【月30万も可】田舎すぎてバイトがない人向けに稼ぐ方法の解説

田舎すぎてバイトがない人向けに稼ぐ方法の解説
  • URLをコピーしました!

田舎に住んでいる人の多くは「働く場所がない」「あっても募集が集中してしまう」などの理由からバイトするだけでも一苦労になりますよね。


また、バイト先を見つけても「通勤に1時間かかる」などの理由から断念する人も多いと思いますが、今の時代インターネット環境とパソコンがあれば家にいながら稼ぐことができますので、本記事では「田舎すぎてバイトがない」という人に向けて稼ぐ方法を紹介していきます。

目次

田舎すぎてバイトがない人はフリーランスになろう

田舎すぎてバイトがない人はフリーランスになって稼げばOKです。この方法なら都会でバイトするより稼げます。

フリーランスとは?

そもそもフリーランスとは、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、業務委託により自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主になります。


昨今は働き方が多様化されているので正社員にならずにフリーランスとして生活している人が増えてきています。


また、就職した先で身につけたスキルや知識を使って副業を始め、稼げるようになったら会社を辞めて地元に戻ってフリーランスになる人もいます。

IT系の職業に就いた人は東京で就職したあとフリーランスとして地方に戻る人は多いです。東京は大手企業が多いのでスキルを向上させるには最適なので、最短でスキルを身につけたあと地元に戻ってフリーランスになるのは合理的な方法です。


田舎の人にフリーランスがおすすめな理由

フリーランスがおすすめな理由は「田舎でも稼げる」というだけではありません。

  • 場所を選ぶことなく働ける
  • スキルが身につく
  • 収入に上限がない
  • 就職が有利になる
  • 就職せずに暮らせる
  • 全国の人と交流が広がる

上記のとおりですが、コンビニなどでアルバイトをするよりもあなたの財産になる要素が盛り込まれているのもフリーランスの魅力です。

フリーランスを始めることはメリットが多い

おすすめな理由を見て分かるようにフリーランスになることで、コンビニなどのアルバイトでは絶対に身につかないようなスキルを習得することができ、収入も上限がありませんのでやればやるだけお金が入ってきます。


また、田舎の人にありがちな「就職先がない」という問題も解決することができ、「学校を卒業したら専業でフリーランスになる」という道も確保できます。


このように、フリーランスは「田舎すぎてバイトがない」という人にとって非常におすすめできる働き方になりますので、バイト先に困っている人はチャレンジしてみましょう。

フリーランスにおすすめの仕事

では、実際にフリーランスにおすすめの仕事を僕の実体験を交えつつ紹介していきますのでチェックしてみましょう。

狙うべきは需要がある仕事

狙うべき仕事は下記のように需要があるものがおすすめです。

  • プログラマー
  • Web制作
  • 動画編集
  • Webライター
  • アフィリエイト

これらの仕事はパソコン1台あれば稼ぐことができ、企業が求める「持っておいてほしいスキル」を満たしたものなので、需要は高く就職するときもアピールすることができます。

スキルを横展開することも可能

紹介している仕事はスキルが必要になりますが、一つのスキルが派生して横展開させることもできます。

Webライターを始める

稼ぎならがらライティングのスキルが身につく

身につけたスキルを使ってアフィリエイトを始める

Webライターをしつつアフィリエイトでも稼げる

上記のように、一度身につけたスキルは横展開することができ稼げる金額も増えていきます。


コンビニなどのアルバイトでは無理ですよね。
このように、さまざまな方面に展開させれるのがスキルというものです。

稼げる金額の参考

「実際どれぐらい稼げるの?」と疑問があると思いますので僕が稼いだ最高金額を下記に出しています。

  • アフィリエイト→58万

  • Web制作→140万

  • Webライター→18万

  • 動画編集→5万

プログラマーに関しては経験したのみなので参考値を出せませんが、その他は上記のとおりです。


なお、動画編集が5万となっていますが、ここは注意が必要で僕が動画編集をつづけなかっただけです。動画編集にフルコミットしていればもっと稼げてます。


というよりも、昨今は動画編集ブームですので稼ぎやすさは一番かもです。


おすすめしている仕事の詳しい情報はこちら»【人生を変えるチャンス】フリーターにおすすめの副業6選で解説していますので気になる人はチェックしてください。

実際の案件を見てみよう

実際にどんな案件がありどれぐらいの報酬が出るのかいくつか参考を出してみます。

Webライター案件

Webライターは「文字単価×文字数」で決まります。文字単価1.5円で3,000文字だと4,500円の収入になります。

Web制作の案件

Web制作などのスキルが必須の仕事は報酬も高額になります。


フリーランスの案件はかなりの数があり、ジャンルもさまざまなので下記よりチェックしてみてください。案件を請ける側は全て無料で利用できます。

フリーランスに必須のサイト

記載できないぐらいかなりの種類がありますので、興味が出るジャンルをピックアップしてみましょう。

【朗報】フリーランスの単価は上がる

フリーランスの仕事はやった分だけ収入になりますが、プラスで単価を上げることができます。


たとえばですが、先ほどのWebライターだと継続し単価の交渉をすることで「1文字2円〜」とか、ベテランなら1文字10円などもいます。


これは特別なことではなくフリーランス界隈では当たり前のことなので、記載されている報酬しか貰えないとは思わないように注意してください。

なお、僕がWebライターを始めたときは最初は1記事6,000円でしたが、継続し交渉したところ1記事8,000円になりました。ちなみに3,000文字の案件でしたので3時間で完了します。


視点を変えて考えることが重要

生まる場所は選べないので今ある環境のなかで最適解を見つけいかないといけません。もちろんコンビニなどのアルバイトが悪いということではありませんが、どうせなら稼ぐこともでき将来的にも役に立つことを始めてみてはいかかでしょうか。

「ないものはない」と割り切る

ヤフー知恵袋などで「田舎すぎてバイト先がありません。どうしたらいいですか?」といった投稿をよく目にしますが、ないものはないのでここで悩んでもしょうがないかなと思いますし、本記事で取り上げているようにインターネット環境があれば田舎でもお金を稼ぐことはできます


また、田舎あるあるかもですが、通勤が不便なことが多く「遠くて通うのがめんどくさい」という悩みも、フリーランスなら家で作業するので簡単に解決できます。

最適な手段があるのに挑戦しないのは損

これまでの解説で分かるように、フリーランスは田舎に住んでいる人にとってかなり魅力的ではないでしょうか。


もちろん、人には向き不向きがあるので全員が稼げるとはなりませんが、挑戦せずにき決めるのは機会損失につながります。


また、一つ試して微妙だっだからと諦めるのではなく、さまざまなジャンルに挑戦したあとに決めてもいいかなと思います。

まとめ:フリーランスは田舎に住んでいる人の救世主になる

今回は「田舎すぎてバイトがない人向けに稼ぐ方法」の紹介をしてきました。繰り返しですが、フリーランスならあながた抱えているバイトの悩みを解決するだけではなく、将来的にも役に立つスキルが身につきます。


「田舎に生まれなければ……」と思う瞬間もあると思いますが、昨今はインターネットとパソコンがあればどこにいても稼ぐことができる時代です。


また、都会に出て働くよりも今の環境にいつつ稼ぐほうがはるかにランニングコストは低く、有意義な人生を送れるメリットもありますので、フリーランスが気になる人は下記のサイトから始めてみてください。

フリーランス向けのサイトは案件を請ける側は全て無料で理由できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次