【今のままは危険】30代フリーターはやばい?の疑問を解決

30代フリーターでやばいと感じる人
  • URLをコピーしました!

30代のフリーターが必ず悩む問題が「30代フリーターってやばい?」になりますが、結論としては30代フリーターでもやばくはありません。


しかし、「目的もなくフリーターをしている30代」は非常に危険な状態であり、この先路頭に迷う可能性が高くなりますので「30代でただのフリーター」の人は本記事の内容をチェックし、今の生活を見直してみてください。

目次

30代のフリーターはやばいのか?

繰り返しですが、30代フリーターはけしてやばくはありません。
問題は「目的もなくフリーターをしている30代」になります。

目的がないフリーターはやばい

たとえばですが、「資格を取得する」「転職の準備期間」などのように、目的が明確に決まっている人は何も問題ありません。
時間効率を考えるとフリーターでいるほうがいい場合があるのでそのままでOKです。


 目的がない30代フリーターは危険

  • 仕事を選べなくなり、行き先がなくなる
  • スキルは上がらないのに年齢だけ重ねてしまう
  • 物事のやる気がどんどんなくなる
  • 結婚が難しくなる(恋人もできない)

目的もなくフリーターで過ごしてる30代の多くが上記のようになります。


たぶんですが、まだまだ実感がない人が多いと思います。しかし、着実とその予兆が来ていることは認識しておいてください。


ちなみにですが、最終的に「人生こんなもんか」と諦めてしまう可能性もあります。

女性ならワンチャン逃げ切れるかも

お察しのとおり女性は結婚相手を見つけることができればフリーターでいることの悩みから解放されるかもしれません。


「正社員の女性」と「フリーターの女性」では、正社員の女性の方が結婚はしやすいですが、男性は結婚相手に職種を求める人は少ないので、結婚すればなんとかなる可能性はあります。

危機感がある人は一刻も早く正社員になろう

30代のフリーターで少しでも「やばい」と思う人は一刻も早く就職することをおすすめします。

就職したい人は34歳までに決めないと厳しい現実が待っている

  • 15〜19歳:29.9%
  • 20〜24歳:32.7%
  • 25〜29歳:25.5%
  • 30〜34歳:18.1%

上記は独立行政法人労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③」による、フリーターから正社員に就職した人の割合です。


ご覧のとおり、30代前半の時点でフリーターから正社員になれている人の割合は5人に1人以下になりますので、30代後半だとさらに厳しいことになるのは明白です。

なお、フリーターの定義は
①:年齢は15〜34歳
②:現在就業している者については勤め先における呼称が「アルバイト」又は「パート」である雇用者で、男性については継続就業年数が1~5年未満の者、女性については未婚で仕事を主にしている者
③:在無業の者については家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者
参照元:総務省統計局


35歳を超えると就職が難しくなる理由

35歳を境に一気に転職が難しくなるのは以下の理由があるかです。

  • 企業は若い人材を求める
  • 部下が年下だと気を遣うため
  • 希望年収とスキルが釣り合わない
  • 若者と比べたときにメリットがない

もちろん、職種を選ばなければこの限りではありませんが、同時にブラック率は上がります。


やはり、何事も若い人が優先されるのは致し方ないことですので、1歳でも若いうちに行動することが30代フリーターが就職するコツでもあります。

正社員は諦めて個人で稼ぐことに振り切るのもあり

今の時代、個人で稼ぐことができるので「正社員になる勇気が持てない」という人はフリーランスになる道もあります。

気持ちがどうしても持てない30代フリーターは多い

  • いまさら正社員になる気になれない
  • 年下が上司になることに抵抗がある
  • ブラック企業しか行き先がない
  • フリーターの期間が長すぎて自信がない

30代でフリーターの人は上記のような気持ちになっている人は多いと思います。


ぶっちゃけ、心が折れている人が正社員を目指すのは難しい問題であり、「フリーターから正社員になる→うまくいかない→無職になる」というルートになる可能性も考えれます。


また、「大卒+資格持ち+大手の企業に在籍していた過去がある」という人ならわりと簡単に就職できると思いますが、「学歴もない+資格もない+職歴もない」というフリーターの人は相当頑張らないと就職は難しい問題です。

フリーランスなら過去は関係ない

これまでフリーターの経験しかない人にとってフリーランスは未知の世界だと思いますが、思っている以上に「実力があればOK」の世界なので、先述の「学歴・職歴・資格」も一切必要なく年齢も関係ありません。


つまり、誰でも参入でき誰でも稼ぐチャンスがある分野になります。


就職活動では絶対にあり得ない世界ですね。

フリーターの人は個人で稼ぎやすい

朗報ですが、フリーターの人は個人で稼ぎやすい傾向にあります。


個人で稼ぐにはスキルが必須になるので学習する時間が必要になりますが、フリーターの人は時間に余裕があるので1日の大半を作業に使うことができます。


時間を多く使えれば学習スピードが早いので、それだけ稼ぐスピードも早くなります。


また、フリーランスは「数をこなせば収入が上がる」という特徴があるので、ここでもフリーターの人は効果的に活動することができ、多くの時間を作業に投入できるフリーターは稼ぎやすいということです。

選択肢を多く持つことは大事

「30代でフリーターはやばいな……」と感じている人は3つの選択肢があることを覚えておいてください。

  • 正社員になる
  • フリーランスとして活動する
  • フリーターのまま過ごす

どの選択をしてもあなたの人生なので不正解はありませんが、後悔する可能性が高いのは「フリーターのまま過ごす人」というのは間違いありません。

選択肢が多いと不安が減る

たとえばですが、フリーターを続けながらフリーランスとして活動すれば2つの収入源を得ることができまので、「アルバイトのシフトが削られた」といったことが起きても、フリーランスの収入があるので生活を維持することができます。


また、アルバイトがやばくなると「フリーランスでもっと頑張らないとやばい」という危機感を持つことが結果的に収入を大きく上げるキッカケにもなります。


どうしてもフリーターの悩みとして「お金の問題」は切り離せないですが、収入源が多くなればまったく問題ありません。
»参考:【3つのルートあり】フリーター向けに今後の生き方を解説

「自分は大丈夫」の考えは危険

昨今はコロナウイルスがさまざまな仕事に影響を与え、単に「売上や利益が減った」というだけではなく、「本当に会社の利益になる人材を確保しないといけない」ということでもあります。


たとえばですが、飲食店で例を出すと「これまではアルバイトを10人雇っていた」という企業でも「アルバイトを5人して優秀な社員を1人増やす」などの対策に出ている企業が増えています。


つまり、「雇いやすく切り捨てやすいフリーターはいつどうなるか分からない存在」ということは認識しておいてください。

まとめ:少しでも危機感がある人は行動しよう

今回は「30代のフリーターはやばいのか?」について解説してきました。
繰り返しですが、目的がある30代フリーターならやばいということはありません。


しかし、目的もなく単に「フリーターです」という30代の人は危機感を持ったほうがいいでしょう。


また、今の時代はさまざまな働き方があるので正社員だけではなく、フリーランスとして活動することも視野に入れてみてください。


多くの選択肢を持つことに一切のデメリットはありません。


なお、「分かってはいるけど行動に移せない」という人も多いと思いますので、こちら»行動に移せない人の特徴は「考えすぎ」逆張りの発想で考え方を変えようもチェックしてみてください。

\ランキング参加中/
ポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

フリーター・ニート・新卒・代二新卒に特化した転職エージェントのまとめ

既卒・代二新卒・フリーター・ニートにおすすめの転職エージェント13選

転職エージェントは、転職を検討している方に対して仕事の条件や希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介。

「学歴がない……」「職歴もない……」などの悩みを抱え、正社員になることを諦めている人は相談してみる価値あり!

転職エージェントは完全無料なので「正社員になりたい!」という思いがあれば誰でも利用可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる