【相談する価値あり】キャリアがないフリーターは就職支援サービスを活用しよう

キャリアがないフリーターは就職支援サービスを活用しよう
  • URLをコピーしました!

「就職したいけどキャリアがないからできない……」という悩みが原因でフリーター生活をつづけている人は多いと思いますが、どんな状況の人でも就職支援サービスを利用すれば就職先を見つけれる可能性を飛躍的に上げることができます。


本記事ではそんな「キャリアがないフリーター」に向けて就職支援サービスの概要から、就職しやすくなる理由を解説していますので、「正社員になって安定した生活を送りたい」という人はチェックしてください。


フリーター生活が長くなればなるほど就職が不利になってしまう事実はありますが、不利な状況から抜け出す方法を知り、適切な方法で活動すればあなたでも就職することは可能ですのでしっかり活用していきましょう。

目次

就職支援サービスの概要

就職支援サービスは主に、転職エージェントなどの民間企業が行う支援から、ハローワークのように国や各都道府県が運営するものがありますのでまずは種類を把握していきましょう。

転職エージェント

転職エージェントとは、就職や転職を検討している人と採用を考えている企業の間に立って活動を支援するサービスで、転職支援のプロがマンツーマンでキャリアカウンセリングを行い、求職者の「強み」「特性」を引き出し最適な求人企業を無料で紹介してくれます。


また、求職者のために専任の担当者がさまざまなサポートをしてくれますので、どの就職支援サービスよりも内定率が高い傾向にあります。

転職サイトとの違いとは?

よくある疑問で転職サイトと転職エージェントの違いについてですが、転職サイトは求職者が自発的に求人検索し応募することが主で入社まですべて個人で行う必要があります。


一方、転職エージェントは下記のサポートを受けることができます。

  • 転職サイトにはない非公開求人にも応募できる
  • 専任の転職エージェントが企業の内部情報や面接官の特徴など転職に必要な情報を提供してくれる
  • 専任エージェントのアドバイスを受け、市場価値やキャリアの発見ができる
  • 専任のエージェントから職務経歴書・履歴書のポイントや通過率をアップさせるノウハウを教えてもらえる
  • 専任のエージェント次第で模擬面接を行ってくれ、企業別に面接対策を行える
  • 専任エージェントが面接日程の調整や入社時期の調整を行ってくれる
  • 専任エージェントに年収交渉を依頼できる

これらのサポートを受けながら専任のキャリアアドバイサーと二人三脚で活動するので、転職サイトと転職エージェントではそもそも用途が違います。

ハローワーク

一度は利用を検討したことがあろうハローワークですが、ハローワークは民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する機関で、地域の総合的雇用サービス機関として「職業紹介・雇用保険・雇用対策」などの業務を一体的に実施する公共職業安定所のことで「職安」とも呼ばれています。


「年齢・就業経験・転職経験」に関係なく、働く場所を求めるすべての人が利用できるため、「幅広い業種や職種をチェックしたい」「年齢的に就職先がない」と考えている人は利用価値が高いでしょう。

出典:»ハローワーク


わかものハローワーク

わかものハローワークは、正社員就職を目指すおおむね35歳未満の方が利用できる支援サービスで、全国25ヶ所に拠点があり、「わかもの支援コーナー」「わかもの支援窓口」とともに、専門の職員である就職支援ナビゲーターがマンツーマンで就職活動をサポートします。


前述のハローワークとは違い、わかものハローワークでは「職業相談・職業紹介・応募書類の添削・セミナーへの参加」など、さまざまなサービスを無料で受けれるので転職エージェントに近い存在になります。

出典:»わかものハローワーク


ジョブカフェ

ジョブカフェは都道府県が主体的に設置する若者(34歳以下)の就職支援をワンストップで行う施設になり、厚生労働省でも、都道府県の要望に応じてジョブカフェにハローワークを併設し職業紹介等を行うなど、都道府県と連携しながら支援に取り組んでいます。


ジョブカフェは通称で、本当の名前は「若年者のためのワンストップサービスセンター」といい、その名のとおり、若者が自分に合った仕事を見つけるための支援サービスになり、各地域の特色を活かして就職セミナーや職場体験、カウンセリングや職業相談、職業紹介などさまざまなサービスを行っています。

出典:»ジョブカフェ


就職氷河期世代専門窓口

厚生労働省は氷河期世代への支援として、全国のハローワークに「氷河期世代専門窓口」を配置しており、35歳〜54歳までの方を対象とした就職支援サービスになります。


この専門窓口は「不安定な状態のひとが抱える複雑な課題などの状況を踏まえた支援をする」という目標で作られたので、多くの人がゴールにたどり着くことができるよう、単に対象世代専用の窓口にするのではなくさまざまなバックボーンに対応できるチーム制を採用しています。

具体的な支援内容

  • キャリアコンサルティングや求人開拓など、就職から職場定着まで一貫した支援
  • 就職に向けての履歴書の書き方支援や摸擬面接など、きめ細やかな支援
  • 就職氷河期世代の方を対象としたセミナーを開催
  • 就職後も仕事について不安や悩み相談でフォロー

上記のサポートを行いながら35歳〜54歳までの方を対象に就職支援を行います。
※なお、令和3年度に「就職氷河期世代専門窓口」を利用した12,504人が正社員で就職できています。

出典:»就職氷河期専門窓口


キャリアがないフリーターは利用価値が高い

就職支援サービスの概要を把握したところでここから「キャリアがないフリーターが就職支援サービスを利用したほうがいい理由」について解説していきますが、結論は「就職しやすい」になります。

就職支援サービスを利用すれば可能性を上げれる

  • キャリアアドバイザーが企業に斡旋してくれるので内定しやすい
  • キャリアカウンセリングであなたに合った職を見つけれる
  • 面接対策や必要書類など就職に必要な準備をサポートしてくれる
  • そもそもフリーター向けの求人を扱っている

キャリアがないフリーターでも上記の理由から就職支援サービスを利用することで効果的な就職活動ができるようになります。

キャリアがないフリーターは不利なことは把握しておこう

新卒の入社ではキャリアがないのは当然なのでここが理由で不利になることはありませんが、現在フリーターであるあなたが就職する際には3つのキャリアをチェックされることがあります。

チェックされる3つのキャリアとは?

  • 技術や知識の経験
  • 転職回数と転職履歴
  • 年齢

たとえばですが、35歳で転職回数が5回あったとしても全ての職が一貫して「プログラマーです」という人なら、その経験を生かせる職場への転職であれば、年齢関係なくキャリアで評価される可能性が高いです。


しかし、これまで「就職したことがない」「就職していても職種はバラバラ」「何度も転職している」「年齢も30代に突入する」というフリーターだと、評価に値するキャリアがありませんので、採用する側としては「ぜひとも我社で働いてほしい」とはなりません。

不利な状況のまま放置しない

フリーターからの就職では「今に至るまで何をして過ごしていたのか?」が重要になりますので、フリーター生活が長くなればなるほど不利な状況に追い込まれる事実はあります。


しかし、紹介している就職支援サービスを利用することでキャリアがないフリーターでも就職しやすくなることは間違いありませんので利用できものはしっかり活用していきましょう。

なお、就職支援サービスはブラック企業を排除しているのでリスク回避のためにも利用価値は高いです。


就職支援サービスの選び方

これまで5つの就職支援サービスを紹介してきましが、「どれを利用すればいいのか分からない」となると思いますので、ここから選び方を解説していきますが、「結論は全て利用する」です。

優良求人を逃さないために全部チェックしよう

優良求人を逃さないために対象年齢を満たしているサービスは全て利用することをおすすめします。

数は重要

優良求人を発掘するためには幅広く探すしか方法はありませんので地道にチェックしてください。


とはいえ、「めんどくさい」と思う人がほとんどだと思いますので、転職エージェントを再候補に利用すればOKです。

転職エージェントはシンプルに使いやすい

ハローワークなどの国が運営するサービスはぶっちゃけ使いにくいので、シンプルで使いやすくフリーターに特化しているサービスが多い転職エージェントを再候補にするのが最適です。


ただし、注意ですが「ハローワークなどは使いにくいから利用しない」は優良求人を逃す可能性があるので使わない選択を持つのはNGです。しっかり活用しあなたにとって最適な求人を見つけていきましょう。

なお、就職は一生のことを決める瞬間でもあるので、多くの求人をチェックし必ず比較してください。そして、比較するためにはさまざまな就職支援サービスを併用しないとできません。


転職エージェントはフリーターに特化したサービスを利用しよう

転職エージェントにはさまざまな種類がありますが、フリーターの方は「フリーターに特化した転職エージェント」を利用してください。


転職者向け(正社員→正社員)の転職エージェントは「フリーターを対象とした求人が少ない」「そもそも利用できない」といったことが多々ありますので、あなたの状況とマッチしている転職エージェントを使うことがマッチング精度の高い求人を知る方法でもあります。

まとめ:しっかり活用すれば就職できる

今回は「キャリアがないフリーターは就職支援サービスの利用がおすすめ」について解説してきました。

利用できるもはとことん利用し効果的な就職活動を始めよう

上記の支援サービスを利用して効果的な就職活動を行っていきましょう。


なお、フリーター向けにおすすめしている転職エージェントをまとめていますので「就職したい」「就職活動に不安や悩みがある」「目指す方向性が分からない」「とりあえずどんな求人があるのか知りたい」という方は利用してみてください»内定率が高いフリーターにおすすめの転職エージェント13選

フリーター・ニート・新卒・代二新卒に特化した転職エージェントのまとめ

内定率が高いフリーターにおすすめの転職エージェント13選

転職エージェントは、転職を検討している方に対して仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

「学歴がない……」「職歴もない……」などの悩みを抱え、正社員になることを諦めている人は相談してみる価値あり!

転職エージェントは完全無料なので「正社員になりたい!」という思いがあれば誰でも利用可能です。

退職代行おすすめ12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう

おすすめの退職代行12社を徹底比較!迷ったら人気ランキングを利用しよう
  • 会社を辞めたいけど上司が怖すぎて言えない
  • かなり疲れておりすぐに辞めたい
  • 職場環境的に辞めると言いづらい
  • とにかく今の職場を辞めたい

上記の思いを持っている方は退職代行を利用するタイミングかもしれません。

良質な会社なら忠誠を誓ってもいいですが、ブラック企業で消耗しても残るものは少しのお金と疲労感だけです。

人生や仕事の選択肢なんて無限大なので、すこし肩の力を抜いてみるのもありかなと思いますので、退職代行で人生をリスタートさせてみましょう。

失業保険しか貰わないのは損!
「退職コンシェルジュ」で最大28か月分の給付金を受け取ろう!

スクロールできます

退職したとき失業保険を貰えることは知っていると思いますが3か月程度しか受け取れないことがほとんです。

しかし、実は他にもお金を受け取れる仕組みがたくさんあることを知っている人は少なく、貰えるお金を貰わないで損をしているケースがあります。

  • 年齢が20歳~59歳
  • 社会保険に1年以上加入している(アルバイト・パートでもOK)
  • 退職前、退職予定の方
  • 転職先が決まっていない

上記に当てはまる人は誰でも貰える権利がありますので、最大28か月間お金が受け取れる社会給付金を受け取るためのサポートサービス「退職コンシェルジュ」をチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次