カテゴリー

【保存版】コンテンツSEOとは?初心者に向けて重要性を徹底ガイド

【SEOの根幹】初心者に向けてコンテンツSEOの重要性を徹底ガイド
  • URLをコピーしました!

コンテンツSEOはあらゆるSEO戦略において重要な役割を果たします。


本記事ではコンテンツSEOが重要なことを分かりやすく解説していきますので、上位表示されるコンテンツ作りのヒントにしてください。

目次

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、Googleなどの検索エンジンでランク付けするように設計されたコンテンツのことです。


コンテンツは「中身」「内容」という意味であり、インターネットを通して伝えられる情報のことです。基本的に「文章・写真・映像・図・デザイン」などを組み合わせて作られ、検索エンジンに最適化する目的で作るので「コンテンツSEO」と言います。

コンテンツSEOがなぜ重要なのか?

コンテンツSEOが重要な理由は、Googleなどの検索エンジンがWebサイトを読むため、サイト内で使用する言葉によって検索結果ページでサイトの順位が決まるからです。


もちろん、Webサイトは優れたユーザーインターフェイスを備えたデザインであるべきですし、Googleで上位表示させるための技術的な要素も全てカバーする必要があります。


しかし、質の高いコンテンツがなければ検索エンジンであなたのサイトが上位に表示される可能性は低くなります。

キーワードのリサーチが最初のステップ

キーワードのリサーチとは、基本的にランクインさせたいキーワードのリストを作成するために行うステップのことです。


アクセスを生み出すには読者が何を求めて検索しているのかを知る必要があるため、すべてのコンテンツSEOはキーワード調査から始める必要があります。

キーワード調査の手順

  • 扱うテーマを決める
  • テーマに関するキーワードをリストアップ
  • 一つずつキーワードごとに検索意図やニーズを探る

キーワード調査を適切に行えば人々が使用する用語と、サイト内のページを検索させるための用語を明確に把握することができます。

コンテンツSEOにとってキーワード調査が重要な理由

適切なキーワード調査を行うことで、読者がどのような検索キーワードを使用しているかが明確になり、これは非常に重要です。


誰も使わない言葉のためにコンテンツを書き最適化することはなんの意味もありません。


適切なキーワード調査を行い、ターゲットが検索するキーワードを狙ったコンテンツを作成することで、Webサイトが価値あるものなります。

キーワードの種類を把握し戦略を立てる

ここでは、コンテンツSEOにこれから携わる人のために、キーワード戦略について解説しています。SEO対策のなかでもキーワードはアクセスに直結する問題なのでしっかり学習していきましょう。

キーワードは1単語だけではない

「キーワード」という言葉をいつも使いがちですが、必ずしも1つの単語とは限りません。


たとえばですが、「東京 観光 おすすめ」もキーワードですし、「明日の天気を知りたい」もキーワードです。つまり、キーワードとは、ユーザーが検索するであろう言葉や語句のことで、文字数や単語の数は関係ありません。

ビッグキーワードとロングテールキーワード

ビッグキーワードとは「東京」のように単一の言葉からなるキーワードのことで、検索数が非常に多く、そのキーワードで上位表示できれば多くのアクセスを集めることができますが、攻略が難しいキーワードになります。


ロングテールキーワードは、前述の「東京 観光 おすすめ」がまさにロングテールキーワードで、複数の単語で構成されたキーワードになり、上位表示させやすいキーワードになります。

単語が少ないと難易度が上がる

上記のようにキーワードの数で検索数に大きな差が出ますので、「東京というビッグキーワードを狙えばいいのか」と考えると思いますがこれはNGです。


「東京」のようなビッグキーワードは「大手のサイト」「企業」「ドメインパワーが非常に強いサイト」でないと、たとえ中身がまったく同じコンテンツでも上位表示されません。


なので、これからコンテンツSEOをはじめる人はロングテールキーワードを狙って、徐々にビッグキーワードでも評価されていくようなコンテンツを作ることが重要です。

少し難しいと思いますが、要するに「東京」というビッグキーワードを上げたいなら「東京 観光」で評価される必要があり、「東京 観光」で上位表示するには「東京 観光 おすすめ」「東京 観光 値段」などのキーワードで上位表示を目指すということです。


キーワードの個数

キーワードの個数は扱うテーマによって異なりますが、扱うテーマがニッチなものでも数百のキーワードをコンテンツ化することになります。


前述の「東京 観光」だけでも関連するキーワードは1,434個はあります。しかし、すべてのキーワードを一気に作成する必要はありません。


WordPressのようなCMS(コンテンツマネジメントシステム)であれば、徐々にコンテンツを追加していくことができますので、「重要なキーワードから作成する」と優先順位を決めてコンテンツを作っていきましょう。

キーワードの検索意図

キーワードの調査をするときはユーザーの検索意図について考えることが重要で、「ユーザーがなんの情報を探しているのか」を把握しないといけません。


たとえばですが、「車のタイヤ交換」と検索する人の95%が情報的な意図を持っているのに、タイヤを売るためのコンテンツを作成するとおそらく順位は上がりません。


つまり、キーワードに対して的外れなコンテンツを作成している状態です。


各キーワードにはおおよその検索意図は決まっており、ここを知るためにはキーワードで上位表示されているWebサイトをチェックし、ユーザーのニーズに答えるようなコンテンツを作っていきましょう。

サイトの構造を最適化

コンテンツSEOで2つ目の重要なポイントはサイトの構造です。まず、なぜサイトの構造が重要なのかを説明し、次に理想的なサイトとはどのようなものかを紹介します。

コンテンツSEOにサイトの構造が重要な理由

サイトの構造は重要なランキング要因になります。

優れた構造はGoogleがサイトを理解するのに役立つ

サイトの構造は最も重要なコンテンツがどこにあるのか重要な手がかりをGoogleに伝えます。


サイトの構造は検索エンジンがサイトの内容を理解しているかどうか、サイトの目的と意図に関連するコンテンツを検索してインデックスに登録するのが容易なのか決定します。


したがって、優れたサイト構造はGoogleでの上位表示につながり、他のページからリンクを集めている既存のコンテンツを利用して他のページもランクインさせることができます。

ピラミッドをイメージして構造すればOK

理想的なのはピラミッドのようなサイト構造です。ピラミッドの頂点にはトップページがあり、トップページにはいくつかの他ページ(カテゴリーページなど)へのリンクが張られ、これらのページはさらに多くのページにリンクしています。


イメージとしは下記の画像です。

SEOコンテンツにおける内部リンクで構造化したもの

効果的なコンテンツSEO戦略では、キーワード戦略とサイト構造の方法が連動しており、画像のように関連するものは記事同士でつながっています。


サイト構造も同様に、二分化させる必要があり、ビッグキーワードにフォーカスしたページはピラミッドの高い位置に配置し、ロングテールキーワードに最適化されたページはサイト構造の低い位置に表示されるべきです。

検索数を表した図

ピラミッドの下部にあるロングテールキーワードの記事は、ピラミッドの上位にあるページと正しくリンクさせる必要があります。

サイトの構造をGoogleに最適化するヒント

コンテンツSEOに真剣に取り組むのであればすでにWebサイトを持っていると思いますが、サイト構造を理想的なピラミッド型に設定し直すには少し遅すぎるかもしれません。


とはいえ、サイト構造とSEOコンテンツを改善するためにできることはまだありますので、ここから改善するためのヒントを解説していきます。

なお、Webサイトを立ち上げたばかりの人ならゼロから構築したほうが早いかもしれません。変に設定しているサイトの改善は手間になります。


軸となるコンテンツを決める

まずは軸となる記事を特定するために、一番ランク付けしたいと思うキーワードを決めて記事にしてみましょう。


決まっている人は問題ないですが、どの記事が一番重要か決めてない人は今すぐ考えてください。そして、基盤にする記事をサイトで一番最高のものに磨き上げていきましょう。

内部リンクで関連記事をつなげる

軸となる記事を決めたら、関連する記事から内部リンクでつなげていきます。そうすればGoogleはどの記事を上位に表示すべきかを知ることができます。


先ほどのピラミッドを思い返してみましょう。

検索数を表した図

もしも「東京」というキーワードを狙って書いた記事を軸にしたなら、その下層になる「東京 観光」「東京 観光 おすすめ」「東京 観光 おすすめ 女性」を狙って書いた記事から「東京」に内部リンクしましょう。

重複コンテンツを避ける

Webサイトを運営していると必ずと言っていいほど重複したコンテンツが出てきます。読者としてはそこまで気にならないと思いますが、Googleなどの検索エンジンは同じコンテンツを検索結果に表示させたくないので表示するコンテンツを選択します。


さらに、重複しているコンテンツは両方の順位が低くくなってしまう場合があり、どちらかを削除したり、内部リンクを活用して別記事であることを認識させる対策が必要です。


そして、重複していることを「カニバリゼーション」と呼び、共食いしている状態になります。

カニバリゼーションはGoogleサーチコンソールで確認

カニバリゼーションはGoogleサーチコンソールからチェックでき、別ページなのに検索順位が並んでいるものが重複したコンテンツです。


また、キーワードを検索して確認することもでき、日によって違うページが表示される場合も重複したコンテンツになります。

古いコンテンツを削除する

古いコンテンツはSEO対策のために定期的なメンテナンスが必要で、評価されていないコンテンツならサイトに悪影響なので削除してください。


ただし、そのページに貴重な被リンクがあるかもしれませんので、この場合はページをリライトするか書き直しリダイレクトしてください。


リダイレクトとはサイトやページなどを新しいURLに変更した際に自動的で転送する仕組みのことで、元のページが受けていたSEO評価も引き継ぎます

コンテンツを孤立させない

孤立したコンテンツとは、自サイトの記事や投稿からリンクされていない記事のことを指し、Googleはこのようなコンテンツを重要度が低いと判断します。


なので、ある記事があなたにとって重要であれば、他の関連するコンテンツから特定の記事にリンクを張ることでGoogleから高評価を得る可能性が上がります。


また、孤立するコンテンツが出る原因として、Webサイトの設計が疎かになっていることが挙げられます。簡単に言えば、思いつきでコンテンツを作ってしまい「既存コンテンツと関連性がなかった」ということです。


サイトの構造で解説した「ピラミッド」をしっかり意識して設計を行えば、孤立するコンテンツは出てこないはずなので見直してみましょう。

コンテンツSEOのためのコピーライティング

コンテンツSEOを成功させるための3つ目のポイントはコピーライティングです。


最も重要なことは読んで魅力的に思え読者がウェブサイトに留まりたいと思わせるような記事を書くことで、Googleにとっても魅力的なコンテンツでないといけません。

コピーライティングは独自性が重要

高品質なコピーライティングの条件は、オリジナル性が高いコンテンツを書くことです。なぜなら、すでにインターネット上には同じキーワードを狙って作成したコンテンツがたくさんあるからです。


なので、既存のもに勝つためには、他にはない情報を入れつつ独自性を出すことで差別化することができ、結果的にGoogleから高評価を得ることができます。

独自性は重要だがゼロから考える必要はない

独自性と言っても真新しいコンテンツをゼロから作成する必要はありません。もちろん、まったく新しいストーリーであれば、完全オリジナルになりますので高評価を受ける可能性はあります。


しかし、キーワードにはある程度の内容が決まっており、著しく内容が乖離してしまうと検索意図からズレてしまい検索結果に表示されなくなります。


難しいかもしれませんが、「キーワードに対する検索意図やニーズを把握しつつ独自性を出す」ということを意識してみましょう。

文章はとにかく読みやすくする

高品質のコンテンツを書くために重要なのが読みやすい記事を書くことです。


読みやすさは読者とGoogleにとって重要で、結局のところ読者が読むということはGoogleも読んでいますので、文章がうまく構成され明確に書かれていれば読者はあなたの文章を理解し、Googleもよりよく理解できるようになります。


そして、読者もGoogleも読みやすく分かりやすいコンテンツが好きなので、両者に好まれるコンテンツを作れば上位表示される可能性が高まります。

検索意図やニーズをしっかり考える

GoogleはBERT(Googleが誇る自然言語処理モデルでバートと読む)の登場で、サイト上にあるコンテンツをよりよく理解するようになりました。


もはや、キーワードがページ上に何回出現するかだけではダメで、キーワードの文脈(共起語やフレーズ、関連語、同義語など)も考慮され、さらにGoogleはユーザーのクエリをよりよく理解することができており、ユーザーの検索意図が何であるかを判断してます。


ユーザーが探しているのは商品なのか、それとも単なる情報なのか、どのページがその意図に最も適しているのか?といったように、Googleは日々賢くなっていますので、キーワードを選択して記事を書けばいいとはなりません。それ以上のことに焦点を当て付加価値を与える必要があります。

検索エンジンと読者のためにコンテンツを最適化する

高品質のコンテンツを書くためには、コンテンツが検索エンジンに最適化されていることを確認することです。検索エンジンに最適化されていれば読者の満足度も高まります。


方法は簡単です。


コンテンツを作成したあと放置するのではなく、日々チェックし改善していくことでコンテンツのクオリティは上がり、読者にとっても検索エンジンにとっても「素晴らしい」と思えるWebサイトが完成します。

コンテンツSEOのまとめ

コンテンツSEOは、SEOの中でも非常に大きな部分を占めています。Webサイトのコンテンツの書き方や構成など、あらゆる面を包括しており、コンテンツSEOはWebサイトを使って集客や収益を求めている人が必ず学ぶべき知識になります。


コンテンツが悪かったら誰も読んでくれませんし、GoogleもあなたのWebサイトのテキストを読み取り、読者と同じような目線で評価しています。


Googleのアルゴリズムは、あなたが公開している全てのコンテンツにもとづいてランキングを決定します。そして、コンテンツが王様であることは誰もが知っており、昨今は「コンテンツ・イズ・キング」と言われるぐらいコンテンツの質が重要と言われています。


なので、キーワードに焦点を当てつつ適切なコンテンツSEOに取り組みながらGoogleと読者に素晴らしいと思われるWebサイトを構築していきましょう。


大変な作業ですが長い目で見つつ適切な方法で取り組めばあなたのWebサイトは読者でいっぱいになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次