずです。


そういった方はいっそうのこと正社員になって稼ぐ考えを捨てて、副業にフルコミットしフリーターを続けながら稼げる人材になる選択も視野に入れてみてください。

副業で人気の仕事は年齢が関係ない

紹介しているフリーターとの相性がいい副業ですが、共通して言えるのは年齢関係なく実力で稼ぐ分野になります。


実力で稼ぐ分野なので年齢での有利不利がなく「人目を気にしないで作業に打ち込める」というメリットもあります。


どうしても、30歳を超えての就職活動やアルバイトの面接は人目を気にする人が多いと思いますが、紹介している副業ならまったく気にする必要がないので選択肢の一つとして候補に入れてみてください。

まとめ:チャレンジせよ

今回はフリーターで稼ぐ4つの方法を紹介してきました。

  • 高収入のバイトを始める
  • アルバイトの掛け持ち
  • 正社員を目指す
  • 副業で稼ぐ

上記の方法で稼ぐことは可能ですので「将来性を考えつつ」チャレンジしてみてください。


なお、「稼ぎたい」という気持ちがある今が一番行動力のある瞬間でもあるので気持ちが途切れる前に行動に移すことをおすすめします。


繰り返しですが、収入を上げるには働くしなかく「収入上げたいな……」と悩むだけでなく、収入を上げる行動を起こすことが大事になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次