カテゴリー

【今のままは危険】30代フリーターはやばい?の疑問を解決

30代フリーターでやばいと感じる人
  • URLをコピーしました!

30代のフリーターが必ず悩む問題が「30代フリーターってやばい?」になりますが、結論としては30代フリーターでもやばくはありません。


しかし、目的もなくフリーターをしている30代は非常に危険な状態であり、この先路頭に迷う可能性が高くなりますので「30代でただのフリーター」の人は本記事の内容をチェックし、今の生活を見直してみてください。

目次

30代のフリーターはやばいのか?

一般的に30代は経験豊富で実績があり、安定した仕事に就いてることが普通ですし、フリーターとして働くのはリスクが伴います。


たとえばですが、収入が不安定であるため、経済的に危険な状況に陥る可能性があり、社会的地位や安定した生活が送れないことから、精神的なストレスも抱えることもあります。

35歳はフリーターではない?

「フリーター=アルバイト」と思っている人が大多数かもですが、Wikiによるとフリーターとは、「フリー・アルバイター」の略称であり。年齢15歳から34歳の若者(学生は含まれない)のうち正社員・正職員以外の就労雇用形態(契約社員・契約職員・派遣社員(登録型派遣)・アルバイト・パートタイマーなどの非正規雇用)で生計を立てている人を指す。

15~34歳の若年者(学生と主婦を除く)であり、パート・アルバイト(派遣等を含む)として雇用されている人働く意志のある無職の人(失業者および就業可能非求職者)

内閣府

15~34歳の卒業者(女性については未婚者のみ)であり、勤め先における呼称が「アルバイト、パート」である雇用者無業者のうち、家事も通学もしておらず、「アルバイト、パート」の仕事を希望する者(失業者)

厚生労働省

上記のとおり、各所でも若干内容が違い定義も曖昧なままです。とはいえですが、年齢とか関係なく「フリーター=アルバイト」という認識ですよね。

30代のフリーターはどれぐらいいるのか?

30代でフリーターの人のなかには「30代のフリーターはどれぐらいいるのか?」が気になる人もいると思います。厚生労働省平成27年国民生活基礎調査によると、非正規として働く30代男女の割合は、以下となっています。

年齢男性女性
30〜34歳10.3%27.7%
35〜39歳8.2%32.5%
引用:厚生労働省 平成27年度 国民生活基礎調査

上記のとおりですが、30代でフリーターというのはかなり少数になります。女性に関しては育児などの理由からあえてフリーターを選ぶ人が多いので数字が大きくなっていますので、たくさんいるからと安心しないでください。

就職率は年齢とともに下がる

下記は独立行政法人労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状」による年齢別にフリーターから正社員に移行できた割合です。

年齢男女系男性女性
20〜24歳32.7%38.4%32.7%
25〜29歳25.5%40.1%25.5%
30〜34歳18.1%34.3%18.1%
35〜39歳15.5%29.8%15.5%
40〜44歳15.6%27.1%15.6%

見てのとおりですが、年齢とともに下がります。数字だけで見るなら34歳までに就職しないと厳しい現実になる可能性が高くなります。

目的があってフリーターなら問題なし

たとえばですが、「資格を取得する」などのように、目的が明確に決まっている人は何も問題ありません。時間効率を考えるとフリーターでいるほうがいい場合があるのでそのままでOKでが、目的もなくただフリーターをしている人はかなり危険です。

目的がない30代フリーターは危険

  • 仕事を選べなくなり行き先がなくなる
  • スキルは上がらないのに年齢だけ重ねてしまう
  • 物事のやる気がどんどんなくなる
  • 結婚が難しくなる(恋人もできない)

就職しにくくなるのはもちろんですが、上記のようにプライベートにも影響してきます。

女性ならワンチャン逃げ切れるかも

お察しのとおり女性は結婚相手を見つけることができればフリーターでいることの悩みから解放されるかもしれません。


「正社員の女性」と「フリーターの女性」では、正社員の女性の方が結婚はしやすいですが、男性は結婚相手に職種を求める人は少ないので、結婚すればなんとかなる可能性はあります。

危機感がある人は一刻も早く正社員になろう

30代で、かつ目的もないフリーターならば一刻も早く就職することをおすすめします。今ならまだ安定した給料や福利厚生を得ることができ安心した生活を送れます。


また、正社員になることで将来的なキャリアアップや昇進のチャンスも広がりますので、危機感がある人はできる限り早く正社員になることをおすすめします。

35歳を超えると厳しい

下記は先ほど紹介したフリーターから正社員に移行できた割合です。

年齢男女系男性女性
20〜24歳32.7%38.4%32.7%
25〜29歳25.5%40.1%25.5%
30〜34歳18.1%34.3%18.1%
35〜39歳15.5%29.8%15.5%
40〜44歳15.6%27.1%15.6%

30代は前半なら、企業としても経験や実績がまだ浅い段階であるため、20代と比べると不利にはなりますが、企業側としても採用する傾向が強いです。


しかし、35歳になってしまうと経験やスキルがあって当たり前なのでフリーターが長い人は相当不利になります。もちろん、選ばなければこの限りではありませんが同時にブラック率は上がります。


やはり、何事も若い人が優先されるのは致し方ないことですので1歳でも若いうちに行動することが30代フリーターが就職するコツでもあります。

30代フリーターの就活方法

30代フリーターの就活では兎にも角にも就職支援サービスを徹底的に活用することをおすすめします。というのも今のまま就活を始めても「いいのがない」で終わる可能性が高いですし、求人情報誌のみの活動では情報不足になりがちです。

30代フリーターが押さえたい就職支援サービス5選

  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • わかものハローワーク
  • ジョブカフェ
  • 就職氷河期世代専門窓口

これらのサービスを利用すれば30代のフリーターでもかなりの求人候補を確保できます。詳しくは»フリーター向けおすすめ就職支援サービス5選から利用すべき理由の解説で解説していますので必ずチェックしてください。

スキルや資格を習得する人は最短で達成できる方法で行う

これから就職先を探していくと「スキルを習得して新しい分野に行きたい」「資格を先に取得して面接に挑みたい」などの考えが出る人はいると思います。


これらの方法は就職が有利になるのでおすすめではありますが、就職するときの年齢が1歳でも若いほうが有利なので最短で達成できる方法で学習しましょう。


たとえばですが、「スキルならスクールに通う」「資格なら独学はしない」といった感じでお金で解決できる問題はサクっと払ってしまいましょう。


繰り返しですが、有利な時間は限られていること忘れないようにしてください。

正社員は諦めて個人で稼ぐことに振り切るのもあり

今の時代、個人で稼ぐことができるので「正社員になる勇気が持てない」という人はフリーランスになる道もあります。

気持ちがどうしても持てない30代フリーターは多い

  • いまさら正社員になる気になれない
  • 年下が上司になることに抵抗がある
  • ブラック企業しか行き先がない
  • フリーターの期間が長すぎて自信がない

30代でフリーターの人は上記のような気持ちになっている人は多いと思います。


ぶっちゃけ、心が折れている人が正社員を目指すのは難しい問題であり、「フリーターから正社員になる→うまくいかない→無職になる」というルートになる可能性も考えれます。


また、「大卒+資格持ち+大手の企業に在籍していた過去がある」という人ならわりと簡単に就職できると思いますが、「学歴もない+資格もない+職歴もない」というフリーターの人は相当頑張らないと就職は難しい問題です。

フリーランスなら過去は関係ない

これまでフリーターの経験しかない人にとってフリーランスは未知の世界だと思いますが、思っている以上に「実力があればOK」の世界なので、先述の「学歴・職歴・資格」も一切必要なく年齢も関係ありません。


つまり、誰でも参入でき誰でも稼ぐチャンスがある分野になります。


就職活動では絶対にあり得ない世界ですね。

フリーターは個人で稼ぎやすい

朗報ですが、フリーターは個人で稼ぎやすい傾向にあります。


個人で稼ぐにはスキルが必須になるので学習する時間が必要になりますが、フリーターの人は時間に余裕があるので1日の大半を作業に使うことができます。


時間を多く使えれば学習スピードが早いので、それだけ稼ぐスピードも早くなります。


また、フリーランスは「数をこなせば収入が上がる」という特徴があるので、ここでもフリーターの人は効果的に活動することができ、多くの時間を作業に投入できるフリーターは稼ぎやすいということです。

選択肢を多く持つことは大事

「30代でフリーターはやばいな……」と感じている人は3つの選択肢があることを覚えておいてください。

  • 正社員になる
  • フリーランスとして活動する
  • フリーターのまま過ごす

どの選択をしてもあなたの人生なので不正解はありませんが、後悔する可能性が高いのは「フリーターのまま過ごす人」というのは間違いありません。

選択肢が多いと不安が減る

たとえばですが、フリーターを続けながらフリーランスとして活動すれば2つの収入源を得ることができまので、「アルバイトのシフトが削られた」といったことが起きても、フリーランスの収入があるので生活を維持することができます。


また、アルバイトがやばくなると「フリーランスでもっと頑張らないとやばい」という危機感を持つことが結果的に収入を大きく上げるキッカケにもなります。


どうしてもフリーターの悩みとして「お金の問題」は切り離せないですが、収入源が多くなればまったく問題ありません。

「自分は大丈夫」の考えは危険

昨今はコロナウイルスがさまざまな仕事に影響を与え、単に「売上や利益が減った」というだけではなく、「本当に会社の利益になる人材を確保しないといけない」ということでもあります。


たとえばですが、飲食店で例を出すと「これまではアルバイトを10人雇っていた」という企業でも「アルバイトを5人して優秀な社員を1人増やす」などの対策に出ている企業が増えています。


つまり、「雇いやすく切り捨てやすいフリーターはいつどうなるか分からない存在」ということは認識しておいてください。

まとめ:少しでも危機感がある人は行動しよう

今回は「30代のフリーターはやばいのか?」について解説してきました。
繰り返しですが、目的がある30代フリーターならやばいということはありません。


しかし、目的もなく単に「フリーターです」という30代の人は危機感を持ったほうがいいでしょう。


また、今の時代はさまざまな働き方があるので正社員だけではなく、フリーランスとして活動することも視野に入れてみてください。


多くの選択肢を持つことに一切のデメリットはありません。


なお、「分かってはいるけど行動に移せない」という人も多いと思いますので、こちら»行動に移せない人の特徴は「考えすぎ」逆張りの発想で考え方を変えようもチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次