カテゴリー

フリーターに待ち受ける8つの末路から悲惨な未来を回避する方法

フリーターに待ち受ける8つの末路から悲惨な未来を回避する方法
  • URLをコピーしました!

フリーターとは正社員ではなく契約社員やアルバイトとして働く人々を指します。彼らの生活や将来について言及することは、さまざまな要素が関係しており結論を出すことは難しいです。


ただし、一般的にフリーターは正社員に比べて給与や福利厚生が劣っており、安定した生活を送ることが難しいとされています。また、雇用保護も正社員に比べて劣っており、解雇などのリスクも高いと言われています。


そこで、本記事ではフリーターでいることの危険性に気づいてもらうために、「フリーターをつづけた先の末路」を紹介していきますので自分を見つめ直すことはもちろん、フリーター脱却の参考にしてください。

目次

フリーターの末路はかなりハードな人生になる可能性が大

冒頭で伝えているとおり、フリーターは正社員に比べて給与や福利厚生が劣っており、安定した生活を送ることが困難であると考えられています。また、雇用保護も正社員に比べて劣っており、解雇や仕事の保証がないため、不安定な生活を送る必要があることもあります。


また、長期的にフリーターとして働くことで、将来の保障が提供されないことも問題の一つです。たとば、年金や健康保険などの福利厚生がないため、将来的に困った状況に陥る可能性があります。


そのうえ、フリーターにとって最大の問題点は就労の不安定性です。契約期間や労働時間が不定なので、働き方にも柔軟性を持たなければいけません。

フリーターをつづけた先の未来

では、具体的にフリーターをつづけるとどうなるのかチェックしてみましょう。

  1. アルバイトで生活することは可能だがハードな人生になる
  2. 年下が上司になりお荷物的な存在になる
  3. 就職しようにもできない、選べない
  4. 独身生活になる可能性が非常に高く結婚できても苦しい生活になる
  5. 親に頼り続ける人生になる
  6. 生涯資金が違うので生活の充実度に大きな差が出る
  7. フリーターは福利厚生の恩恵を受けれないことがある
  8. 社会的信用が低いので正社員と比べてできないことが多い

「そんなことないよ」と思うかもしれませんが、現実になったとき後悔する人が多く「若いうちにちゃんとやっておけばよかった」と誰もが思う内容ですので、「自分もこうなるかもしれない」という思いを持っておいてください。

①:アルバイトで生活することは可能だが、かなりハードな人生になる

ぶっちゃけアルバイトで生活することは可能で、「今まで就職したことがない」という高齢フリーターはいます。


しかし、ほとんどの人が「その日暮らし」を強いられており「食べるので精一杯」という生活になっているのが現状で、正社員で働いている人に比べると贅沢な生活はできません。


やはり、フリーターは給料が安定しないことや、そもそも賃金が低いので貯金はおろか「毎月ギリギリで生活している」という人がほとんどです。

②:年下が上司になりお荷物的な存在になる

若手の社員からすると厄介な存在が「勤務歴の長いアルバイト」になります。
アルバイトとはいえ、勤務歴が長いと仕事内容を熟知しており、新しいスタッフに仕事を教えるなど正社員に近い存在になっている人は多いです。


しかし、結局はアルバイトなので年下でも正社員ならその人が上司になりますが、勤務歴が長いアルバイトは自分のポジションを守るために職場内で権威や威厳があるかのような行動をする人が多く、若手の社員からすると扱いにくくてしょうがありません。


また、当の本人は職場内をかき乱していることに気づいていないことがほとんどですが、社員同士の会話では「あの人どうにかならないかな……」と噂になっていることは多々あります。

③:就職しようにもできない、選べない

フリーターを続けている誰もが一度は考えることが「正社員になろうかな」ですよね。


アルバイトと比較しても「安定した給料」「充実した福利厚生」など、全てにおいて優遇されるので正社員になることがいいのは明白です。


しかし、下記のデータから分かるように年齢次第では就職が難しいのが現状で、「もっと早くに就職しておけばよかった……」と後悔する人が非常に多いです。

フリーターから正社員になった割合

  • 15~19歳……29.9%
  • 20~24歳……32.7%
  • 25~29歳……25.5%
  • 30~34歳……18.1%

上記は独立行政法人労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③」による、フリーターから正社員に就職した人の割合ですが、30代前半の時点で正社員就職に成功している人の割合は約5人に1人以下ですので、30代後半になるとさらに厳しくなることは予想されます。


また、転職サポートサービスの多くでも「対象年齢30歳以下」という条件があることからも30歳を超えてから就職が難しいことは明白で、逆に条件を設けていない企業はブラック率が高い傾向にあります。

④:独身生活になる可能性が非常に高く結婚できても苦しい生活になる

フリーターはそもそも恋愛対象になりにくいことや、25歳を過ぎた頃から交際相手に求める条件として「職業」を重視するようになり、正社員としての安定性や充実した福利厚生があるないというのは「結婚相手にふさわしいのか」に直結する問題になります。


結婚は好きという感情だけではできないので、フリーターとの交際にリスクを感じる人は多く、特に男性フリーターは真摯に受け止めるべき問題です。


もちろん、フリーター同士で結婚している人や「旦那はフリーターです」という人はいますが、苦しい生活を強いられることや世間体もよくない傾向にあります。


このあたり、あなたを含め周りのフリーターを見てもらえば分かることですが、フリーターの男性で結婚している人は「転職するために一時的にフリーター」などのように、理由がある人を除いて極端に少ないと思います。

⑤:親に頼り続ける人生になる

フリーターをつづけいる多くが20代の頃は自立していても、年齢を増すたびに親に頼る生活に戻る人が多くなります。

フリーターが親に頼る理由は「楽」だから

  • 生活を維持するお金がない
  • 急にシフトを減らせれてピンチ
  • 恋人もいないから一人でいるのが寂しい
  • 友人とも疎遠になり一人が寂しい
  • なんだかんだどんな状況であれ親だけは理解してくれる

上記のとおりですが、親と同居すると精神的にも金銭的にも楽になることが頼り続ける理由になります。


「親に頼ることの何が悪いの?」と思っているかもしれませんが、世間一般的な見解としては「いい年して親に頼るってどうなの?」という考えが普通です。

⑥:生涯資金が違うので生活の充実度に大きな差が出る

下記は「学校を卒業しただちにフルタイム非正社員として勤務し60歳で退職した場合」「学校を卒業しただちにフルタイム正社員として就職し60歳で退職した場合」の生涯資金を表にしたものです。

フルタイム非正社員の生涯資金

学歴男性女性
中卒134,200,000円108,300,000円
高卒130,700,000円103,800,000円
高専・短大卒131,900,000円107,300,000円
大卒・大学院卒153,900,000円121,500,000円
出典:労働政策研究・研修機構ユースフル労働統計2018


フルタイム正社員の生涯資金

学歴男性女性
中卒199,300,000円145,400,000円
高卒213,700,000円152,000,000円
高専・短大卒217,700,000円177,200,000円
大卒・大学院卒272,100,000円215,700,000円
出典:労働政策研究・研修機構ユースフル労働統計2018

データのとおりですが、正社員とフリーターでは生涯資金に大きな差が出ることは明白で、大卒では「男性120,000,000円」「女性90,000,000円」とかなりの差が開きます。


冷静に考えてほしいのですが生涯資金に約1億という差があると、「正社員で働けば今より1億円もの自由なお金が生まれる」ということでもあり、当然ですがこれだけの余剰資金がある人は生活の充実度がまったく違います。


生涯資金が低いフリーターは「好きな物も買えない」「お金の不安に縛られる」といったように、一生限られた範囲での生活を強いられることになります。

なお、上記のデータは退職金が含まれていません。退職金を含むと「中卒:1,000万円」「高卒:1,400万円」「高専・短大卒:1,600万円」「大卒・大学院卒:1,890万円」が正社員で働いた人の生涯資金にプラスされます。また、退職金を得てその後も平均引退年齢まで勤務するとさらに差が生まれます。


⑦:フリーターは福利厚生の恩恵を受けれないことがある

アルバイトなどの非正規社員に福利厚生を適用する会社もあるものの、正規雇用と比べると限定的であったり、福利厚生の中に利用できないものが含まれているケースがあります。

法定福利厚生は利用できても、法定外福利厚生が使えない

社会保険は法定福利厚生なので、フリーターであっても要件を満たしていれば加入できますが、企業が独自に定めている下記のような「法定外福利厚生」は正規雇用でないと利用できないことが多々あります。

  • 社宅
  • 通勤費
  • 家族手当
  • 医療、健康
  • 社員食堂
  • 資格取得手当
  • 特別休暇
  • 宿泊、旅行
  • 健康促進
  • 育児や介護支援
  • 自己啓発
  • スポーツクラブ

上記のように、昇給やボーナスといった給料以外にもさまざまな恩恵を受けれるのが正規雇用になります。

⑧:社会的信用が低いので正社員と比べてできないことが多い

正社員と比較して生涯資金が低いことや受けれる恩恵が少ないことはもちろんですが、もう一つ大きな問題が「社会的信用の低さ」になります。

社会的信用が低いと困ることが多い

  • 自動車など高額ローンが通らない
  • クレジットカードが作れない
  • 賃貸物件が借りれない
  • 交際相手として認めてもらえない

信用というのは「自分は大丈夫です」と言ったところで世の中は認めてくれませんので、信用を証明する一つとして「正規雇用で働いている」というのは非常に重要なポイントになります。


もちろん、「正社員になれば全ての信用を満たすことができる」ということではありませんが、フリーターと正社員とでは、そもそも「信用のベース」が違います。

学歴によってかなり厳しいことになる

これまでの解説のとおり、フリーターの末路は厳しい現実が待っていますが、フリーターといっても状況はさまざまで「大卒なのか中卒なのか」のように、学歴によって今後の厳しさも変わっていきます。


そして、日本はまだまだ学歴で人を見る傾向が強いでの、中卒フリーターの人は相当厳しい現実になる可能性があります。

中卒だと倍以上に厳しい現実が待っている

中卒はどうしても悪いイメージがあり、プラスでフリーターまで加わってしまうとかなり印象は悪くなりますので、早急に対策するためにも中卒フリーターの人はこちら»【未来は変えれる】中卒フリーターの末路から後悔しない人生を歩む方法もチェックしておいてください。

正社員を目指すならとにかく早く行動すること

これまでの解説でフリーターのつづけた先に待ち受ける悲惨な現実は理解できたと思いますので、正社員を目指す気持ちが少しでも出た人は1日でも早く行動することをおすすめします。

20代ならいくらでも選択肢がある

20代のフリーターならいくらでも選択肢があるので今からでも就活を始めてみてください。これまで紹介した方法を試してもらえばかなりの求人候補が出てくるはずです。


しかし、20代前半と後半では徐々に状況が変わってきますので、「20代のうちに見つければいいか」ではなく、「今すぐ探さないといい求人がなくなってしまう」という意識を持っておきましょう。

30代なら妥協しつつ最適な求人をチェック

20代ならば職歴よりも若さやポテンシャルだけで採用される可能性は高いですが、30代なると「職歴+スキル」がセットになり、即戦力になる人材でないと難しいのが現状です。


もちろん、30代でも未経験者を歓迎している職場はありますが、条件や待遇が悪くブラック率が上がり、競争率も高くなる傾向にあります。


そのため、30代のフリーターが就職を考えたとき「今すぐ行動すること+就職支援を徹底的に利用する」を意識しておきましょう。


30代のフリーターが闇雲に就活しても「いい求人がない」で諦めてしまうので、就職支援を活用しつつ今からでも入社できる優良企業をチェックしてください。

タイムリミットは意識しない

よく「就職のタイムリミットは35歳まで」と言いますが、ここは気にしないことをおすすめします。タイムリミットを気にすると「あと3年以内に就職すればいいか」と余裕を持ってしまうので、タイムリミットを考えるのではなく、「就職が有利なタイミングは今」という意識を持ちましょう。

求人情報誌だけで就職先を探すのはNG

求人情報誌だけで就職先を探すのは情報が限られているため、就職先の選択肢が狭くなってしまうという問題があります。


フリーターの人は「求人情報誌をチェック→いいのがない」で終わってしまう傾向がありますので、下記の転職エージェントも併用してみましょう。

スクロールできます
サイト名
リクルートエージェント

マイナビエージェント

doda

JAIC

ハタラクティブ
求人数
年齢20〜50代20〜30代20〜50代18〜39歳18〜29歳
特徴業界トップ20代〜30代に人気転職者満足度No.1フリーターに特化フリーターに特化
公式サイト詳細詳細詳細詳細詳細

転職エージェントは、基本的にサービス内容は一緒なので、上記のような大手を中心にいくつか登録しておけばOKです。

正社員になりたくないフリーターはフリーランスもあり

正社員になりたくないフリーターは、フリーランスとして働くことも選択肢の一つです。フリーランスは、独立したプロフェッショナルとして仕事を受けることができ、自分のスキルや経験を活かし、自由に働くことができます。


また、フリーランスは契約社員やアルバイトとは違い、仕事の量や報酬などは自分が決めることができるので、プライベートと仕事のバランスを取ることができるのもメリットになります。

リスクを取って会社に依存しない生き方を選ぶのか?

フリーランスになるためにはスキルや経験が必要であり、起業にはリスクが伴うため自己責任が求められます。また、福利厚生や年金なども自分で用意する必要があるため、将来的な保障についても考える必要があります。


正社員として勤務すれば、月収や福利厚生があるので安定はしていると思いますが、人によっては有料企業へ就職することが困難な状況になっているフリーターもいると思います。


そういった人はいっそうのこと、リスクはあるもののフリーランスを目指して、大きなお金を稼いでみるのもありかなと思います。

30代のフリーターは真摯に考えるべき

30代の就職は厳しいと言われ、特に仕事経験が浅い人や、職種を転換したい人にとっては、難しい状況になりフリーター歴が長い30代は相当ハードになると予想されます。


もちろん、大卒で過去に大手企業に勤めていたとかなら、優良企業に入社するチャンスはあると思いますが、そもそもそういった人はすでに就職しているはずです。


つまり、30代でフリーターをしている多くの人は「いまさら就職する気になれない」と思っている人は多いのではないでしょうか?


であるならば、会社に依存することなく福利厚生などのリスクは伴うものの、大きなお金を稼げるチャンスがあり、独立した生活を送れるフリーランスを目指してもいいかなと思います。

フリーターからフリーランスになって成功している人は多い

フリーターは時間を有効活用できるため、就職しないでフリーランスとして成功している人は多く、正社員から目指すよりもはるかに有利になります。


また、フリーランスの多くは「正規雇用になりたくない」という気持ちをモチベーションに、安定した生活を手に入れるよ努力をしています。


もちろん、フリーランスを目指す全員が成功することはありませんが、フリーランスを目指した過程で身につけたスキルや知識は財産となり、就職するときアピールすることもできますし、フリーターをしつつ副業で稼ぎ、他の分野に挑戦する機会を得ることもできます。

選択肢があることを把握し最適な道を選ぶ

これまでの解説で分かるように、フリーターから脱却するには、正社員を目指すかフリーランスになるの2択があります。


フリーターに待ち受ける悲惨な末路を回避したい人はだちらかの道に進むか検討してみましょう。

今動かないとたぶんずっとそのまま

今までフリーターをつづけてきた理由はそれぞれにあると思いますが、これまでの人生で、就職できるタイミングや、就職しないといけないなどの気持ちになったことはあると思います


しかし、今もなおフリーターをつづけている人は、今から行動しないとこまれでと同じ人生になります。


ただし、これまでと違う部分として「正社員とフリーランス」の2択があることに気づけた人も多いはずです。これまでは「フリーターの人は就職しましょう」といった意見しかなかったところに、フリーランスという新たな選択肢が出てきています。


つまり、どちらにもやる気が起きないとフリーターから抜け出すのは難しく、数年先に後悔することでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次