【収入を上げる方法あり】フリーターの平均年収から正社員との比較

フリーターの平均年収から正社員との比較
  • URLをコピーしました!

フリーターをしていると「自分の年収って平均なのかな?」と思う瞬間があると思いますが、平均年収を気にすることはこれらの生活を大きく変えるキッカケになりますので把握しておいて損はありません。


本記事では「正社員と非正規雇用であるフリーターの収入差」「平均年収に達していない人の解決策」を紹介していますので参考にしつつこれからの生活に変化をもたらしてみましょう。

目次

正社員と非正規雇用の収入差

国税庁 令和2年分の民間給与実態統計調査のデータによると正社員とフリーターなどの非正規雇用では大まかに男性「322万円」女性「231万円」もの収入差があります。

給与取得者の平均年収

男性女性
正社員(正規雇用)550万円384万円
非正規雇用228万円153万円
引用:民間給与実態統計調査

現在フリーターの方で「意外と多いかも」と思っている人がいるかもしれませんが、非正規雇用なので「派遣・契約社員・アルバイト・パート」などが含まれた平均になり、一般的に言われるフリーター(アルバイト・パート)のみで算出するともっと低くなります。

年齢と雇用形態別の平均月収

より具体的に知ってもらうため下記では年齢別に正社員と正社員以外の平均月収を記載してます。
※正社員以外→派遣・契約社員・アルバイト・パートなど

スクロールできます
年齢男性:正社員男性:正社員以外女性:正社員女性:正社員以外
〜19歳18万6,900円16万8,900円17万8,600円16万6,800円
20〜24歳21万8,000円18万7,800円21万5,000円17万9,200円
25〜29歳25万6,700円21万2,800円24万2,200円19万8,900円
30〜34歳29万5,600円21万8,700円25万8,600円19万9,400円
35〜39歳33万3,400円22万5,100円27万4,500円19万7,400円
40〜44歳36万4,600円23万400円28万8,100円20万200円
45〜49歳39万0,600円23万6,200円29万2,600円19万9,200円
50〜54歳42万2,600円24万6,900円30万5,600円19万6,100円
55〜59歳42万8,600円24万2,800円30万5,300円19万2,800円
60〜64歳35万1,600円27万4,700円27万2,200円19万78,00円
65〜69歳31万円24万900円26万8,600円18万6,900円
70〜29万1,300円21万8,600円24万8,600円17万6200円
引用:厚生労働省 令和3年資金構造基本統計調査

上記のとおりですが、正社員では徐々に収入が上がり一般的な役職定年である55歳を超えたあたりから収入が下がっていきます。
※役職定年とは役職に就いている従業員において、定年を迎えるよりも先に役職を解くこと。


しかし、正社員以外の場合30万円を超えることはなく、基本的に20万円の範囲を超えることはありません。また、年齢とともに正社員との差が開いていくこともチェックしておきましょう。

なお、「意外と差がない」と思っている人に残念なお知らせですが、上記の表は「超過労働給与額・時間外勤務手当・深夜勤務手当・休日出勤手当・宿日直手当・交替手当」として支給される給与を差し引いた額で、ボーナスも含まれていませんので、実際は思っている以上に差が出ています。


最終的に億の差が出ることも

下記で「学校を卒業しただちにフルタイム非正社員として勤務し60歳で退職した場合」「学校を卒業しただちにフルタイム正社員として就職し60歳で退職した場合」の生涯資金を表にしています。

フルタイム非正社員の生涯資金

学歴男性女性
中卒134,200,000円108,300,000円
高卒130,700,000円103,800,000円
高専・短大卒131,900,000円107,300,000円
大卒・大学院卒153,900,000円121,500,000円
出典:労働政策研究・研修機構ユースフル労働統計2018


フルタイム正社員の生涯資金

学歴男性女性
中卒199,300,000円145,400,000円
高卒213,700,000円152,000,000円
高専・短大卒217,700,000円177,200,000円
大卒・大学院卒272,100,000円215,700,000円
出典:労働政策研究・研修機構ユースフル労働統計2018

データのとおりですが、正社員とフリーターでは生涯資金に大きな差が出ることは明白で、大卒では「男性120,000,000円」「女性90,000,000円」とかなりの差が開きます。


ちなみにですが、学校を卒業し60歳まで働きつづけた場合ですので、ニート期間のように働いていない時期があればさらに低くなります。

なお、上記のデータは退職金が含まれていません。退職金を含むと「中卒:1,000万円」「高卒:1,400万円」「高専・短大卒:1,600万円」「大卒・大学院卒:1,890万円」が正社員で働いた人の生涯資金にプラスされます。また、退職金を得てその後も平均引退年齢まで勤務するとさらに差が生まれます。


平均年収に達していない人は将来を逆算してみよう

たぶんですが、収入を気にしている人は「今の収入に不満がある」「現状の生活をつづけることに不安がある」などの悩みを抱えいている思いまので、そのままフリーターをつづけるとどんな将来になるのかチェックしてみましょう。

フリーターのままではハードな人生になる

フリーターをづつけると下記のような悩みを抱えるようになります。

  • アルバイトで生活することは可能だが、かなりハードな人生になる
  • 年下が上司になりお荷物的な存在になる
  • 就職しようにもできない、選べない
  • 独身生活になる可能性が非常に高く結婚できても苦しい生活になる
  • 親に頼り続ける人生になる
  • 生涯資金が違うので生活の充実度に大きな差が出る
  • フリーターは福利厚生の恩恵を受けれないことがある
  • 社会的信用が低いので正社員と比べてできないことが多い

収入だけではなくフリーターにはさまざまデメリットがあり、今は問題なくても将来的に後悔する人が非常に多いです。


なお、フリーターの人は収入の多さに関わらず将来性を把握しておいて損はないのでこちら»フリーターに待ち受ける5つの末路からフリーターを続けるリスクの解説もチェックしてみましょう。
今のあなたにとって未来を知ることは非常に重要です。

フリーターのメリット・デメリットは把握しておこう

下記はフリーターと正社員の比較になります。

項目フリーター正社員
給料低い・上がらない高い・上がる
退職金なし会社による
自由度多い少ない
将来性低い高い
年金少ない多い
税金安い高い
福利厚生薄い充実
社会的信用低い高い
世間体悪い良い
恋愛不利有利

見てのとおり、フリーターのメリットと言えは「自由度が高い」というぐらいで、ほとんどのことで正社員より冷遇されてしまいます。


とはいえですが、正社員は「安定した給料」「充実した福利厚生」などさまざま恩恵がありますが、「会社のために働く人生になる」というデメリットもありますので、こちら»フリーター歴7年から正社員になって感じたメリット・デメリットを解説もチェックしてみてください。


僕自身フリーター歴が7年あり収入に不満もあったので正社員になりましが、「正社員には正社員のデメリットがある」と感じたので体系的にまとめています。

収入に不満があるフリーターは収入を増やすしかない

たぶんですが、フリーターの収入を気にしいている人は「収入が低い……なんとかしないと」という悩みがあると思いますが、お金の悩みはお金でしか解決できませんので収入を上げることを考えてみましょう。

フリーターから収入を増やす方法3選

  1. 働く時間を増やす
  2. 副業を始める
  3. 就活して正社員になる

上記のとおりで収入を上げるにはこの方法しかありません。

①:働く時間を増やす

フリーターの人はわりと働く時間を調節できると思います。
たとえばですが、「1日5時間しか働いてない」という人なら、8時間に増やすことで収入を上げることができます。


また、「これ以上時間を増やせない」という職場ならアルバイトの掛け持ちをすればOKです。


しかし、注意なのがアルバイトでいる以上、根本的な金銭問題を解決することは難しくどれだけ頑張っても「アルバイト」ですので不安定な生活から抜け出すことはできません。やはり、どこかで見切りをつけ後述する「副業で稼ぐ」「正社員になる」という選択をできるだけ早く決断することをおすすめします。

②:副業を始める

収入に悩みがある人は副業を始めることに一切の損はありません。

副業はメリットだらけ

  • 収入が上がる
  • スキルが身につく
  • 就職や転職で有利になる
  • フリーランスになれる
  • 会社に依存しな生き方ができる

上記のようなメリットがあり、あなたの抱えている悩みを解決する手段でもあります。


ただし、副業にはいくつか注意点があり、資産にならない仕事はNGになります。
たとえばですが、「軽作業」「コンビニ×居酒屋などの掛け持ち」のようなその場しのぎでしかない収入です。


これって一瞬は収入を上げることができますが、生活を維持するには働きつづけないといけないですし、そもそも「そんな生活いつまでつづけるのか?」という疑問も出てきす。


やはりですが、根本的なお金の問題を解決するにはアルバイトでは難しいので、副業とはいえしっかり資産になることに挑戦してみてください。


こちらで将来性もあり就職も有利になるフリーターにおすすめの副業を紹介していますのでチェックしてみましょう»【正社員より有利に稼げる】フリーターにおすすめの副業6選

③:就活して正社員になる

平均年収以下のフリーターが年収を増やす最適な方法は正社員になることです。
このあたりお気づきだと思いますが、正社員になれば「あなたが抱えている悩み」はほぼ解決できます。

なんだかんだ正社員が一番安定する

  • 給料が安定する
  • 給料が上がる可能性がある
  • 福利厚生が充実する
  • 社会的信用が高くなる
  • 仕事にやりがいを感じれる
  • 転職するとき有利になる
  • 将来貰える年金が多い
  • スキルが身につく
  • そう簡単に解雇できない

正社員になれば上記の恩恵を受けれるので年収を上げるだけでなくさまざま保証も同時に手に入れることができます。


昨今は「個人が稼ぐ時代だ!」と言われつつありますが、なんだかんだ正社員で働くことがまだまだ一般的ですので、収入を上げて安定した生活を送りたい人はフリーターから脱却し正社員を目指してみてください。

少しでも正社員に魅力を感じている人は早めに行動しよう

いたるところで言われていますが、正社員には年齢での有利不利があり30歳をラインに一気に状況が悪くなります。


もちろん、これまで「正社員の経験がありスキルも持っている」という人なら過去に勤務していた業種なら年齢関係なくわりと簡単に就職できると思います。


しかし、現在フリーターの人でかつ「アルバイト以外の職歴がなり」「実務に活用できるスキルもない」という人は、年齢以外で勝負できませんので1日でも早く就職活動を始めることをおすすめします。

20代ならポテンシャルで採用される可能性が大

あなたがまだ20代なのであればポテンシャルで採用してくれる企業はたくさんあり、今なら自分が求めている企業へ就職できる可能性は高いです。


しかし、繰り返しですが年齢を重ねてしまうとポテンシャルだけでは難しく「ポテンシャル+〇〇」といった企業にとってプラスの要素が必要になります。


もちろん、就職できないということでないですが、「行き先がかなり限られる」「ブラック企業の可能性が高くなる」という可能性が高くなります。

どちらにせよフリーターからの就職は就職支援サービスは必須

年齢関係なくフリーターの就職活動では、就職支援サービスを利用することをおすすめします。
特にフリーター歴が長い人こそ利用価値が高くなり、どんな状況の人でも優良企業へ行ける可能性が高くなりますので利用できるものはとことん活用していきましょう。

転職支援サービス一覧

  • 概ね40歳以下:転職エージェント
  • 誰でもOK:ハローワーク
  • 35歳未満:わかものハローワーク
  • 34歳以下ジョブカフェ
  • 35歳〜54歳:就職氷河期世代専門窓口

上記のように、世の中にはさまざま年齢に対応している就職支援サービスがあり、全て無料ですので利用しないのは損になります。


就職支援サービスの概要はこちらでまとめていますのでチェックしてみてください»【相談する価値あり】キャリアがないフリーターは就職支援サービスを活用しよう

なお、フリーターの人でありがちな「求人を見てもいいのがない」についてですが、絶対にそんなことはなくリサーチ不足なだけです。必ずあなたでも興味が出る職種や好きになる仕事がありますので就職支援サービスを活用しながら発掘してみてください。


まとめ:収入を上げるには働くしかない

今回は「フリーターの平均年収から正社員との比較」を紹介してきました。
たぶんですが、ほとんどのフリーターの方が平均年収に満たしていないのと思いますので収入を上げて豊な生活を送りたい人は働きましょう。


繰り返しですが、収入を上げるには働くしなかく「収入上げたいな……」と悩むだけでなく「収入を上げる行動を起こす」ということが大事になります。

フリーター・ニート・新卒・代二新卒に特化した転職エージェントのまとめ

内定率が高いフリーターにおすすめの転職エージェント13選

転職エージェントは、転職を検討している方に対して仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

「学歴がない……」「職歴もない……」などの悩みを抱え、正社員になることを諦めている人は相談してみる価値あり!

転職エージェントは完全無料なので「正社員になりたい!」という思いがあれば誰でも利用可能です。

退職代行おすすめ12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう

おすすめの退職代行12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう
  • 会社を辞めたいけど上司が怖すぎて言えない
  • かなり疲れておりすぐに辞めたい
  • 職場環境的に辞めると言いづらい
  • とにかく今の職場を辞めたい

上記の思いを持っている方は退職代行を利用するタイミングかもしれません。

良質な会社なら忠誠を誓ってもいいですが、ブラック企業で消耗しても残るものは少しのお金と疲労感だけです。

人生や仕事の選択肢なんて無限大なので、すこし肩の力を抜いてみるのもありかなと思いますので、退職代行で人生をリスタートさせてみましょう。

失業保険しか貰わないのは損!
「退職コンシェルジュ」で最大28か月分の給付金を受け取ろう!

スクロールできます

退職したとき失業保険を貰えることは知っていると思いますが3か月程度しか受け取れないことがほとんです。

しかし、実は他にもお金を受け取れる仕組みがたくさんあることを知っている人は少なく、貰えるお金を貰わないで損をしているケースがあります。

  • 年齢が20歳~59歳
  • 社会保険に1年以上加入している(アルバイト・パートでもOK)
  • 退職前、退職予定の方
  • 転職先が決まっていない

上記に当てはまる人は誰でも貰える権利がありますので、最大28か月間お金が受け取れる社会給付金を受け取るためのサポートサービス「退職コンシェルジュ」をチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次