フリーターから正社員になる7つの方法から未経験OKのおすすめ求人の紹介

フリーターから正社員になる8つの方法から未経験OKのおすすめ求人の紹介
  • URLをコピーしました!

フリーターからの就職活動は闇雲に活動しても「就職先が決まらない」となる可能性が高くなりますので、下記の内容を把握し戦略的に活動していきましょう。

本記事の内容

  • フリーターから正社員になる7つの方法
  • フリーターからの就職で押さえておきたいポイント
  • 面接時に企業はフリーターをどう見ているのか?
  • フリーターにおすすめの職種
  • フリーターの将来性から見た正社員との比較

フリーター歴が長ければ長いほど就職が不利になる事実はありますが、しっかりポイントを押さえながら活動すれば就職先を見つけることは可能です。


また、少しでも「正社員にないりたい」という気持ちになっている今がチャンスでもあるので、本記事を参考にしつつ優良企業に行けるよう行動してみてください。

目次

フリーターから正社員になるルート

フリーターから正社員になるルートは「今の職場に就職する」「求人情報誌から探す」以外にも下記の方法があります。

  1. 今の職場で正社員登録
  2. 求人サイトから応募
  3. 転職エージェントに登録
  4. 公的就職支援サービスの利用
  5. 求人情報誌からの応募
  6. 知人などの知り合いから紹介してもらう
  7. 紹介予定派遣

就職は一生のことを決める瞬間でもあるので安易に決めるのではなく、「あなたにとって最適な企業」をしっかり見極めるために幅広い方法で活動することをおすすめします。

①:今の職場で正社員登録

最も確実な方法が今の職場で正社員になることです。


今の職場ならこれまでの経験も生かすことができますし正社員になったところで覚える仕事も少なく、職場からしてもあなたが正社員になってくれることを喜ぶ人も多いはずです。


やはり、企業としてはアルバイトより正社員が増え職場が円滑に回ることを望みますので、一から教える手間も省け、付き合いが長いことから責任ある仕事も任せやすいので今の勤務先で正社員になることは誰にとってもメリットでしかありません。

②:求人サイトから応募

求人サイトはオンライン上で「求人情報の提供」「転職活動に関連するノウハウ」を提供しているサイトで、「転職サイト・転職情報サイト・求人情報サイト」と呼ばれることもあります。

おすすめ求人サイト

  • タウンワーク
  • はたらいく
  • アルパ
  • 求人ボックス
  • Indeed
  • doda
  • マイナビ転職
  • リクナビNEXT

フリーターの人が就職先を探す際に「タウンワークでいいのがなかった」と就職活動を断念する人が多いですが、上記のとおりさまざまな求人サイトがありますのでしっかり活用していきましょう。


求人サイトのほとんどは無料なので登録し幅広く探すことは優良企業に就職するために必須の作業になります。

タウンワーク・アルパ・Indeedあたりは閲覧する人は多いと思いますが、「doda・マイナビ転職・リクナビNEXT」は登録しないと見れないことから敬遠しがちですが、優良企業を発掘するためにしっかり活用してください。


③:転職エージェントに登録

転職エージェントとは、転職を検討している方と採用を考えている企業の間に立って、転職成功を支援するサービスで、求人動向や転職ノウハウに長けているキャリアアドバイザーが、求職者の転職活動を無料でサポートするサービスです。

転職エージェントのメリット

  • 転職サイトにはない非公開求人にも応募できる
  • 専任の転職エージェントが企業の内部情報や面接官の特徴など転職に必要な情報を提供してくれる
  • 専任エージェントのアドバイスを受け、市場価値やキャリアの発見ができる
  • 専任のエージェントから職務経歴書・履歴書のポイントや通過率をアップさせるノウハウを教えてもらえる
  • 専任のエージェント次第で模擬面接を行ってくれ、企業別に面接対策を行える
  • 専任エージェントが面接日程の調整や入社時期の調整を行ってくれる
  • 専任エージェントに年収交渉を依頼できる

上記のサポートを受けることができ、フリーターの悩みでもある「キャリアがない」「スキルがない」「学歴がない」など、就職に不利な条件があっても希望している条件に近い職場に行けるよう徹底的にサポートしてくれます。


どんな状況の方でも柔軟に対応してくれるので「就職に関する悩みがある」という人は一度相談してみてください。


»内定率が高いフリーターにおすすめの転職エージェント13選でフリーターが利用すべき転職エージェントから「利用するメリット・内定までの流れ」も紹介していますのでチェックしてみてください。

④:公的就職支援サービスの利用

公的就職支援サービスとは、厚生労働省や都道府県が実施する国の安定した雇用維持に努めるために配置された機関のことを言います。

公的就職支援サービス一覧

ハローワークは知っている人は多いと思いますが、フリーター向けにその他もさまざまな支援サービスがありますのでしっかり活用していきましょう。


また、「地域若者サポートステーション(サポステ)」という働くことに悩みを抱える若年無業者をサポートし職業的自立を促すために設置された相談窓口が厚生労働省委託の支援機関としてありますので、就職に関する悩みがある人は一人で悩まず専門の人に相談してみてください。

⑤:求人情報誌からの応募

求人誌には、未経験者向けに正社員募集の求人が掲載されていることがあります。
もし気になる求人を見つけた場合は、他の応募者に先を越される前になるべく早く応募するといいでしょう。


とはいえですが、昨今はほとんど求人サイトに掲載されるので、コンビニに立ち寄ったときなど見つけたらついでに持って帰るぐらいでいいと思います。

⑥:知人などの知り合いから紹介してもらう

知人などの知り合いからの紹介なら、事前に会社の雰囲気や仕事内容を聞いた上で応募するかを決められるため就職後のミスマッチを防げます。


また、採用担当者は予め人物像を聞いたうえで判断しますので、通常どおり面接に来る人よりも採用率は高く、「知人の紹介」という好材料があるため優先的に採用されることが多いでしょう。


しかし、知人などの紹介で入社する場合は下記の注意が必要です。

知人などの紹介で入社する際の注意点

  • 優先的に採用してもらっていることを忘れない
  • 入社後に「辞めたい」と思ったときは紹介者にも相談する
  • 紹介者のメンツを潰さないように行動する

人間関係に関わることなので上記のことは必ず守りましょう。

⑦:紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、派遣就業前または開始後に、派遣先企業に職業紹介することを前提としている労働者派遣のことをいい、派遣先企業と派遣スタッフの双方の合意が得られた場合、派遣スタッフは派遣先企業に直接雇用されますので正社員や契約社員を目指す人を中心に注目を集めています。


紹介予定派遣の派遣期間については、職種を問わず最長6ヶ月とされており、6ヶ月を超える派遣契約は認められていません。また、期間中の契約更新も認められていません。


いわば、「派遣期間が試用期間」となるのですが、紹介予定派遣で派遣されたからといって必ず直接雇用されるとは限りません。

フリーターからの就職で押さえたいポイント

フリーターから正社員になるルートを把握したところで、ここから「フリーターからの就職で押さえたいポイント」を紹介していきます。

8つのポイント押さえて内定を勝ち取ろう

フリーターからの就職では下記のポイントを押さえることで採用率を上げることができます。

  • 軸を決める
  • 応募企業を選り好みしない
  • 自己分析し自己PRを明確に
  • 面接時の対策をする
  • フリーターである現状を説明できるようにする
  • 面接官の問いかけに「ない」はNG
  • 給与や待遇の質問はほどほどに
  • 見た目でマイナスな印象を与えない

正社員の面接はアルバイトとは違い「シフトに入れるなら誰でもいい」とはなりません。
「企業にとって最適な人材なのか」ということを見られますので、あなたが思っている以上に徹底対策しておくことをおすすめします。


なお、8つのポイントはこちらで詳しく解説していますので「面接に落ちたくない」という人はチェックしてください»就職が決まらないフリーターが見直すべき8つのポイント
特に「正社員になったことがない」という人は必見です。

企業はフリーターをどう見ている?フリーターの就職が難しいと言われる理由

なんとなくでも「フリーターからの就職は難しい」というイメージがあると思いますが、ここから「フリーターの就職が難しい理由」から「フリーターでも内定がもらえる人の特徴」を解説します。


ここの理解ができれば効果的な就職活動ができるのでチェックしておきましょう。

フリーターの就職が難しい3つの理由

フリーターの就職が難しいと言われる理由は、企業が下記のような目線で見ていることが原因です。

  • なんとなくフリーターをしているでは?
  • 長く勤めることができないのでは?
  • ビジネススキルに問題があるのでは?

上記のように、「フリーター=〇〇」というイメージを持っていることがフリーターの就職を難しくしています。

なんとなくフリーターをしているのでは?

将来のためや生活のためにやむを得ず就職しなかった人がいる一方で、「なんとなく」フリーターになる人が一定数います。こうした一部のマイナスイメージから、フリーターの採用に慎重になる会社は少なくありません。


長く勤めることができないのでは?

フリーターをしている人で「短期間で退職を繰り返してるい」という人の影響から、「採用してもすぐ辞めそう」というイメージを持っている人は一定数います。
会社側としては採用後に長く勤めてもらうことが当然の考えなので、アルバイトとはいえ繰り返し退職している人を積極的に採用したいとは思えません。


ビジネススキルに問題があるのでは?

フリーターに関わらずですが、年齢が上がるにつれてビジネススキルが求められるようになります。
たとえばですが、新卒で入社し5年間勤めて退職したのち、「2年間フリーターです」という人ならば「5年間正社員としてのキャリアがある」と証明することが可能です。
しかし、「フリーターしか経験がない」という人だと、キャリアを証明することができませんし、年齢を重ねてしまうとポテンシャルだけでは採用が難しくなるのが現状です。


フリーターでも内定がもらえる人の特徴

「フリーターはやっぱり就職が難しいのか」と思ってしまう内容ですが、下記の特徴がある人はわりと簡単に内定をゲットしています。

  • 仕事に対してのモチベーションが高い
  • 就職先で活かせるスキルを持っている
  • 履歴書や面接対策を完璧に準備している
  • 自己分析ができており自分の強みや弱みを理解している
  • 闇雲に活動するのではなく「自分に合った方法」で活動している
  • 個人で戦わず、第三者の力をしっかり活用できている

フリーター歴が長ければ長いほど、就職が難しくなるのは事実としてありますが、戦略的に活動すればマイナスイメージをかき消すことができ内定を勝ち取ることができます。

フリーターが就職しやすいおすすめの職種3選

フリーターの人で「就職したいけど正社員の経験がないから行き先に困っている」という人は多いと思いますので、ここでは未経験でも就職しやすい職種を紹介していきます。

未経験から始めれるおすすめの職種3選

  1. 営業職
  2. 販売職
  3. 事務職

上記は「未経験OK」だけでなく、学歴不問も多い職種ですので、「こんな仕事もあるんだ」の参考にしてください。

なお、「職種」とは業務内容によって分けられた仕事で「営業職・販売職・事務職」などに分類される個人の仕事内容。「業種(業界)」とは会社や個人が営む事業のことで「金融業・不動産業・建築業・製造業」などがあります。

就職活動するとき覚えておいて損はないので把握しておき、「営業職をやりたい!」という人は「〇〇業界で営業職をやりたい」というぐらい明確にすると求人を探す範囲が狭まるので効率的です。


また、面接時に「営業職に従事していました」よりも「〇〇業界の営業職に従事していました」のほうが、具体性が増し相手にも伝わりやすいので、「自分がどの業種でどんな職に就きたいor就いてた」というのは把握しておきましょう。

①:営業職

営業職とは、自社のサービスや商品によって客の願望に答え、課題解決して契約に繋げる仕事のことで経験や年齢を問わず活躍できる職種です。


営業が契約を取り付けて商品やサービスを提供することで売上が発生するため、企業にとって営業の存在は欠かせません。


また、営業職の多くは営業実績に応じたインセンティブを設けていることが多く「月収100万」「年収1,000万」を現実的に狙うことができます。

営業職が活躍する分野

  • 人材業
  • メディア業
  • 旅行業
  • 金融業
  • インターネット業
  • 不動産業
  • 保険業

営業職はかなりの数があり、上記はほんの一例です。


なお僕自身、不動産業で営業の経験があるので断言しますが、マジで学歴や職歴は関係なく「実力世界」です。


もちろん、大手の企業は「大卒から」などの条件はありますが、学歴よりも「どれだけ自社の製品を売ることができるのか」が営業には重要なので、採用基準のハードルを低く設定し「能力がある人材を多く集める」というスタンスになっています。

②:販売職

販売職は、主に店舗で商品を販売する仕事で、店舗への来客者に対して接客し商品購入のサポートを行います。
具体的な業務は「接客・レジ打ち・商品の品出し・在庫管理・レイアウト決め」があります。

販売職が活躍する分野

  • アパレル
  • 百貨店
  • 家電量販店
  • 携帯電話・通信
  • スーパー・ドラッグストア
  • 美容部員・化粧品販売

販売職はそれぞれの季節でどんなものが売れやすいのかを敏感に察知するだけでなく、新商品を売るためのディスプレイや、安く売るために安く仕入れるための工夫など、その仕事内容は幅広いものです。

③:事務職

事務職とは、書類の作成や処理、ファイリングや整理、データ入力や電話応対・来客応対などの業務全般を担うポジションを意味し企業の活動に必要不可欠な存在になります。


未経験でもチャレンジが可能だったり、他の職種に比べ帰宅時刻をコントロールしやすいので女性人気の高い職種になります。

事務職の種類は多彩

一般事務・OA事務書類の作成・処理・ファイリングやデータ入力、郵便物の発送・仕分けなどを担当。特定の部署の仕事を専門的に担当するのではなく、幅広い領域の仕事に携わることが多い。
営業事務営業部に配属され、他の社員の営業・販売業務をサポートする。見積書、請求書などの作成・発送のほか、電話・来客応対が主な仕事。プレゼンテーション資料の作成や業務効率化提案を行うことも。
経理事務現金の出納(支払い・受取り)、伝票の仕分けや処理、経費精算、決算書類の作成補助など。また、書類の作成や処理を通して、会社が行うお金のやり取りの管理をする。
人事事務・労務事務社員の採用や退職、異動に関する手続きや、給与計算、社会保険の手続きなどに携わる仕事。公的な機関とのやり取りも発生するため、正確な書類作成が求められる。
総務事務備品の管理・発注やオフィス・建物の管理などを行う。社内外で行われるイベントの運営・準備などを担当することも。「人事事務・総務事務」と統合されている会社も多い。
法務事務会社内で扱われる法的な書類を作成・管理する仕事。契約書、覚書のチェックや保存などを主に担当する。必要に応じて社員からの問い合わせに答えたり、顧問弁護士への取り次ぎなども行う。
貿易事務輸出・輸入に関する手続きや申請を行う仕事。主な仕事内容に、通関書類の作成、通関手配、輸送手段・倉庫の手配が挙げられる。海外とのやり取りが発生するため、英会話や英文書類作成のスキルを求められることも。
学校事務・大学事務小中学校、高校、大学などの学校で働く事務職のこと。学校の規模によって仕事内容は異なるが、中小規模の学校では、経理事務、人事事務・労務事務、総務事務の仕事を一手に引き受けていることが多い。学生とのコミュニケーションが発生するのが特徴。
医療事務病院の受付や会計、レセプト業務を行う仕事。レセプト業務には専門的な知識が必要になるケースがあり、さまざまな資格も存在する。そのほか、電話対応やカルテの管理も医療事務の仕事。
マイナビキャリレーションより引用

事務職は他の社員が円滑に仕事ができるようサポートする役割になり、企業にとってなくてはならない存在です。


また、「未経験歓迎」が多い職種なのと、単純に人気が高い職種なので「事務職をやりたい」という人は早めに行動することをおすすめします。

厚労省によれば、2020年10月における事務的職業の有効求人倍率は0.33倍でした。有効求人倍率とは求職者1人あたりにつき何件の求人があるのかを示す指標で、1倍を下回ると求人数よりも求職者数が多いことを示しています。つまり、数値が低いほど転職市場は厳しいということです。同月における職業全体の有効求人倍率は0.97なので、事務職の転職事情がいかに厳しいかはお分かりいただけるでしょう。
参考:厚労省|職業別一般職業紹介状況【実数】(常用(含パート))

繰り返しですが、事務職は非常に人気の高い職種なので不採用になっても気にしなくてOKで、ぶっちゃけ「数撃ちゃ当たる」というのがあります。

フリーターの将来性は把握しておこう

フリーターの中には「正社員になる踏ん切りがつかない」という悩みを抱えている人もいると思いますので、ここでは「フリーターの将来性」について紹介していきます。


ここの理解ができればフリーターでいることの危険性に気づくことができると思いますのでチェックしてください。

フリーターに待ち受ける5つの末路から3つのリスク

フリーターの誰もが下記のようになる可能性がることは把握しておいてください。

フリーターに待ち受ける5つの末路

  • アルバイトで生活することは可能だが、かなりハードな人生になる
  • 年下が上司になりお荷物的な存在になる
  • 就職しようにもできない、選べない
  • 独身生活になる可能性が非常に高く結婚できても苦しい生活になる
  • 親に頼り続ける人生になる

「自分はそうならない」と思う内容かもしれませんが、フリーターを続けてしまった誰もが直面することです。

フリーターが抱える3つのリスク

  • 正社員と生涯資金が違うので生活の充実度に大きな差が出る
  • フリーターは福利厚生の恩恵を受けれないことがある
  • 社会的信用が低いので正社員と比べてできないことが多い

フリーターは正社員と違いほとんどの場面で冷遇されます。
何事も冷遇されるということは、常にリスクを背負って生活する必要があり、正社員で生活している人と比較しても人生の豊かさが圧倒的に違います。

フリーターの末路とリスクを詳しく知りたい人はチェック!


フリーターの末路を把握することはこれからの行動力に大きく影響しますのでぜひチェックしてみてください。

フリーター生活を続けていい結果になっている人は少ない

これが答えですが、フリーターを続けてしまった人の末路でいい結果になっている人は極稀です。


いい結果は人によって違うと思いますが、「好きなものも買えない」「結婚もしにくい」「昇給もボーナスもない」「一生時給で働く必要がある」「社会的信用が低い」など、さまざまなデメリットを抱えて生活する未来を想像してみてください。


たぶんですが、そんな生活に憧れる人なんていないですよね?


フリーターをしている事情は人それぞれにあると思いますが、本記事で紹介しているように、世の中にはさまざまな方法で就職先を見つけることができ「就職先がない」というのは基本的にあり得ない問題ですので、少しでもフリーターから脱却したい気持ちがある人は行動に移してみてください。


行動に移し適切な方法で活動すれば必ず大きなリターンを得ることができます。

まとめ:ブラック企業に行かないよう注意

今回は「フリーターから正社員になる方法」について紹介してきました。


本記事で紹介しているように就職するための方法はたくさんありますので、優良企業に就職するために利用できるものはしっかり活用してください。


なお、最後に注意点として、ブラック企業を回避するためにもフリーターからの就職では転職エージェントを挟むことをおすすめします。


特に、「求人サイトや求人情報誌」で探す予定の人は要注意で、個人で応募するタイプの求人は入社してみないとブラックかどうかの判断が非常に難しく、企業情報を調べるにしても個人では限界があります。


しかし、転職エージェントなら企業情報を持っていることが多いので、求人サイトや求人情報誌で気になる求人があるならキープし、その内容を転職エージェントに伝えてみてください。
この方法ならリスク回避になるだけでなく、似たような求人も紹介してくれるので一石二鳥です。

\ランキング参加中/
ポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

フリーター・ニート・新卒・代二新卒に特化した転職エージェントのまとめ

既卒・代二新卒・フリーター・ニートにおすすめの転職エージェント13選

転職エージェントは、転職を検討している方に対して仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

「学歴がない……」「職歴もない……」などの悩みを抱え、正社員になることを諦めている人は相談してみる価値あり!

転職エージェントは完全無料なので「正社員になりたい!」という思いがあれば誰でも利用可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる